84話(1997年11月7日 ON AIR)

「ふたり」

作・冬乃 モミジ
(街のどこか。公園とか、ビルとビルの間とか)
(コンクリートの階段に男ひとり、女ひとり)
(夜)
あのね、こっちのコップには男の人。こっちのには女の人が泳いでるの。でもお互いのことを気付いてもいないし、このままだと一生二人は出会わないのよ。どうする?
…そうだな、コップとコップのあいだに橋でも渡すか。橋があれば人は渡ってみたくなるもんだ。
(笑い)じゃあね、あっちの木には男の人、こっちの木には女の人が棲んでて、…地上には怖くて降りれないの。どうする?
…そうだな、二人の背中に羽でも生やしてやるか。
(笑い)羽なんか生えたら、もっと他のところに飛んで行きたくなるんじゃない?
それはそれでいいよ。そうなったらそうなった時のことだ。
ふーん。…(笑い)じゃぁ箱の中は?
え?
ひとつの箱の中には男の人。別の箱には女の人。箱はね、決して開かないのよ。
うーん…(考えている)…うん、電話をつけてやろう。ああ、テレビ電話なら、なおいいな。
(笑い)ねぇ、…どうして二人を会わせるの?別に今、寂しくもないかもしれないのに。相手がいることさえ知らないんだから、それでいいのに。会ったらヤなやつかもしれないし、良くてもそのうちヤなことがあるだろうし、良くても、…会えないとまた寂しくなったりするし。別に、コップの中で泳いでていいのよ、ずーっと。一人で。
…へぇ、ずいぶん悲観的だな。
そう?…別に、普通よ、ふつう。
…寒いな。やっぱり。
冬が来るの。日本には四季ってもんがあって、夏が過ぎて秋が来たら、次は冬が来るのよ。
知ってるよ。
そう。
夜は暗くて昼間よりは、ちょっと冷える。ふつうだな。…俺は、生まれてからずーっと一人で箱の中にいたら、やっぱりイヤだなぁ。ああ、テレビ電話が欲しいと思うね。
(笑い)テレビ電話なんてこと、思いつきもしないよ。ぜーったい。
そうか?
そうよ。だって、そんなものあることも知らないんだから。
でもな、小学生が描く未来予想図とかすごいぞ。
なんの話?
人間には想像力ってもんがあるからな。自分以外にも人がいたらとか、話ができたらとか、想像するのは簡単だよ。
…理屈っぽい。
(笑い)お、(ポケットの中を探る)キャラメル食うか?
うん、(食べる)…甘い。
ねぇ、今何時?
時計、持ってないんだ。
そう。
時計はきらいだ。
(笑い)へぇー。ただの脳天気ってわけでもないんだ。
おいおい。
おしりが痛くなってきた。ねぇ、コンクリートってすごい冷たくなるのね。
冬が来るからな。
(笑い)あのね、すごく揺れる吊り橋を渡ってる時、むこうに女の子がいたらね、その子の事が好きになるんだって。ドキドキの勘違いで。知ってた?
さぁ、…でもそんなもんじゃないか?恋愛してるヤツらなんて。いいよ勘違いで。その女の子が、もし凄い顔で俺を睨んでたら、たぶん好きにならないし、あるいはオヤジだったりバーちゃんだったりしたら、意味が違ってくるもんな。
…なんで?なんで時計がきらい?
イライラするからな。こっちが遅れても、待っても。
…ふーん。それ、時計のせい?相手か自分の責任でしょ?
ん?…いや時計のせいだろ。俺、長いことイライラしてないし。
(笑い)
おお、夜が明けてきたぞ。
ほんとだ。…朝の空気って宝物よね。
そうか。…ちゃんと帰れるか?家(うち)どこだ?
近くよ。電車に乗って、二つ三つ行って、ちょっと歩いた…箱の中。
(笑い)なんだ、箱、出られるんじゃないか。
だからよ。出られなかったらよかったのにって話よ。
そうか?俺は楽しかったけどな。夜中にこんな場所で誰かに会えるなんて思ってなかったし。
今日のことじゃなくてよ。…ほんと?楽しかった?でも、きっと毎日だったらイヤになるわよ。そういうもんよ。
そうかな。…そうか?
…いつも、この辺にいるの?
…いや、時々。夜中に外に出たくなるときがあって。ここだったり、あとは、海のほうに行く時もある。
ふーん。…コップの橋の真ん中で会った相手にまた会いたいって思ったとして、でも相手がそう思ってくれなかったら残念よね。
会いに行ったらいいだろ?いっそ相手のコップん中で泳いだらいいよ。
水があふれちゃうわよ。
(笑い)こわがりか?
(笑い)こわがりよ。…さて、…帰ろ。
じゃぁな。
時々はいるの?
ここに?…ああ、時々はいるよ。また、来るか?
来ない。
そうか。
来るかもしれない。(笑い)でも居ないかもしれないもんね。
ああ。…居るかもしれないぞ。(笑い)
どっちでもいいよ。(笑い)じゃぁね。
おお、またな。
終わり