627話(2008年4月5日 ON AIR)
「 おかんの台所 」

作 /大正まろん

息子

ちょう、なにしてん。

おかん

ん・・・。

息子

いっこも片付け進んでへんやんけ。

おかん

これなぁ・・・。

息子

なにそれ。

おかん

爪楊枝入れかな。

息子

それ・・・。

おかん

あんたが、小学校の時学校で作ったって、

息子

そんなもんまだ置いとったんか。

おかん

今、出てきてん。

息子

もう捨て捨て。

おかん

え。

息子

使ってへんのやろ。

おかん

でも・・・。

息子

いらんいらん。

おかん

・・・。

息子

このスーパーの袋かて、こんなようけいらんやろ。

おかん

色々便利やねん。

息子

一日一枚使こても一生分あるわ。

おかん

そんなに無いわ。

息子

捨て。

おかん

これから石油が高こなって、袋が不足する時代がくるかもしれんのやで。

息子

そうなったら、そうなった時に考えたらエエがな。

おかん

「あん時捨てんかったらよかった」て、悔しがってももう遅いんやで。

息子

捨てなさい、て。

おかん

こっちはエエから、その箱にガムテープして玄関に運んで。

息子

・・・なんやこの軽い箱。

おかん

見んでエエって。

息子

タッパ。・・・え、この箱ぜんぶタッパ入ってんの。

おかん

せや。

息子

どないすんの、こんなタッパばっかり。

おかん

要るの。ご近所さんにイカナゴあげたり、アンタんトコにかて、おかずとかほうれん草ゆがいたんとか送らなアカンし。

息子

新しい家、ここより狭いんやろ。

おかん

わかってるて。

息子

全然わかってへんやん。

おかん

せやかて、要るもんは要るし。

息子

要らんもんばっかしやん。

おかん

あんたは、なーんでも割り切るんが早いからなぁ。

息子

なんよ。

おかん

マユミちゃん、ほんわりしたエエ子やったのに・・・。

息子

まだ言うか。

おかん

あんな子が、あんたのお嫁さんになってくれたら、私も一安心やったのに。

息子

しゃあないやろ。

おかん

しゃあない。・・・私もしゃあないんや。

息子

ん。

おかん

わかってるよ、ゴタゴタして、いらん物ようけあって。これからはスッキリサッパリ生きてみたいよ。

息子

そない言うたやろ、せやから手伝ってんのに。

おかん

でもな、ここでウチは家族みんなを支えてきたんや。健康で、平穏に、て。

息子

・・・。

おかん

言うたら、この台所はウチの身体の一部みたいなもんなんや。

息子

ん。

おかん

ちょっと、あんたどこ行くん。

息子

コレ、玄関に持ってくんやろ。

   
 

息子、ダンボールを抱え、台所から出て行く。

   
おかん

もう、一人で大きなったような顔して・・・。

息子

思ってへんよ。感謝してるよ。

おかん

へへっ。

息子

でもな。

おかん

え。

息子

ちょっと贅肉つきすぎやで。

   
おわり
閉じる