710話(2009年11月14日 ON AIR)
「 イバラの道 」

作 /樋口ミユ

 

朝の電車、満員電車、

   
イバラ

…あ。

 

窮屈だから、つり広告で時間を麻痺させる。

イバラ

電車のつり広告。暇つぶしの広告。だけどあたしは思わず声に出しちゃった。

 

ゴトンと大きく電車は揺れて、車輪が軋む音は、
安っぽい居酒屋の音に掻き消される。
笑い声、へいらっしゃい、とりあえずビール、
どこにでもある、安っぽいそれなりの普通の居酒屋

イバラ

困る!

 

ビールを飲んでいたハヤマは思わずこぼしそうになる。

ハヤマ

ぅえぇ!?なに急に。

 

いばらは思い切りビールを飲み干してテーブルに置いた。
ドン。

イバラ

困る困る困る困る困る困るぅ。

ハヤマ

何ナニなにが?

イバラ

終わっちゃう。

ハヤマ

え?

イバラ

今年がもうすぐ終わっちゃう。

ハヤマ

早いよなぁ一年なんかあっちゅうまで、

イバラ

あと一ヶ月くらいしかないのに。

ハヤマ

あもしかして、

イバラ

ナンも、なかった。

ハヤマ

はいキタ。

イバラ

2009年。あたしのニーゼロゼロキュウ。なあああああんも、なかった。バカンスもなけりゃアバンチュールもないしケツまくることもなければ大げんかもないし第一飲み友達は相変わらずあんただけだし。

ハヤマ

それ毎年言ってない?

イバラ

あと一ヶ月で何が出来ると思う?

ハヤマ

習い事でもすれば?

イバラ

何習えばいい?

ハヤマ

それは自分のやりたいこととか、

イバラ

考えてるだけで一ヶ月過ぎそう。

ハヤマ

海外旅行でも行けば?

イバラ

そんな金ないよ。

ハヤマ

転職でもする。

イバラ

この年で就活!?

ハヤマ

毎年同じような会話してないこの時期。

イバラ

焦るのよ、この師走的な雰囲気。

ハヤマ

どうしたいの?

イバラ

なんか、こう、沸きたいの。内蔵がジェットコースターでグラグラさせられるみたいな?

ハヤマ

じゃあさ。俺の計画に乗る?

イバラ

は?

ハヤマ

一人足りなくて。

イバラ

え?

ハヤマ

25日の集金日、お昼の二時に公園通りを銀行の車が走るんだ。その車は二つ目の信号で停車して地下道の入り口の横にあるポストに郵便物を入れる。毎月の日課みたいに。
その間の時間はおよそ90秒。それだけあれば何とかなるから。

イバラ

えナンの話?

ハヤマ

強盗の話。

イバラ

は!?

ハヤマ

見張りが一人足りなくて困ってたんだ。ちょうどよかった。

イバラ

ちょっとちょっと、

ハヤマ

何?旅行に行くお金になるし、ジェットコースターくらいにはなると思うけど?

イバラ

ヤダん。

ハヤマ

2009の思い出になるし。

イバラ

ウソん。

 

安っぽい、居酒屋の、安っぽい客の笑い声。

ハヤマ

うん。ウッソ。

イバラ

やっぱりぃ!

ハヤマ

ウソウソ。なわけないっしょ。すいませんビール。

 

安っぽい居酒屋の、安っぽいジョッキの乾杯の音は、
朝の電車の音に掻き消されていく。

イバラ

せっぱつまった会社員たち。年末に間抜けな強盗に転職ハテナマーク。

 

電車はイバラを乗せて走る。

イバラ

電車のつり広告。暇つぶしの広告。だけどあたしは思わず声に出しちゃった。

 

イバラは満員電車の中でつぶやく。

イバラ

ばか。

 

電車は何もない日常を走り抜ける。

   
おしまい
閉じる