814話(2011年11月5日 ON AIR)
「運命の人」

作・山内直哉

運命の人っているのかしら

運命の人…

運命の人ってどこかにいると思うの

どこかに…

運命の人がどこにいるか分かったらいいと思わない?

運命の人…

毎日、街中でたくさんの人とすれ違う

その中に、ひょっとしたら運命の人がいるかもしれない

ひょっとしたら知らず知らずのうちにすれ違っているかもしれない

そして、その人とはもう二度と、会うことはないかもしれない…

そう思うと…

運命の人がどこにいるか分かったら…いいね

  
 

未来の世界

都会の喧騒
横断歩道を行きかう人々

お爺ちゃんと待ち合わせしているお婆ちゃんと孫

  

むかーしむかし、人類が一人一台携帯電話を持ち始めた頃、とーってもステキな携帯アプリが開発されたの。その名も「赤い糸」。街中で歩いているだけで運命の人と赤い糸で結ばれるという優れもの

それはどんな仕組みなの?

すれ違い通信って知ってる?

知ってる! ゲームで知らない人から地図貰えるやつ!

その携帯ゲーム機のシステムを応用したものだったの。街に出る前に、まず携帯に情報を入力する。性別・年齢・身長・職業・年収、色んな質問に答えて行くの

  
 

アプリ「赤い糸」
携帯電話の画面には質問事項と入力欄

  
文字

あなたはお酒を飲みますか?

はい

文字

お相手はお酒を飲む方(かた)がいいですか?

はい

文字

あなたはタバコを吸いますか?

いいえ

文字

お相手はタバコを吸う方(かた)がいいですか?

気にしない

文字

あなたは初婚ですか?

はい

文字

お相手は初婚の方(かた)がいいですか?

はい

  
文字

赤い糸が結ばれた際、アラームを鳴らしますか?

はい

文字

その際、お相手に写真・メールアドレス・電話番号などをお知らせする場合は下記に添付・入力して下さい

  
 

相性ピッタリの相手とすれ違った時のアラーム音

  

ピロリロリーンって。相性ピッタリの人とすれ違えば、とーっても綺麗なアラームが鳴るの。するとすぐに携帯を覗き込んでキョロキョロ。それはそれは奇妙な光景だったわ。でも、雑踏の中では誰がその人か分からない。みんな写真や連絡先を未公開にしていたからね。でも、自分にピッタリの人が確実にいることだけは分かったの

僕も運命の人が誰か、知りたいなあ

ところが、そのアプリは必ずしも幸せを導かなかった

どうして? お婆ちゃんはアプリのおかげでお爺ちゃんと出会えたんでしょ?

そうよ。お婆ちゃんもお爺ちゃんも連絡先を未公開にしていたんだけどね、エレベーターにお爺ちゃんが乗って来た時にピロリロリーンって鳴ったの

ハハ、すげえ

当時はみんな興味本位で登録していたんだけど、案外、「赤い糸」をきっかけに結婚するカップルが多くてね、「糸婚(イトコン)」って呼ばれて流行語大賞にもなったわ

じゃあ、みんな幸せじゃない

でもね…

  
 

ピロリロリーン

  

あ、何か鳴ったよ?

ああ、また運命の人…

  
  

閉じる