605話(2007年11月3日 ON AIR)

「襟裳岬の大阪弁」

作・ごまのはえ
荒波の音。ウミネコの声とかしてる。
ゴミって漢字でどうかくか知ってる。
は?
ゴミ。漢字で。
(遠くを指差し)あの人、自殺かな。
え?
あそこ、一人で歩いてる人。
そう見えるだけやろ。
…私らどんな風にみえてるんやろ。
美しいを護るって書くねんて。
どんな字?
だから護衛の護に美しい。で、護美。昔働いてたコンビニのさ、ゴミ箱に書いてあった。
へー。
うっとうしいよな。
何が?
うっとうしいよ。そういう心がけを漢字で表しやがって。
全然うっとうしくないよ。いいことやんか。
ごめんうっとうしいわ。
やろ。
私思いっきり人を好きになりたいねん。疲れとかお金とかそういう日常から全然はなれて、人生とかどうなってもいいねん。ほとんど冒険やねん。好きな人のために全部捧げたいねん。そういう気持がずっとあるねん。
知ってるよ。
その好きな人があんたやったらいいなーって思ってる。
…。
でも「将来に対するぼんやりした不安」って言うんかな、何やろ、きっと私の個人的なことやとおもうんやけど。
わかってる。そんなに考えることないよ。
ありがとう。なんやろ、こんな寂しいとこに来たからかな。なんか悲観的になってる。ちょっと太宰治みたい。
太宰は津軽やで、青森。
あ、そうか。
ちなみに「将来に対するぼんやりした不安」っていうのは芥川龍之介な。
へー。
 やっぱり、あんたうっとうしいわ。
…。そうか…。
おわり