683話(2009年5月2日 ON AIR)

「水辺から見る街」

作・大正まろん
いっぺん乗ってみたいねんなぁ。
ん?
あの遊覧船。
あれ乗ったらどこに行けるん。
川をずっと行ってまた戻ってくるんちゃうん。遊覧船やし。
どこにも行けんのか。
どっか行きたいんやなくて、
水かて、ぜんぜんキレイちゃうし。
見てみたい。
なにを?
揺れてんねん。
揺れてる?
乗ったことないから想像やで、想像やねんけど、水辺から見た街はきっと揺れて見えんねん。
あ・・・あるそんなん。
どんなん?
自分が地球を回してる、みたいな感じする時ない?
ない。
私は同じとこで足踏みしてるだけ。そしたら地球が動いてくれて、行きたい場所がずんずんって近づいてきてくれんねん。
せやからお前、地図見る時クルクル回すんか。
それはまた別。東西南北とかようわからんし。
太陽見たらわかるやん。
夜はどうすんのんよ。
なんて言うか、鳥の目線になって俯瞰すんねん。
ええねん、私はキミと違って地を這う虫やから、前後左右で生きていくねん。
なにそのヒネた言い方。
自信があるときだけやし、
なにが。
そうやって行きたい場所が近づいてきてくれるみたいな感覚。
しぼんだ風船みたいな顔してんぞ。
私を雇てくれる会社なんかあらへんのかもな・・・。
俺の嫁さんになるか。
・・・やだ。
フラれてもうた。
今そうなったら逃げ場にしたみたいやん。
今ならオトセル、て思てんけどなぁ。
なーんやそれ。
ゼイタクやて言われると思うねんけどな、
なんよ。
なんや息苦しい。今日も明日も明後日も、一年後も十年後も四角いビルの中でパソコンと向き合って、気がついたら一生が終わってんのか、て・・・。
ゼータクゥ、と言うてあげよう。
ほんまは揺れてんねん。人の心も、会社って組織も、ビルも道路も、揺れ続けてる。昨日と今日が連続してることの方が奇跡やねん。けど、なんぼ吸っても吸っても新しい空気が入って来おへん。
船、乗りに行こか。
え。
揺れてんねんやろ、水辺から見た街は。
多分。
明日が見えん私も、見えすぎてタイクツしてるキミも、揺れてんねんやろ。
きっとな。
じゃあ、船の乗り場まで競争な。ヨーイ、ドン!!
・・・って、そっちちゃうで~!!
終わってまた始まる