853話(2012年8月4日 ON AIR)
「なみだ と ほほえむ」

作・ナカタアカネ

  
 

うるさいという程でもないが、屋内で人が行き交うような・・・
小さなざわめきが聞こえてくるがドアがパタンと閉じられると、
それも消えてしまう。

  

あのね・・・・・・お願いがあるの。

何・・・・・改まって?

手紙、書かない?・・・・・お互いに書く、手紙。

手紙、ね・・・・・うん、いいんじゃない。

(遮るように)もっと真剣な手紙・・・・上手く言えないけど。
結婚するって決まってから・・・・・なんか、あっという間だったじゃない。
初めてのことばっかりで・・・準備に追われて・・・・気付いたら、もう今日になってる。
なんだか・・・・このままでいいっていうか。

(焦りながら)え・・・・・ミカちゃん・・・・・・ひょっとして、今マリッジブルーに?

もう・・・・・そうじゃないってば。
ケンタ君のこと、勿論好きだし・・・・これからも、ずっと一緒にいたいし。
でも・・・・今・・・・自分自身と相手に向き合う時間が、必要なんじゃないかなって・・・・・とにかく、忙しかったし。

そう・・・・・・だったよね。

うん・・・・・だから、気付いたら結婚式が終わって、「新しい生活」になってるっていうより、今ちゃんと・・・・・真剣に考える時間、欲しいなって。

うん・・・・・分かった。
オレも・・・・いつもより本気でちゃんと向きあってみるね。

ありがとう・・・・・じゃあ、これ。

  
 

女、便箋を差し出す。

  

用意、いいね。

でしょ。

  
 

チクタクチクタク。時計の音がする。

  

それから、黙ってペンを持って便箋に向かう、私達。
時計の音が、規則正しい時間を刻む。
これからの私達の時間もこうやって刻まれていくのかな。
時間って・・・・・あっという間なのに、今はとっても遅い。
早く進みもしないし・・・・・かと言って・・・・時間が、巻き戻ったりもしない。
あ・・・・・・なんか、気付いたら・・・・・お父さんのことばっかり書いちゃってる。
来て欲しかったなあ・・・・お父さん。
ケンタくんのお父さんも・・・・・残念なことに急に入院になっちゃったし。
でも、すぐに退院できるって・・・聞いてホッとしたけど。
結婚式に、お父さんがいるってどんなものか味わえるって・・・・・・思ったんだけどなあ。
お父さん・・・・・小さい頃から、私の前からいなくなった・・・お父さん。
お母さんが、ずっとついてくれてたけど・・・・・やっぱり寂しかったなあ。
お父さんが・・・・・ちゃんと色んなもの残してくれたから学校も行けたし、こうやって立派なところで・・・・・もうすぐ結婚式、挙げれるんだよね。
お父さん・・・・・・・って、どんな感じだったのかな。
もし子供が出来たら・・・・・ケンタくん・・・・・どんなお父さんになるのかな。
変なの・・・・・・お父さんのことばっかり。

  

・・・・・・ミカちゃん。

どうしたの、ケンタくん・・・・・手紙、もう書けたの?

ミカちゃん・・・・・・結婚式、おめでとう。

え・・・・・・・。

お父さんのこと、いっぱい思い出してくれてありがとう。

え・・・・・・お父・・・・さん・・・・・なの?

うん・・・・・・ちょっとだけケンタくんには悪いけど体、貸してもらった。

お父さん・・・・・いきなりだよ。
ずっと・・・・・・会いたい時も、いなかったのに・・・・・ずるいよ。

ああ・・・・・もう泣いちゃって・・・・・目が腫れたらせっかくの可愛い顔が台無しになっちゃうでしょ。

だって・・・・・。

お父さん・・・・・・ちゃんと見てるから。
どんな時も、見てるから・・・・・・・おめでとう。

ありがとう・・・・・お父さん。

  
 

チクタクチクタク。

  

どうしたの・・・・・ミカちゃん、そんなに泣いて。

え・・・・・お父さん・・・・・だって・・・・。

お父さん・・・・・?

あ・・・・・ケンタくん・・・・・・ううん、なんでもない。
(笑って)ありがとう・・・・・ケンタくん。

何・・・・・改まって。

ううん・・・・・何でもない・・・・手紙書こう!

うん・・・・・・オレ、ミカちゃんの笑ってる顔が好きだよ。

ありがとう。

  
 

2人、微笑み合う。

  
  
  
終わり