661話(2008年11月29日 ON AIR)
「 ヒールが短いワケ 」

作 /樋口美友喜

ゲスト出演・坂口ゆい(劇団SE・TSU・NA)

あれ?なんで?ねぇ、なんでアイちゃんのヒール、片っぽだけ短いの?

 

私は玄関にしゃがみこんでハイヒールの裏っかわを眺める
台所からは、トントントン
いい匂いまでしてる

アイ

えー?なんてぇー?

アイちゃんのハイヒール、全部右のヒールが短いの、なんで?

アイ

やっだ、そんなことも知らないのアンタ。ご飯出来たわよ。

はぁい。

アイ

常識でしょうが。お箸とって。

歩きにくいじゃん。いただきます。

アイ

モンローよ。

おいしぃ!アイちゃん天才だね。

アイ

一人暮らしのくせに料理も出来ない女って最低よ。

何がモンロー?

アイ

だから、そんなことも知らないの?モンローウォークよ。

なにそれ。

アイ

セクシーの代表でしょ?モンロー。お尻ぷりぷりさせて歩くのよ。

あれ笑えるよね。

アイ

あ、それアタシのから揚げまでとらないで!

だっておいしいんだもん。

アイ

アンタ食ってばっかだから太るのよ!ちょっとはセクシー勉強しなさいよ。ヒール片っとだけ切って歩くと、自然とお尻ふって歩くようになるの。モンローはあれだけ美しくてもね、キレイを怠けてなかったのよ。研究してたのよ。だから寝る時だって、裸で身にまとうのは香水だったのよ。アンタね、三枚千円の下着なんてやめなさい。それはランジェリーとは呼べないわよ。化粧品を一年も二年も同じやつ使うのやめなさい。三ヶ月で使いきるものなのよ。安い服着たっていいけど、工夫しないさいよ。いい?ダイヤはね、磨かなきゃ石ころなの。分かった?

からあげもう一個ちょうだい。

アイ

ダメだわ。男がいないせいね。

いいの、いいの。私、

アイ

イヤ!私なんかどうせとか言ったら殺すわよ

私、今のままでじゅーぶんだもん。

アイ

鏡見なさいよ!それほど悪くないけど、良くもないわよ。

仕事終わって、アイちゃんが作ってくれたご飯食べてお風呂入って、おしゃべりしながら眠るのが、今のイチバンの幸せなんだから。いいじゃない。

アイ

いないの?好きな男の1人や二人や三人や四人や五人くらい。

多くない?

アイ

生まれつきの美人なんて一握りなの。みんな努力して美人になってるの。アンタ努力のカケラもないじゃないの。五人くらい男を追いかけてりゃ、何かしらの努力するでしょ?

いないわけじゃないんだからね。

アイ

あら。

だって、無理だもん。

アイ

なんではじめから諦めるの?いい?勝ちに行くのが恋なの。

だって、私より仕事の稼ぎはいいし。

アイ

めちゃくちゃいいじゃない。

私より人間出来てるし。

アイ

なおいいじゃない。

私より掃除も洗濯も料理もうまいんだよ。

アイ

申し分ないじゃない。

私よりすごいキレイなんだよ。

アイ

美形!?美形なの!?

すっごく仲のいい友達だし。

アイ

押し倒しておしまいなさい。

アイちゃん。

アイ

何?

…からあげ、おいしいね。

アイ

…ねぇ…

 

私はいつのまにか、ご飯をほおばりながら泣いてしまっている

アイ

なんで泣いてるの?

…なんでもない。なんでもないから。

アイ

やだ、ちょっと、どうしたの?

 

私は泣き止むことが出来ずに

アイ

もう、どうしたのよ。おいで、ハグしてあげるから。

 

私とアイちゃんは、友達

   
おしまい
閉じる