63話(1997年6月13日 ON AIR)

「梅雨のあとさき」

作・松田 正隆
登場人物

運転手
―深夜。駅前のタクシー乗り場。
ドアが開き、一台の車に乗り込む女の客。
ドアが閉まる。
運転手
「どちらまで」
「……とりあえずまっすぐ行って下さい。」
運転手
「……はい。」

―発進するタクシー。…走行音。
運転手
「…雨、やんだみたいですよ…。」
「ああ…。」
「汽車、来ましたよ」
運転手
「…梅雨明けは、まだみたいやけど…。」
「そうですか。」
運転手
「…えっと…次の信号は…どうします?」
「…まっすぐで、かまいません…。」
運転手
「はい。」

―走行音。
運転手
「梅田か、どっかで…飲んで来はったんですか?」
「いえ…」
運転手
「…今の終電で、帰って来はったんやないんですか?」
「違います…。」
運転手
「…そうですか…」
―走行音。
運転手
「…あの…橋はどうします?渡りますか?」
「ええ…」
運転手
「はい…」
「渡って…すぐの道を左へまがってください。」
運転手
「はい。」

―橋を渡り、車は方向指示機をだしつつ、左へまがる。走行音。
「駅には……彼を見送りに行ってたんです。
…一年前から転勤で東京に行ってるもんやから…。
昨日、今日と、休みでこっちにかえって来てたんやけど…。」
運転手
「…そうですか…。」
「……」
運転手
「じゃ、次の休みまで会えないんですね。」
「……」
運転手
「淋しいでしょう…」
「河にそって、まっすぐ走ってください…。」
運転手
「あ…はい…。」
「…まっすぐ…上流の方へ…」
運転手
「…はあ…」

―走行音。
運転手
「…あの…。ここから先は…あんまり家もないとこなんですけ どね…」
「いいから…まっすぐ行ってください」
運転手
「…はあ…」

―走行音はつづく。
運転手
「…ラジオでもつけましょか…」
「いえ…いいです。」
運転手
「そうですか…」

―しばらく走行音。
「…彼…東京に女がいるみたいなんです…。」
運転手
「え?…ああ…。…女…」
「わかるんです…私…」
運転手
「…」
「…彼の顔見てたら…。…もう、私には気がないってことが…。 …でも、知らないふりしてやるんです…。そんなこと…全く気づいてないふりを…。」
運転手
「考えすぎやないですか?」
「…違います…」
運転手
「すいません…」
「わかります…私には…」
運転手
「そうです…よね…。すいません。」

―しばらく走行したら、ブレーキ。車は止まる。…。
運転手
「…あの…もうこれ以上無理なんですけど…行きどまりで…」
「…ライト…消してください…」
運転手
「はい?」
「消して下さい…ライト…。」
運転手
「はい」(と、消す)

―虫の音が聞こえる。
「…運転手さん…。」
運転手
「…はい…。」
「泣いてもいいですか?」
運転手
「あ…どうぞ…」

―女のすすり泣きが聞こえてくる。運転手、仕方なく…。
 すこし、タメイキをついてしまう…。と…
運転手
「あ、…蛍や…。」
「…。」
運転手
「…蛍がいますよ…」
「…。」
運転手
「ほら…あそことそこに…。三匹いる。」

―しばらくして、また、女のすすり泣きが聞こえてくる。
 無数の蛍が車のまわりで飛んでいた。