81話(1997年10月17日 ON AIR)

「たいむましん」

作・淵野 尚
さあ、やっとできたで、タイムマシン。寝食を忘れて打ち込んだ成果がこれや。どや、立派なもんやないか。なあ。わいもこれで一人前のマッドサイエンティスト。あかん。なんやふらふらするな。無理も無い。なんせ一週間近く呑まず食わずやもんな。なんぞ食お。と言っても食べるものがあらへん。嫁はん、こんなわいに愛想尽かして出ていったまんまやもんな。阿呆やなあ。タイムマシンが完成したからには、なんぼでも贅沢させたるのになあ。せやけど今のわいは素寒貧や。しゃあない。誰ぞに金借りて、とりあえず飯食お。あかんあかん。誰がわいに金貸してくれるねん。それでなくても借金で火だるまのこのわいや。ぎょうさんおった友だちもひとり去りふたり去り。みんなわいのことをきちがい見る目で見くさってからに、ほんまにもう。せや、このタイムマシンでちょこっと未来へ行って、未来のわいから金借りたらええねん。いくらしぶちんのわいでも、身内の頼みは断れんやろ。それにタイムマシンの発明で奴さん大金持ちになってる筈。うん、こらうまい考えや。さっそく行ってこましたろ。
「ズィーン」というような、機械の作動音。 男優が口で言ってもよい。
さあ、着いたでえ。ここが未来か。なんやあんまし変わってへんなあ。相変わらず薄汚い四畳半や。それに未来のわいはどこ行ったんかな。誰もおれへん。まあええわ。勝手知ったる自分の部屋。あれ、金の隠し場所、変えくさったんかな。一銭もあらへん。うわ。びっくりした。ああびっくりした。チャイムの音に思わず隠れてしもうたけど、よう考えたら何も隠れる必要あらへんがな。ここはわいの部屋であってわいはあるじや。コソ泥ちゃうねん。

「はいはい、どちらさんでっか。」
「ただいま。」
健太郎
嫁はんや。帰ってきたんかいな。えらいしおらしいやないか。ははあん、より戻したい、とこういう訳やな。勝手な女やでほんま。いやいやせやない。ここは未来や。目の前のこの女はわいの嫁はんやなくってみらいのわいの嫁はん。つまり人妻やんけ。 
健太郎
「何やのん。ひと、宇宙人見るような目で見て。」
京子
「あっごめんごめん。」
健太郎
「上がってええ?」
京子
「も・もちろんやないか。ここはおまえの家や。それを言うなら、わいの方こそ、わいの留守中勝手にお邪魔してます。」
健太郎
「え?」
京子
「ん?なんでもない何でもない。」
健太郎
あかんあかん。気イつけて喋らんと。この女、純文化系やもんな。タイムマシンがどうたら言うたら、ひと、きちがい見る目で見る女や。いらんこと意わんと、金借りてさっさと去ろ。もう、腹ペコで目ぇ回ってきたがな。ここはとりあえず下手に出て。
京子
「ごめん。ほんま、ごめん。今さらこんなこと言うても屁のつっぱりにもならんかも知らんけど、謝るわ。これ、この通り。」
健太郎
ははは、けったいなもんやなあ。ひとの嫁はんやと思うとなんぼでも頭下げられるわ。
京子
「ほんまにそない思うてるのん?」
健太郎
「思うてる思うてる。」
京子
「そんならあたしを大事にする?」
健太郎
「大事にする大事にする。行きたいとこ連れていく。買いたい物も買うてやる。服でも靴でも鞄でも。」
京子
「今言うたこと紙に書いて。」
健太郎
「え?」
京子
「ほんでそこ拇印押して。」
健太郎
あッ、なんちゅう女や。ドあつかましい。これ、誓約書やないか。まあええわ。尻ぬぐいは未来のわいに押しつけて、わいはドロンしてもうたらええねん。
京子
「あんたのあのくだらない研究やら実験やらはどうするの?」
健太郎
「やめる。スパッとやめる。もうやめる。」
京子
「別に……スパッとやめてしまわんでもええのよ。ただあたしは、ひとりぼっちにされてしまうのがかなわんのよ。あんたは、昔はよう研究やら実験やらの説明してくれたやないの。あたしにはチンプンカンプンやったから黙っとったけど、でも、俺の説明を黙って聞いてくれるのはおまえだけや、そないあんた言うて嬉しそうにしとったやないの。あんたが嬉しそうにしとったらあたしも嬉しかった……もういちど……あの日に帰りたい。」
健太郎
「な・泣いてんのか。何も泣くことあらへんやないか。」
京子
「そやかて……」
健太郎
「分かった。説明したる。帰ってきてくれるんやったら、説明くらいなんぼでもしたる。ええか、これがタイムマシンや。このレバーで過去か未来か、行き先を決めるねん。このダイアルで移動時間距離を設定。ほんでこれがスタートボタン。あ、こら、何しとんねん。何、勝手に乗り込んでんねん。出てこい。あかん、腹ペコでちからがでぇへん。」
京子
「かんにんやで。うち、未来から来たんや。」
京子
「ななな・何やて?」
健太郎
「あんたのおらん隙にいじっとったら勝手に動き出してしまってん。帰ろうにも動かし方分からへんし、困っとってん。これで未来へ帰れるわ。おまけに誓約書たらいうお土産まで戴いて、へえ、ほんまおおきに。」
健太郎
「こら、おまえ、そしたらさっきのは嘘泣きかえ。あ、こら、待て。」
京子
「ズイーン」というような、機械の作動音。 女優が口で言ってもよい。
健太郎
あかん、行ってもうたがな。ノートも設計図も何もかも、みいんなタイムマシンごと行ってもうた。さっぱわやや。ん?待てよ。あいつ未来へ帰るとかぬかしとったな。ということは、ここでこうして待っていれば、何時間か何十時間か、それはわからんけど、いずれまたここにズイーンと現れよるということや。ははは。やっぱ女の浅知恵。わいからは逃げられん運命なんや。わいは待つでぇ。何時間か何十時間か何日か、それはわからんけど、待ったるでぇ何日か何カ月か何年か……しかし腹減ったな。もう動かれへん。声も出ぇへん。嫁はん、早よ、帰ってきてぇな。