747話(2010年7月24日 ON AIR)

「理想」

作・山内直哉
ゲスト出演・Sun(ミジンコターボ)
音楽・長島真五(名城ABAスタジオ)
リビング(音楽がかかっている)
オチが浮かばない。いいオチが浮かばない!
そのラジオドラマは、何分あるの?
3分
3分だったら、別にオチが無くてもいいんじゃない?
3分だから、オチがいるんだよ。あっと驚くオチが必要なんだ
誰が言ったの? 必要って
誰も言ってないけど、必要だと思うんだよ
でも、変に気を衒うよりさあ、人間描写とかメッセージ性を打ち出せば、オチが無くても、いい作品にはなるんじゃない?
え、じゃあ、例えば、何でもない夫婦の会話だけで、終わっていいと思う?
いいんじゃない? え、例えば、どんな会話?
例えば、オチが浮かばなくて悩む夫と、その相談に乗る妻の会話
相談しているだけで終わっていいんじゃない?
よくないだろ。リスナーは「おい、何だったんだよっ」ってなるぞ?
「何だったんだよ」ってならないように作ればいいじゃない
例えば、どうやって?
ここから、妻のセリフがすべて夫の声になる(夫の自問自答)
どうやってって…それは、やっぱり、メッセージ性じゃない?
メッセージ性があれば、オチがなくてもいい?
いいと思う
メッセージ性があって、さらに素敵なオチがあったら?
もっといい
おいおいおいおい
夫N
このように、結局、最後は、自問自答して考えるしかないのだ。妻は仕事の相談には一切乗ってくれない。乗ってくれないというか、仕事のことは分からないのだ
書斎のドアをノックする音
はい
ドアの開く音
ねえ、まだ起きてるの?
なかなかいいオチが浮かばなくて
旅行の準備はもう出来た?
準備は、出来てる
軽井沢に行けばさ、きっといいアイデア浮かぶよ
まあ、確かに、最近はずっと篭っていたからなあ
久々に羽を広げて遊びましょ
そうだな
軽井沢に着いたら、まず何する?
ここから、夫のセリフがすべて妻の声になる(妻の自問自答)
そうだなあ。やっぱりアウトレットモールでショッピングかな?
旧軽井沢の方も行きたい
おお、行きたいな。モカソフトが食べたい
ああ、食べたい食べたい~
妻N
このように、夫が仕事に出かけたあとは、一人寂しく妄想するしかないのです。夫は仕事ばっかりで全然構ってくれません。夜遅くまで帰って来ない家に一人ぼっちでいるこの寂しさが、夫には分からないのです
玄関のベルの音
はい
玄関の開く音
ただいま
おかえり。仕事の方はどう? 落ち着いた?
うん、オチ、付いた
リビング(音楽がかかっている)
っていうオチはどう?
おお、いいかもしれない。“落ち着いた”と?
“オチ付いた”
うん、いいねえ
あなたは“オチ、付けないと”?
“落ち着けない”
みたいな
いいねえ。いやあ、相談に乗ってくれてありがとう
どういたしまして
来週あたりさあ、旅行でも行く?
え、ホントに!? 軽井沢行きたい!
おお、行こう行こう。軽井沢で何したい?
ここから、妻のセリフがすべて夫の声になる(夫の自問自答)
そうねえ、まずはやっぱりアウトレットモールでショッピングかな?
ショッピング、うん。あと、旧軽でモカソフト
ああ、食べたい食べたい~
その夫婦はお互いの秘かな不満を分かり合っていた―
それが理想なのかもしれない…
という、オチに決めたようだ― それが理想なのかもしれない…