770話(2011年1月1日 ON AIR)
「なんてん親子」

作・ごまのはえ

ただいま。

うん。どうだった神社は?

すっげー混んでた。

その格好で行ったのか?

うん。

あ、まり子。

何?

うん、いま大丈夫か?

は?

ちょっと話があるんだけど、

何?

うん、あのな、えっと、

何?

実は年末に先生から電話があってな。まぁ色々と話したんだよ、その、

何?

二学期に作文あったろ、あれについて先生も心配しててね、それで、

作文?

お父さんも読んでびっくりした、その、

あー、あれ。

「甘辛いモチはトッポギ」。これどういう意味だ?

韓国のおモチだよ。甘辛くて美味しいの。

いやそういうことじゃないんだ。どうしてこんな作文書いたんだ?

だって自由に書いていいって言ったんだよ。

うん、わかるわかる。でもお父さんが知りたいのは、どうして「甘辛いモチはトッポギ」について書いたんだ。

だって書きたかったんだもん。

…まり子。

何?

あのな、

何?

今朝の書初めもお前なんて書いた。

「変化球」

なんでそんなこと書くんだ。

ダメなの?

いやダメじゃないよ。ダメとか言ってない。ただ教えてほしんだ。どうして「変化球」なんて書いたんだ?

だって、書きたかったんだもん。

…。

もう行っていい?初詣いくんだけど。

なんださっき行ってきたんじゃないのか?

別の友達といくの。

その格好でいくのか?

…。お父さんさ。

何?

ちょっとは外にでたら。

  
 

外。階段を登る父。

  

(拍手を打ち、祈る)今年もまり子と二人、健康に暮らせますように。

  
 

鐘の音。

  

あ、寺か、

  
 

寺の境内には犬がいた。

  

(犬に向かって)甘辛いモチはトッポギ…か。甘辛いモチはトッポギ…。なるほど。つまりまり子が言いたかったことは、甘辛いモチは、トッポギってことか!そうだよ!書きたいから書いたんだよ、変化球だって書きたいから書いただけなんだ!そう!そうだよ!

  
 

父は犬に向かって熱弁する。犬は嫌がって咆える。

  

でも、問題はそういうことじゃないよな、どうして、そんなことを作文に書くかだよ、…、そうだよ、そう…。

 

いつの間にか寺には娘が来ていた。

  

お父さん。

おう。

何してんの?もしかして初詣?

初詣は神社だろ。

あのさ、

うん?

わたし今年からバイトしよっかな。

…。そうか。そうか。なるほど。

何が?

つまり。…。お父さんも変わらないとな。

…。何それ?

  
 

娘は爆笑。

  

そうだよ。俺も変わるぞ!

は?

  
 

父は決意する。娘は笑う。

  
  
おわり
閉じる