718話(2010年1月2日 ON AIR)
「 大輔! 」

作 /ごまのはえ

 

ウェデングの鐘。皆の歓声。

   

大輔。今までありがとうな。

大輔

うん。

N(大輔)

9年にもおよぶ大恋愛の末、やっとこ姉が結婚。次は弟さんね、え?弟さんまだなの?そんな囁きがそこいらで交わされてる気がしてならなかった。チャペルでブーケを投げる姉を見ながら、僕は20年前のことを思い出していた。

   
 

回想シーン。浴室でチョキンチョキンと音がする。

   
大輔(11歳)

ほんま?

姉(13歳)

ほんまほんま。

大輔

ほんまにほんま?

ほんまにほんま。フミヤみたいにしたるから、

大輔

お姉ちゃんほんまやで!

   
 

「ジョキン」と大きな音。

   

大輔

僕な、フミヤ大好きや!

そうか。

   
 

「ジョキン」と再び大きな音。

   
大輔

大崎くんもな、フミヤ好きやで。

大輔。

大輔

え?

ちょっと黙ってて。

大輔

うん!

   
 

「ジョキン!」と大きな音。

   

…。うーーーん。

大輔

お姉ちゃん、後ろスースーする。

 

姉はバリカンを取り出す。バリカンの音。

   
大輔

お姉ちゃんフミヤは刈上げじゃないよ。

うるさいな!髪の毛散るやろ。動いたらあかん!

   
 

姉はバリカンを始動。

   
大輔

お姉ちゃん!

耳切るで!

大輔

ヒィー。

もうすぐフミヤなるから、

大輔

ほんま?

   
 

バリカンの音が急に止む。

   
大輔

どうしたん?

休憩。そこ動いたらあかんよ。

大輔

お姉ちゃん、鏡みせてーや。

フミヤする言うてるやろ。

大輔

ほんま?

ほんま。

大輔

ほんまにほんま?

…。

   
 

姉は浴室から居間に移ってしまう。
居間でテレビがつく音。

   
大輔

ほんまにほんまにほんま?ほんまにほんまにほんまのほんま?(繰り返しつつ小さ く)

   
 

回想終わり。再びウェデングの最中。

   
大輔(N)

姉はそのあとテレビを見続け、しばらくして友達と一緒にエレクトーンにいってしまった。僕はお風呂場で泣いてるのを仕事帰りの母に見つけられ、結局丸坊主に。
あれ以来僕は、僕は、僕は…

   
 

ドレス姿の姉が大輔に近づいてくる。

   

大輔には私がいい人紹介してあげるから、

大輔

ほんま?

ほんまほんま、会社の後輩、上戸彩そっくりな子いるから、

大輔

ほんまにほんま?

ほんまほんま。

大輔

ほんまにほんまにほんまのほんま?

ほんまにほんま、そっくりやから、

大輔

ほんまにほんまにほんまにほんまのほんま?????

   
おわり
閉じる