852話(2012年7月28日 ON AIR)

「記憶違い」

作・田中次郎(サワガレ)
最初から、ほんの少し、軽いノイズがかかっている。
・・・・・・あれ?
何、話してたか覚えてる?
え?
え、じゃなくてさぁ、今、俺と喋ってたこと。
・・・ごめんなさい。覚えてない。
・・・ハハハ!やっぱ本当なんだー、よかったよかった、ハハハ!
あなた、誰なの?どうして私の家にいるの?
うわ、ひっでーなぁ、友だちに向かって。
友だち?あら、ごめんなさい・・・私、あなたと何を話していたの?
いや、特に何も。ただ、最近ここらへん怖いやつがうろついてるって話してだだけ。
そう・・・そう、そうなの、ごめんなさい、私、昔、交通事故にあって、記憶が1分ももたないの・・・
うん、ハハハ、それも何度も聞いたよ
ごめんなさい・・・
あ、ちょっと、トイレ借りるわ。
ドアの開閉音。
何を話していたの・・・?あら、手に、何か書いてある・・・「ポケットに、録音装置が二つ入っている。」そうだ、(ゴソゴソ)録音、出来てるかしら・・・少し巻き戻して・・・
キュルキュルキュル。ガチャッ。ノイズ強くなる。男の声は凛々しくなる。
僕は君のことが好きなんだ。結婚してくれないか。
そんな・・・さっき初めて会ったばかりなんでしょう?私たち。
君が忘れているだけで、僕たちはもう何年前から付き合っているんだよ。
そうだったの・・・ごめんなさい、覚えていなくて・・・
ゆっくり考えてくれ。ちょっと、トイレを借りるよ。
ガチャッ。
結婚・・・?私、あの人と結婚するの?
男、さっきより大分明るく、大阪弁。
いやー、えろうお待たせしてすいませんでしたな!よっしゃ、ビジネスの話をしましょか。
ビジネス?
なんや忘れたんかいな、一緒に商売始めようって話してたばっかりやないの奥さん。
奥さん?・・・私、あなたと結婚するんじゃないの?
え?
あなた、どうして関西弁を喋っているの?
え!?・・・なんで、覚えてる?
それは・・・・・・あれ?あなた誰?
・・・・あーびっくりしたぁ!!
何?何なの?あなた、誰なの?どうして私の家にいるの!?
ごめんなさい、いやあのね、僕、ただエアコンの修理に来ただけなんです。ほらこれ、ドライバー、ね?でもあなたが記憶があれだっていう話を聞いて、つい面白がって、いろんな人になりすまして話をね。
ひどい!どうしてそんなことするの!?
いや、どうせ忘れるって思ったから、
帰って!
帰ります、帰ります・・・あの、トイレ借りていいですか?
早くしてください!
ドアの開閉音。
あら、手に、何か書いてある・・・「ポケットに、録音装置が二つ入っている。」そうだ、(ゴソゴソ)録音、出来てるかしら・・・最初に巻き戻して・・・
ガチャッ。ノイズ強くなる。男は打って変わって乱暴な声。
おらおらああ!!
ごめんなさい!ごめんなさい!
おうこら、おとなしくしやがれこの野郎!
ごめんなさい、そんなに怒鳴らないで!キャッ!
いいか、トイレ行ってくるけど、絶対逃げるんじゃねえぞ。(バタン!!)
ガチャッ。
逃げなきゃ、逃げなきゃ・・・・・あれ?
トイレの流れる音。ドアの開閉音。ここからノイズが少しずつ強くなる。
あなた誰?
なんだ、兄の顔を忘れたのか?
あれ、ごめんなさい・・・あれ?あなた誰?
なんだ、父親の顔を忘れたのか。
あれ、ごめんなさい・・・あれ?あなた誰?
なんだ、国王の顔を忘れたのか。
あれ、ごめんなさい・・・あれ?あなた誰?
ワレワレハ、ウチュウジンダ。
あれ、ごめんなさい・・・あれ?あなた誰?
\a@ ,fk:pkflfma;(意味不明)
あれ、ごめんなさい・・・あれ?あなた誰?
ガチャッ。それまでかかっていた薄いノイズも消える。
こんなもん録ってたんだ。
終わり。