82話(1997年10月24日 ON AIR)

「クロコダイル・ダンディ」

作・み群 杏子
あいつと暮らした日々が、長かったのか、短かったのか、今ではもうよくわからない。
あいつは、古いアパートの小さなバスルームが、なぜか気に入っていたようで、
わからないかなあ。僕が気に入ってたのは、おふろ場なんかじゃなくて、かなちゃんなんだよ。
そんなこと言ったって、水なしには生きていけないくせにさ。
私がバスルームを掃除している間、あいつはキッチンの流し場いっぱいに水を張って、なさけない顔で待っている。
かなちゃん、まだぁ?
初めてあいつに会った時には、さすがの私も驚いた。
だって、さあお風呂に入ろうって、素っ裸になって、バスルームのドアを開けたとたん、
やあ!
なんて、バスタブの中から、ワニなんかに挨拶されたら、誰だってびっくりする。
そう、あいつは、ワニなんだ。
どうやら、昼間、図書館から借りてきたアフリカの写真集の中から、抜け出してきたらしいのだけど、
だって、かなちゃん、僕のこと、すっごく、気に入ってくれてたみたいなんだもん。
でも、私が気に入ってたのは、夕焼けに染まるナイル川の写真だ。だから、家でゆっくりながめようと、重いのをがまんして借りてきたのに。
じゃ、僕のことは?
あのナイル川に、ワニなんか、浮かんでいたっけ。
そりゃ、ないよ。
ワニが、あんまりがっかりするので、いじらしくなって、思わずやさしい言葉なんかかけてしまったのが、まちがいのもとだった。
あいつはそれからずっと、私の部屋にいる。
ワニさんと呼ぶのも無粋な感じだし、映画のタイトルをもじって、ダンディと名づけてあげた。
恋とは、理不尽なものなのさ。
時々、わけしり顔に、ダンディが言う。
私の したことが、大きなまちがいなら、ダンディのは、大きなかんちがいと言うものだ。
でも、うちあけると、最近、私は、家に帰るのがちょっぴり楽しい。ドアを開けると、ずんどうのウエストにエプロンを付けたダンディが、
おかえり、かなちゃん。
と、出迎えてくれるのだ。洗濯物は、ちゃんと取り込んであるし、テーブルの上には、あたたかいスープとステーキが用意されている。
ワニのくせに、一宿一飯の恩義を心得ているのだ
そんな日々が一ヵ月続いた。気がついたら、貸出の期間が過ぎてしまっている。
あのさ、もう、期限なんだよね。
なんの?
写真集、返さなくちゃ。
そう…
どうする?
どうするって…
ダンディは、迷って、やっぱり本と一緒に、図書館に帰ることに決めたようだった。
最後の夜は、感動的だった。
ダンディが、初めて、私のベッドにやってきたのだ。
私は、背中や尾っぽのとげとげに触らないように、毛布ごしに、抱いてあげた。
おやすみ、かなちゃん。
そして、翌朝、ダンディは、消えていた。
さみしくなると、図書館へ行って、私は、あの写真集を開く。すると、夕日を浴びたナイルの岸辺から、なつかしい声が聞こえてくるのだ。
元気かい、かなちゃん。
END