65話(1997年6月27日 ON AIR)

「いもうと」

作・桐口 ゆずる
健吾のワンルーム。 深夜。
ビールを呑みながら、なんとなくテレビを見ている健吾。 チャイムが鳴る。
健吾
誰やろ?
ドアを開けると、妹の元子が立っている。
健吾
どないしてん?
元子
健吾
まあ、入れや。
ふたりして、座卓の前に座った。
健吾
ビールでも呑むか?
元子
…うん。
健吾、ビールを出してやる。
健吾
そら。
元子
ありがとう。
健吾
そや、金、返すわ。ボーナス入ったから。
健吾、財布からお金を出して数える。
元子
お兄ちゃん、泊まってもいい?
健吾
ええけど…どないしてん?
元子
ウチに帰りたないから。
健吾
オカンと喧嘩でもしたんか?
元子、プルリングを開け、ゴクゴクとビールを呑む。
元子
ああ、美味し。
健吾、テレビを消す。
健吾
今日のオマエ、変やな。
元子
(立ち上がって)お兄ちゃん、あっち向いてて。
健吾
なに?
元子
シャワー浴びるから。
健吾
ああ。
元子、服を脱ぐ。健吾、背中を向けている。
元子
お兄ちゃん。
健吾
うん?
元子
アタシ、女として魅力ない?
健吾
…急に、なんや?
元子
やっぱり、いいわ。
元子、ユニットバスに入る。シャワーの流れる音。
健吾
シャワーの流れる音に隠れて、元子は嗚咽していた。
オレはぼんやりテレビを見ながら、困っていた。きっと元子はけろっとした顔で出てくるのだろう。知らぬふりを決め込むか、じっくり話を聞いてやるか。やっぱり、オレは頼りにならない兄キだった。

回想。音楽。
元子
お兄ちゃん、元気だしって。他にもいっぱい女の子いるやんか。お兄ちゃんの魅力が分かる娘(娘)は他におるって。お兄ちゃんのこと分かれへん娘のこと、いつまでも追っ掛けててもしゃあないやん。

健吾がコーヒーカップを投げた。砕けるカップ。
健吾
オマエにオレの気持ちが分かるか!
元子
…アホ!

音楽とクロスして、野菜を刻む包丁とまな板の音。ガスをつけ、フライパンで油がはじける。健吾がチャーハンを作っている。
元子がユニットバスから出てくる。
元子
ああ、さっぱりした。
健吾
喰うか?
元子
チャーハン?
健吾
オレが作れんのは、これだけやろ。
元子
早よ、ヨメサンもらわなあかんな。後がつかえてますよ。
健吾
ほっとけ。

健吾が座卓にチャーハンを並べた。
元子
いただきま?す。
健吾
ソース。
元子
うん。

ふたり、食べながら
健吾
オレ、元子みたいな娘、捜すわ。
元子
アテあるん?
健吾
ないこともない。
元子
お、隅におけにあね、兄キも。
健吾
ほっとけ。
元子
好み変わったん?
健吾
学習の成果や。
元子
そやけどお兄ちゃん、自分のこと棚に上げて、面食いやからな。
健吾
一言多い。
元子
ほんまにアテあるん?
健吾
ま、あたってみな、分からんけどな。
元子
そういうの、アテって言わへんのんちゃうん。
健吾
オマエの方はどうやねん?
元子
(立ち上がって)ビール、もう一本もらうよ。
健吾
ああ。オレも取ってくれ。

元子、ビールを冷蔵庫から出してきて。
健吾
(受け取って)サンキュー。
元子
(ビールをひと口呑んで)アタシもお兄ちゃんみたいな男捜すわ。
健吾
お、オマエもやっと大人になってきたな。
元子
やっぱり長く付き合うんやったら、スルメみたいな男(ひと)がいいわ。
健吾
なんや、それ。
元子
噛めば噛むほど味がある。
健吾
オレはスルメか。
元子
じゃあ、アタシは?
健吾
そうやな…谷間のユリや。
元子
なに、それ?
健吾
人知れず美しい。
元子
(吹き出して、げらげら笑う)真面目な顔して、慣れへんこと言わんといて。わらける。
健吾
失礼な奴やな。
元子
あ、顔あかなってる。
健吾
ビール呑んでるやろ。
元子
あ!
健吾
うん?
元子
ちょうどいて!ちょっと!
健吾
なんや?
元子
すけべ!アタシが服脱いでた時、背中向けてる思ったら、そこの鏡で見てたやろ。ウワァ、最低な奴!
健吾
見てへんて。誤解や、それは。
元子
ウワァ!ちょっと、離れて。早よ、離れて!危険やわ。アタシ、やっぱりウチにかえろうかな。
健吾
オマエ、ちょっと言うてええことと悪いことがあるんちゃうか。
元子
妹の裸見て欲情する男が、もっともらしいこと言わんといて。
健吾
…たまらんわ、コイツ!
元子
どっちが、たまらんのよ!

音楽。
健吾
その晩は、結局、一つしかないベッドを取り上げられて、オレは床に座布団を敷いて丸くなった。ビールを呑みすぎたせいもあったけど、なんだか、やけにほっとして眠れた。