682話(2009年4月25日 ON AIR)

「ミサイルが飛んでくるかも」

作・あごうさとし(WANDERING PARTY)
男と女、茶をすすりながら、居間でニュースをみている。
ミサイルが飛んでくるって言われてもな。
飛んでくるかもでしょ。
飛んでくるかも。
もし飛んでくる場合は10分前に警報がながれるそうだけど。
10分か。で、どうしたらいいの?
堅牢な建物に逃げ込んで下さいっていうことらしいけど。
堅牢な建物ってなに?
学校とかじゃない?
家にいたら10分じゃ間に合わないよね。
うん。
会社は?
さあ、耐震基準、満たしてなかったよね。もしかしたらやばいかも。
う~ん。あ、迎撃ミサイルあるじゃん。
なんだっけ、イージス艦とかパトリオットミサイルとか。
当たらないかもしれないんだって。
かも?
かも。あたるかもしれないし、あたらないかもしれない。
あやふやだ。
飛んでこないかも。
飛ぶとしたらいつくるんだっけ。
来週のどこか。
あやふやだな。
そうよね。あやふやよね・・・。
二人、お茶をすする音。
なんとなく、いつも通りにしてるけど。
うん。
いつも通りで過ごすしかないか。
このままでいいのかしら。
え?
なんか、このままでいいのかな~って、なんか思っちゃうのよね。
なんかしてみる。
何を。
防空壕ほるとかさ。
防空壕?
無理か。っていうか、ほってもここにいない可能性があるんだよな。
逃げ出そうかな?
無理だよ。来週だろ?大事なプレゼンが立て続けにあるんだよ。
そんなの無理無理。
そうよね。私も来週はどうしても外せない用事があって。
え?何?
(あ、しまったと云う表情)
え?何?その口すべらせたみたいな表情。
なんでもない。
なんでもなくないだろう。今の今、どうしてもはずせない用事があるっていったばかりじゃないか。
メンドクサイ~。
メンドクサイ~ってなんだ。大事な用事だが、僕には言い言いにくい用事と云う事は、僕に取っては不愉快な用事ってことだろ。
お見合い。
お見合い?
そう、お見合い。上司がさ、どうしてもっていうから。その断れなくて。
断れよ。
いや、いったんだけど。
なんだよ~それ。断れよ。今からでも遅くないだろう。
ええ~・・。
お前ふざけんなよ。
ふざけんなって、何よその言い方。何上からいってんのよ。
あたりまえだろう。お前、そりゃ裏切り行為じゃねーか。
裏切りでもなんでもないわよ。
別に私はあなたと結婚するって約束した訳じゃないんだからね。
約束?
そうじゃない?あなた、一度でもいった?
それは、お前、ちゃんというよ。来るべき時がきたら。
来るべき時っていつよ。はっきりしてよ。
その時がきたら、言うんだって。マジで。絶対。
ああ~もう、なんか全然リアリティーないんだけど。