67話(1997年7月11日 ON AIR)

「「あたりまえ」ということ」

作・冬乃 モミジ
七月。
   小さなアパート。
   同棲している二人。
   二人とも二十二、三歳。
   男はフリーター。女はOL。
   つきあいはじめて半年ほど、
   暮らしはじめてまだ、四、五ヶ月といったところ。
   なんでもない夜、夕食をすませて二人でビールを飲んでいる。
オトコ
夏やなぁ。
オンナ
うん、夏やね。
オトコ
夏、来たなぁ。
オンナ
(笑)そうや、夏や。
オトコ
あっつう!
オンナ
(笑)そら、しゃぁないわ、夏やもん。
オトコ
な、ビール。
オンナ
早いなぁ、ハイ。(ビールを注ぐ)
オトコ
ああ、遊びたいわぁ。
オンナ
何ゆうてんのよ、いっつも遊んでるようなもんやんか。
オトコ
…きっついなぁ。
オンナ
 …なぁ、もうすぐお祭りやんなぁ。
オトコ
え?ああ、そうやなぁ。
オンナ
わたし、お祭り好きでなぁ。
オトコ
ふーん。
オンナ
去年な、一緒に行ってくれる子いてへんかったからな、一人でいってん。
オトコ
気色わる!
オンナ
しかも、浴衣着て。
オトコ
うわ、それ恐いで!
オンナ
(笑)そうか?
オトコ
めちゃめちゃ恐いわ。みんなに振り返られへんかったか?
オンナ
ううん、別に。誰も他人(ひと)のことなんか見てへんわ。ひととおりプラプラ歩いて、花火見て、ビール飲んで帰ったわ。
オトコ
変やわ、それ、変やわ。
オンナ
そうかなぁ。だって、友達みんな、なんやかんやで一緒に行かれへんかったし、わたしは、どうしても浴衣着てお祭り行きたかってんもん。しゃぁないやん。
オトコ
まぁ、ええけどな。
オンナ
な、お祭り、一緒に行ってくれる?
オトコ
イヤ。
オンナ
なんでよぉ?
オトコ
いややわ、人多いもん、俺、嫌いやねんあんなん。
オンナ
お祭り嫌いな人なんかおんの?
オトコ
おまえ、行きたかったら、また一人で行ったらええやん。
オンナ
…ひっどぉ。二人で行きたい女心がわからへんの?一人やったら行かへんわ。
オトコ
去年は一人で行ったんやろ?今年も行ったらええやん。
オンナ
ちゃうの。一緒に行きたい人がおるのに一人で行くのはいややの。
オトコ
…あんな、俺はな、そういうヤツやねんて。なんでわざわざ人いっぱいの所を歩かなあかんねんな。おまえは行きたくても俺は行きたくないねん。しゃぁないやろ。あきらめ。…な、ビール。
オンナ
…アホ、自分で注いで。
オトコ
…なんやねんな、もう…(ビールを注ぐ)
オンナ
一緒に歩きたいって、あたりまえの感情やと思うけどなぁ。
オトコ
おまえの「あたりまえ」と俺の「あたりまえ」は違うねん。
オンナ
そうかもしれんけど…あーあ。
オトコ
俺は一生そういうヤツやからな。
オンナ
あーあ。(さらに大きなため息)
オトコ
(笑)(甘えるように)なぁ、祭行ったらな。
オンナ
何よ、行かへんわ。
オトコ
どっちでもええけど、行ったらな。
オンナ
何よ。
オトコ
たこ焼買うて来てな。
オンナ
たこ焼?
オトコ
ビール冷やして待っといたるわ。
オンナ
…行かへんわ、アホ。
オンナ
…な、ビール。
オトコ
あんまり飲みすぎんなよ。(ビールを注ぐ)
オンナ
うん。…なぁ、わたしがたこ焼嫌いやったらどうする?
オトコ
うそ!たこ焼嫌いなヤツなんかおんの?
オンナ
(笑)知らんけど、どっかには居てるやろ。
オトコ
はぁ、それはえらいこっちゃな。
オンナ
(笑)ほんまや、誰かの「あたりまえ」なんてイイカゲンなもんやぁ。
オトコ
(笑)そやろ。
オンナ
ここにこうして居てるのは?
オトコ
はぁ?
オンナ
あたりまえ?
オトコ
え、…なんやねんな。はずかしいやっちゃな。
オンナ
ふうー。(ため息)
オトコ
(笑)そやな、普通やな。…あたりまえや。
オンナ
…そう。(うれしそう)
オトコ
(甘えた声で)な、たこ焼買うて来てな。
オンナ
(笑)知らんわ。
オトコ
ちょいちょい(おいおい)、つまみないで。(テーブルの小皿をカチカチさせる。)
オンナ
もう!
(「早よせぇアホ」「なによ、うるさいなぁ」楽しそうである。)

(先程までとは違う空間)
オンナ
「あんたらのは、〈生活〉というより〈生活ごっこ〉やって母親に言 われた。けど、このバカバカしく過ぎていく時間が私は大事。 … な、そやんな。」
オトコ
「え、…なんやねんな、おまえ、ハズカシイこと言うな、あほボケカス」
終わり