764話(2010年11月20日 ON AIR)

「願いごと3つ」

作・竜崎だいち(ミジンコ・ターボ)
ドローン。と、ランプの精が出てきた時のような、音がする。
……唐突、ですね。
妖精
はい、唐突、です。
……はい。
妖精
私はランプシェードの妖精。あなたさっき、このランプシェードをこすったでしょ?
掃除、してましたから。
妖精
呼び出してくれてありがとう。今から3つ、何でも願いを叶えてあげます。
唐突に、語り。
確かに、僕のマンションは古い洋館みたいな造りだった。部屋の前には、誰も掃除したことがないような、古ぼけた電灯があった。越してきて2年半、僕はそれに明かりが付いたのを見たことがなかった。少しだけ、かわいそうって思ったんだ。だから、雑巾でドアを拭いたついでに、真っ黒になった電灯のカサをちょっとだけ、拭いてやっただけなのに。
唐突に、トイレの中。カラカラと、トイレットペーパーがなくなった音が。
妖精
ないですね、紙。
こんなとこまでついてくるんだ。
妖精
欲しいですか? 紙。
いいよ、ポケットティッシュ、あるし。
水を流す音。
妖精
彼は、とにかく無欲だった。堅実だしまじめだし、酒もタバコもギャンブルもしない。たった一匹だけ、ペロという名の子犬を飼って、地味に暮らす、地味な青年だった。
色々な、ある日が交錯する。
妖精
宝くじ、当てたくないですか?
僕、貯金あるし。
妖精
高級車欲しくないですか?
免許持ってないし。
妖精
モテたくないですが?
人見知りだし。
妖精
空飛びたくないですか?
高所恐怖症だし。
妖精
無欲にもほどがある、と、仲間たちは口々に言った。そうして、一度も彼の願いを叶えることなく、8年の月日が流れた。
唐突に、中年になった男。
頼みたい事があるんだ。
妖精
今、なんて?
頼みたい事があるんだ。
妖精
何でしょう!
ペロと、話がしたいんだ。
妖精
ペロって、犬の、ペロ?
元気がないんだ、病気かもしれない。どこか痛いとこないか、聞いてあげなくちゃ。
願いがかなう、音。
ペロはもうおじいちゃんだった。その晩、僕とペロは遅くまで語り合った。翌日、ペロにお迎えがきた。でも、僕もペロも幸せだった。ランプシェードの彼女は、ずっと一緒にいた。それからも僕は、何も望まなかった。気が付くと、僕がランプシェードをこすってから、ちょうど60年の月日が流れていた。
唐突に、老人になった男。
頼みたい事があるんだ。きみと手を、つないでみたい。
願いがかなう、音。
妖精
あと一つ、叶いますよ。
十分だよ。
妖精
でも。
60年間、きみは僕のそばにいてくれた。寂しいと感じることは、ただの一度もなかった。十分だよ。
男、息を引き取る。
妖精
3つの願いを全て叶えることなく、この世からいなくなった人は彼が初めてだった。私の手元には、あと一つ、彼の願い事が叶う、権利だけが残された。実は、少し嬉しかった。これを手渡す口実に、彼が転生して、またここに戻ってくるのを、待てるのだから。
おわり。