75話(1997年9月5日 ON AIR)

「西野ゆり子先生の『恋愛講座』第六時限」

作・飛鳥 たまき
登場人物
先生 西野ゆり子(34才)
生徒 小林 悠介(31才)
(西野ゆり子先生を囲んで、11脚のイスが半円形に並んでいる。少しうちとけた感じの男達のざわめき。ため息。)
ゆり子
「はい、小島さんの遊園地デートシュミレーションとっても楽しかったです。このクラスはほんと優秀。小島さんも後は実践あるのみ。がんばってくださいね。さあ、恋愛講座第六時限、デートシュミレーション。次は……小林さん、小林悠介さん」
小林
「えっーぼく?」
ゆり子
「そうよ、さあこちらへ出て来て」
小林
「あ、はい」(ガタッとイスの音)
ゆり子
「もちろん、考えてきたわよね、シチュエーション」
小林
「えーーまあー」
ゆり子
「どういうシチュエーションかしら」
小林
「えーと…遺跡…津ノ山遺跡」
ゆり子
「遺跡?!あら、おもしろい」
小林
「日曜日。津ノ山駅、11時」
ゆり子
「えー、そんな遠くで待ち合わせ?」
小林
「ダメですか…」
ゆり子
「…う…いでしょ、じゃ駅で11時。OK。
じゃあ行きましょう。私は先生じゃなくて小林さんのお相手、ゆりさん」
小林
「向こうのこんもりした丘、あのふもとです」
ゆり子
「(その気になって)小林さん遺跡っておもしろいのですか。」
小林
「はい。すごくおもしろいですよ。ギャハハハハーっていうくらい」
(小林くん、とってつけたように大笑い)
ゆり子
「……あのねぇー……」
小林
「ユーモア、ユーモアですよ。会話にユーモアをって、ゆり子先生おっしゃったでしょ。えーと……」
ゆり子
「第五時限」
小林
「そう、五時限目」
ゆり子
「…『自分らしさを』っていったわよ。第二時限。無理しちゃあダメ。自分を作らない。ちっともユーモアになってないわ」
小林
「お言葉ですが…先生それはないんじゃないでしょうか。笑って空気を和らげる努力をしてるんです。相手のことを思う、四時限目」
ゆり子
「OK。小林くん。(いつの間にか『くん』になっている)努力は認めるわ。じゃ、ここで皆さんにアドバイス。こうした努力が空振りに終わった場合、気まずい空気をすかさず取り払らう方法です。はい、小林くん、いいところでずっこけてくれました。(笑い声)『自ら企てた行為の結果を言葉にする』。例えば、こういう風に。『おもしろいとおかしいは違いましたね』」
小林
「なるほど…」
ゆり子
「少し私の方から話していきましょうか……遺跡のどんなところが魅力なんですか」
小林
「………どんなところって………ゆり子先生、わかりませんか?」
ゆり子
「先生じゃなくってよ、ゆりさん。……私はあまりよくわからないのですけど…」
小林
「それは、…………じゃあ、ゆりさんは何がおもしろいのですか?」
ゆり子
「…ちょっとー……小林くん。ゆりさんはあなたの答えが聞きたいのよ。人に話させない。『まずは己を語る』第二時限。でしょ。そんなつっかかった言い方をしない」
小林
「あっ……すいません。ぼく…遺跡のことになると夢中になってしまうんです」
ゆり子
「夢中はいいけど、みんな、同じじゃあないからね」
小林
「すいません」
ゆり子
「質問を変えましょう。…小林さんは遺跡にどうして興味をお持ちになったの?」
小林
「どうして…って……………。ぼく、小さいころ、畑で土器のかけらをみつけた事があるんです」
ゆり子
「土器?」
小林
「はい。ぼくの手のひら位の変形三角形だったんですけど。幾何学模様があって」
ゆり子
「縄文とか?」
小林
「いえ、そんな古いものではなかったんですけど…。その辺りはほんの五十センチばかり掘ると、なんだかだ出てきて…奈良時代のものだって教えられて…子供心になんか不思議な感じがしたんです。何百年も前の人達が、今いる自分と同じ大地の上に立っていたっていうことに…」
(小林くん、これでいいのかという顔でゆり子先生を見る)
ゆり子
「続けて」
小林
「遺跡はロマンです……遺跡は想像力です。土のわずかな色の違いの中に人間の営みを見、何もない大地に古代の家を建て、欠けた土器に炎の強ささえ見るのです」
ゆり子
「………いいわ、その調子。その調子よ、小林くん」
小林
「……ゆり子先生、退屈じゃないですか?」
ゆり子
「そんなことないわ」
小林
「そんなことないって……おもしろくないですよね、こんな話……ゆり子先生だから聞いてくださってるので……」
ゆり子
「そんなことないわ。ねぇ、みなさん。小林くんの目、キラキラしてるわよね」
(終了のオルゴール)
ゆり子
「小林くん、自信もってね。その目の輝きは誰にも負けてないわ。それが分からないような女の子はふっちゃいなさい」
小林
「そんな……ゆり子先生、過激なんだから……」
(オルゴール)
ゆり子
「時間ね。小林くん、とってもよかったわ。今の感じよ。来週も、シュミレーションします。誰に当たるかわかりませんよ。考えてきてください。楽しみにしてます。じゃあ、今日は以上」(ゆり子先生出ていく。少しして、小林くん走って先生の後を追う)
小林
「先生」
ゆり子
「はい?…」
小林
「ゆり子先生、今度の日曜日……」
ゆり子
「…うん?…」
小林
「あーーーいいです……」
ゆり子
「ちょっと待って、小林くん。いいことないわよ。実践できなきゃ意味ないじゃない。『自分の気持ちを素直に表現する』第五時限。さあ、途中で止めたりしないで、最後までちゃんと話してごらんなさい」
終わり