77話(1997年9月19日 ON AIR)

「夜光虫」

作・み群 杏子
さっき、あの人がやってきた。
やあ。
あの人は、くつろいだ様子で私の前に座った。
元気だった?
うん。ひさしぶりじゃない。
そうかな。
どうしてたの?
えっちゃんは?
この間、海に行ったわ。
誰と行ったの?
会社の人たちよ。
彼も一緒だった?
彼って?
ほら、前にえっちゃんが言ってた、同じ課の。
吉岡さん?
そう、吉岡さん。
うん、吉岡さんもよ。
あの人がそうかな?夜、二人で海岸、散歩してたよね。
なんだ、知ってるんじゃない。
うん、僕も、すぐそばにいたんだ。
… 夜光虫をね、見てたの。
うん。
空の星みたいに、海が光って、とてもきれいだった。
でも、捕まえることなんて、出来ないの。光のかけらを捕まえたいと思っても、だめなのよ。握ったてのひらを開くと、そこには、もう、なにもないの。
うん。
… 声かけてくれればよかったのに。
声、かけてくれればよかったのよ。遠慮なんかしないで。
マー君の時みたいに。
まさるのやつ、笑っちゃうよな。フランス映画なんてさ。
映画は、絶対にアメリカだって言ってたくせに。
チケット貰ったって、言ってたわよ。
貰ったんじゃなくって、買ったんだよ、わざわざ。
なのにあいつ、映画見ないでえっちゃんの顔ばっかり。
マー君、もう大学生になったのよ。あなたに似てきたわ。
やっぱり兄弟ね。
あなたったら、私とマー君の間に割り込んできて、いたずらばっかり。
ちょっと、からかってやったんだよ。アニキの恋人に手を出すなんてさ、子供のくせに、なまいきじゃないか。
… 遠慮なんかしないさ。ちゃんと、声をかけたよ。海でも。
… 私、気がつかなかった。
… 
… どうして? あなたがそばにいれば、私、いつだって気がついていたのに。
えっちゃんのせいじゃないさ。
だって7年だよ、僕が死んで。
だからね、もういいんだよ、えっちゃん。時々、こうやって、いっしょに話ができればね。
           *
あの人が帰っていったあと、電話がなった。吉岡さんからだった。吉岡さんの声は、あの人の声とぜんぜん似ていない。そのことが、私を少し、切なくさせた。電気を消した部屋のなかに、あの日の光る海が、滲んで広がっていた。
END