79話(1997年10月3日 ON AIR)

「夜間飛行」

作・松田 正隆
登場人物
男(平野)
女(村井)
―ある高層ビルにあるオフィス。夜。
男と女、二人の会社員が残業している。他には誰もいない。パソコンのキーをたたく音だけが広い室内に響いている。
ね、平野君。
はい。
こないだ渡した商品企画書、どうしたっけ。
村井さんに返しましたよ。部長にまた、見てもらうからって。ハンコ、まだだったでしょう。
そう。…そうよね。おかしいなあ…どこやっちゃったかな…。(と、自分のデスクの上を探している)
―デスクの上から、書類の山が崩れ、バラバラと床に落ちる。
ああ、ああ。もう…。(と、拾う)
(それを見て)…ひといき、いれましょうか?
え?うん…。(と、尚も探している)…平野君、まだ帰らないの?
ええ、ちょっとこれ、やってからでないと…。
ガンバルなぁ。
家にまで仕事、持ちかえるの、あんまり好きじゃないから…。
へぇ。奥さんにしかられちゃう?
ええ、まあ…。(と、苦笑)…コーヒーでいいですか?
(と、立つ)
うん。…あ、これこれ、あったあった。
―男は給湯室へ。そこから、
砂糖とミルク、入れます?
ああ、私、いらない。
―女は、窓へ行き、開ける。
はるか下界からの雑踏の音が、わあーんとこだまして来る。
「ウーン」と女、伸びをする。男、もどって来て、女のデスクに、
はい。(と、コーヒーを置く)
ありがとう。…みんな、もう帰っちゃったの?
ええ、ずいぶん前に。
あ、そう、知らなかった。(と、コーヒーを飲む)
村井さん、最近ちょっと仕事やりすぎなんじゃないですか?
え?…そうかな…。
毎晩、残業してるそうじゃないですか。
そんなことないわよ。
うちの課の若い連中が言ってましたよ。
ええ?…あ、そう。どうせ、仕事ぐらいしかやることないんだろうって、悪口言ってたんでしょう。
いや、そこまでは言ってなかったと思うけど…。
ま、確かにそうなんだけどね。他にすることないから…。だって、誰も、さそってくれないんだもん。
誰か、いい人いるんじゃないんですか?
そんなのいるわけないじゃない。
ホントですか?
じゃあ、平野君、今度さそってよ。喜んで、どこでもついて行っちゃうから。
ええ?
ウソウソ、そんなことできないわよね。平野君、愛妻家だっていうウワサだから。
そんなことないですよ。誰が、そんなこといってるんですか。
まあ、いろいろと、うちの課の若い連中が…。
まいったな。
―女、ほほえましく笑っている。
雑踏の音。
あら、ちょっと、見てよ。…今夜は満月じゃない?
あ、本当だ…。都会の月も、けっこう明るいんですねえ。
だって、43階だもん、ちょっとは月に近いわけだから。
ああ、そっか…。
いやいや、…まんまるだねぇホントに…。
ええ…。 ―間。…雑踏の音。都市の音。
…いないんですよ、今夜は…うちのカミさん。
え?どうしたの?
実家(くに)にかえってるんですよ。九州の天草なんですけどね。
へえ。
子供が生まれるもんだから。
あ、そう。そりゃ、おめでとう。よかったじゃない。
ええ。今日が予定日なんです。
ええ?じゃあ、帰った方がいいんじゃないの?
はあ。
何やってんのよ。家に連絡とかあるんでしょう。
ええ、たぶん。
帰んなさいよ。
…そうなんですけどね。何となくそんな気になれなくて…
いや、どっかで、気にはなってるんだけど。
そうでしょう。
だからといって、アパートの電話の前で、ひとりじっとして待ってるのも、ナンだなと思って、何だかバカみたいでしょう。
でも、きっと奥さん、悲しむわよ。…すぐにでもダンナさんの声、聞きたいんじゃないの?こういうときって。
…私にはわかんないけど…。
まあ…こうしてる場合でもないんだけど。
そうよ、仕事なんていいから帰んなさいよ。
はあ…。
…ったく、呑気なんだから…。
…田んぼがあって、そのあぜ道を登りつめたら、小さな白い教会があって、そっからは遠く港を見ることができるんです。波のおだやかな漁港なんだけど…。
…うん?
妻の実家ですよ。…初めてそこ行ったときは、ホントいいところだと思いましたよ。
そう…。
―二人、外を見ている。
奥さんにもみえてるかなあ…満月…。ああ…そんなわけないか…。そんな余裕、ないわよね。
―二人、外を見ている。
…。じゃ、オレ、帰ります。
え?あ、そう。…うん、それがいいよ。
(デスクの書類などをカバンに入れつつ)あと、おねがいしますね。
はいはい。
それじゃ、失礼します。
うん。…あ、平野君。(と、呼び止める)
はい。
元気な、赤ちゃん、生まれるといいね。
ええ。(ニッコリして)ありがとうございます。(と、ドアから去る)
 ―雑踏の音、かすかに。
 遠くをジェット旅客機がゆく。
 ゴーッと月の夜空をむなしく通り過ぎてゆく。
 ―女、軽くタメイキをついて、
…週末はちょっと、月にでも行ってくるかな。
 ―と、左手で右肩をもんで、「ウーン」と首をまわす。
さあてと、あとひといき。
 ―デスクに向う、女。
 ―広いオフィスにパソコンのキーの音が響いている。
 ―外では、満月がそのビルを見おろしている。
終わり