668話(2009年1月17日 ON AIR)

「しゅうちゃく」

作・稲田真理(伏兵コード)
ワカメラーメンにお湯を入れ、待っている所だった。
バタン。
「早かったね。」
玄関から上がって来ない。子犬の様な目をして佇んでいる。
「どうしたの?」
「ごめん。」
「何が?」
「ごめん。」
「ごめんだけじゃ、ちっとも理解できないよ。」
「好きな人ができた。…これ以上、嘘つくのが辛かったから…。」
「…思いやりあるっぽい言い方をするな!」
なぜか靴はスムーズに履けた。
「どこ行くの!」
バタン。
階段をスムーズに走り降りる。
「どこ行くのよ!」
好きな人ができたと言われたのは、2度目なのだ。
「死ぬ!」
「ちょっと待ってよ!ちょっと待て!」
「待てるか!」
全力で落ち着かせ様とする愛の手を、全力で振払う。
「人間ときには間違うよねって許したのに、都合よすぎるだろ!
連れて来い!連れて来て、愛と二人で精一杯、土下座しろ!」
「タカシは来ないよ…。」
「タカシ!この状況で、名前で呼ぶか?…きやぁー!」
何もかも、終わった。
「ありか無しかだったら、無しだろ…。」
早歩きしながら考える。
「どっちにする?どっちにする?」
右に行けば、駅改札。左に行けば、川だ。
「改札…。」
電車への飛び込みだと、「やめとけば良かった!」と思っても間に合わない。
「左だ…。」
川岸に近付き、小さい湾になった所から、入水を始める。
「やっちゃうのか…。」
チャプ。
思った通り冷たいが、一歩入ってしまえばこっちのものだ。
「痛!」
水中で、足に何かがバンバン当たる。死を決心しても、水中の何者かが恐い。
「なに!」
…何かがついて来た。まさかの、ヌートリアがついて来た。
「と、友達気分?」
死ぬ直前、ヌートリアと友達になれるなんて、奇跡だ。橋の上には、帰宅を急ぐ人達。
「どう見えるんだろう…。」
数歩行けば、足はつかない。…後ろを初めて振り返ってみた。
「あぁ、漫画みたい…。」
愛は、大きい木の影に半分体を隠し、ジッと見ていた。
「見てるだけ!見てるだけ!」
このまま死ねば、無駄死にだ。
「死なないでおこう…。」
近くの浅瀬に避難する。
ザブン!バシャーバシャー!
追い掛けて来た。
「今更。今更。」
疲れて座り込む。急激に寒い。
「帰ろう…。」
愛は非想な声だった。川から避難した場所は、ホームレスのおじちゃんの庭先。
自殺未遂で不法侵入。ちょっとした奇跡だ。
ガサッ。
「え?」
ヌートリアが川から上がって来て、傍に立っていた。
   * * *
「バイバイ。」
愛は呆気無く、家を出て行った。
部屋の空間が私を襲ってくる。自殺して、一生後悔させようか。
相手をズタズタに刺して傷つけてやろうか。
…嗚呼。僕はさもしく、傲慢な人間だ。愛を責めれる人間じゃない。
おわり