713話(2009年11月28日 ON AIR)

「プロポーズ」

作・ごまのはえ
ゲスト出演・福嶌睦(隕石少年トースター)
秋の公園。ベンチに男女が座っている。
男はこの日のために指輪を隠し持っている。
そう今日こそプロポーズをしようと決意したのだ。
あの、えっと、
ちょっと寒いね。
秋、秋だから、
秋、好き?
うん。秋好き秋一番。
私は春のほうが好きかな。
うん俺も春好き春一番。
…どうしたの?
…でも、秋よりも春よりも、俺は一番、君が好き。
…なによ改まって、
あのさ、突然かもしれないけど、
(何かを発見して)あ!!
え?
みれば公園を相撲取りの集団がジョギングしていた。
相撲取りがジョギングしてる。
…。
すごーい。ジョギングとかするんだね。
そうだね。
膝とかいためないのかな、
そんなことどうだっていいじゃん!
どうしたのよ?
…。あのさ、びっくりさせて申し訳ないんだけど、ずっと真剣に考えてきたことなんだ、つまり、
突然二人の近くに雷が落ちる。
男女
ギャーーーーーー!
大丈夫?
びっくりしたー。
怪我とかない?
うん。私は大丈夫だけど、相撲取りさんが、
え?
一人に雷直撃したみたい。
…。
早く救急車呼ばなきゃ。
まって、
え?
そんなことどうだっていいじゃん。
でも雷だよ。
普段から鍛えてるんだから、
でも、
俺、ずっと考えてて今日しかないって決めてて、その、つまり、
相撲取りたちに羽根がはえ、公園中を飛びまわる。
ものすごい羽音。
(身をかがめながら)今度はなに?!
相撲取りたちに羽が生えて公園中を飛びまわってるのよ!
え?
仲間が怪我をして興奮してるんだわ!
相撲取りって、相撲取りって。
すごいさすが国技ね。こんなこともできるなんて、
そんなことはどうだっていいんだ!!!
…。
たとえ空が落ちてきても、海がカラカラに干上がってしまっても、俺は、俺、決めたんだ。
何を?
俺と、ケッ、
(上空に何かを発見し)あ!
そんなことはどうでもいい!
見てよ、空!
今度は公園上空にUFO(のようなもの)が現れる。
「ウィンウィン」という不気味な音。
公園中はまばゆい光に囲まれる。
何だあれ?
…国技館よ…
え?
怪我した相撲取りを助けに、国技館が助けに来たのよ!
空とぶ国技館の床のほうから光が降り、怪我をした相撲取りを国技館に収める。
和よ。
え?
和をもって尊しとなす。たった一人の仲間のために国技館まで出動する。さすが日本の国技だわ!
そんなことどうだっていいじゃないか!!!
おわり