644話(2008年8月2日 ON AIR)
「 油絵の具で描かれた童話 」

作 /山内直哉

 

物語が始まる

   

僕の目の前にキャンバスがある。油絵を描く白い画材だ

私の目の前に彼がいる。油絵を描く白い男だ

   

僕は毎日油絵を描いていた

私は毎日彼を見ていた

   

ある日彼女がこんなことを言い出した

ねえ、私と油絵どっちが大切なの?

僕はどっちも大切だよと答えた

   

彼は緑と黄色で草原を描いた

彼女は黒と白で牛を描いた

   
 

牛の鳴き声が聴こえてくる

   

彼は丘の上に教会を描いた

彼女は丘の麓に教会を描いた。何で2つあるんだよ

ガソリン代のこと考えてる?

   
 

2つの教会の鐘が鳴る

   

ログハウスの横には大きな車。いくらすると思ってんの?

庭には222羽ニワトリがいる。うちは養鶏所か?

   
 

ニワトリの鳴き声がする

   

彼は赤白黄色でチューリップを描いた

彼女は画溶液でそれを消した

それを消した勢いで他のすべても消した

   
 

全部の音が消える

   

ねえ、私と油絵どっちが大切なの?

彼女はいつもそう言いたそうだった

   

彼は私に夢を語った

朝、ログハウスのテラスで、絞りたての牛乳と生みたての卵で朝食を取る。教会の鐘を聴きながら、平和だなあって、くだらないこと言って笑いあう。午後はドライブに出かけ、草原に走る一本道を、今にも離陸しそうな勢いで海まで走る。そして、空は…空は…

   

広い空は真っ白なまま、彼は創作を中断した

絵の具がなくなったのだ

   

ねえ、いつ完成するの?

もうちょっと待ってくれ

   

未完成の絵はどんどん乾いていく

それでも僕は、絵を飾り続けた

   
 

料理をする音

   

朝、ログハウスで卵焼きを作る。ふと、窓の外を見ると、空がない…

午後、卵焼きを持って、海に行く。しかし、目の前に広がる2分の1は、真っ白で…ふと、横を見ると、彼女も消えかかっていた

   
 

料理をする音が消えて行く
カーテンを開ける音

   

彼は部屋のカーテンを開けた。ああ、夕陽が綺麗…

彼女は窓を開けた。ああ、風が冷たい…

   

私は外に出る前にもう一度、彼の絵を見た。すると、そこには…

なんと…

   
男女

完成された絵があった

   

真っ白だった空が、真っ赤な夕焼け色に染まっている!

真っ白になった彼女が、真っ赤な夕焼け色に染まっている!

   

私たちは、絵の具がなくても綺麗な絵が描けることを知った

僕たちは、笑顔と涙で幸せ色を作り、キャンバスの裏に名前を書いた

   

そして、私たちは今…

ログハウスのテラスで朝食を食べている

   
 

草原の牛と222羽のニワトリたちが鳴いている
丘の上と麓の2つの教会の鐘が鳴っている

   

平和で幸せね

え? 何て?

平和で!

何? 平和? 聴こえない!

平和でえ!!幸せね!

え、平和のあと、何て!

し!あ!わ!

ちょっと、牛、黙れ!!

   
 

笑いあう男女

閉じる