87話(1997年11月28日 ON AIR)

「HELLO,EARTH」

作・右来 左往
気がかりな女性がいた。その夜、帰宅途中の僕が、小高い丘にある公園を横切る時、三脚を立てた望遠鏡で、夜空を覗いているのだ。いや、違う。彼女の覗く望遠鏡の角度からいって、星を観察しているようではない。どうやら丘の対面に遠くある、高層団地群の一角を覗き見ているようなのだ。
この公園を通る時、いつも僕は、団地の明りのついた光輝く高層群を、まるで映画の「未知との遭遇」に出てくる、飛び立つ前の巨大なUFOのようだと思っていた。そんな団地を覗き見している女性。僕は勇気を奮って声をかける。
「UFOの観察ですか?」
「のぞき」よ。
二の句の告げない僕に、彼女はにっこり振り返ってこう答えた。
そう、「のぞき」。世間ではね。
でも、これでも私、「星」を観察してるつもりなの。
「星」?
……そう、「星」。あの団地の群れが銀河。そして、あの一つ一つの窓の小さな明りは「銀河」を彩る星々。いろんな星があるわ。一家団欒の明るく輝く星もあれば、たった一人で住んでいる孤独な星もある。ほら、「星の王子様」ってお話があるでしょ。あの少年の住むβー612みたいな星。二つの活火山と休火山が一つ、小さなバラの花が一本、時々芽を出すバオバブの木があるだけの小惑星。私はもっぱらそんな孤独な星を見るのが好きなの。
彼女はそう言うと、望遠鏡の焦点を合わせて、僕に覗いてみろと勧める。
団地の小さな窓から見える光景は、熱帯魚が泳ぐ水槽をみつめている若者。
あの子は高校生。一晩じゅうずっと、ああしている。自分が熱帯魚になったみたいに水の星に住んでいる。
彼女は次に焦点を合わせる。
家具が何もない、真っ白な部屋でぼんやりしゃがんでいるサラリーマン風の男。
あの星は空っぽ。部屋にある物をどんどん捨てちゃったの。ね、こころなしか回りより白っぽいでしょ。物の影がないから。一種の砂漠ね。あの星に草木が生えるには、まだ少し時間がかかりそう。
観葉植物の緑に囲まれて、どうやら紅茶を一人飲む女性。
まるでジャングルね。
なるほど「星」だ。あの窓の向こうでは、孤独な小惑星の住人が、僕らに見られてるとは知らずにひっそりと住んでいる。彼等、一人一人が現代の「星の王子様」や「王女様」。時のたつのも忘れて、僕はいろんな思いを巡らせて、「星」を観察した。
ほら、見て。
彼女は僕に促す。
私の一番好きな時間が来たわ。
見ててね、もうすぐ団地の星たちは次々にまたたいて消える。ほら、一つ、ほら、二つ、三つ……。みんなは眠りに就くのね。まるでブラックホールに吸い込まれるように窓の明りが消えていく。でも、今わたし達が見た、孤独なあの窓たちだけが、一晩じゅうポッカリと明るいの。
そして、小惑星の明りを残して、団地の明りが消えてしまうと、入れ替わるようにして、高層団地群の夜空に、本当の「銀河」が瞬きはじめる。
そうして、あの人たちの窓明りは銀河の星達と一体になる。時の流れが止まって、今と、何万光年かなたの見分けがつかなくなる。その時、私は思うわ。
あの人たちは、決してたった一人っきりじゃない。目に見えない何かに包まれ、何かでつながっているんだ…って。
僕は、彼女の横顔に尋ねてみた。「君はどの星に住んでいるの?」
私?私は……。
彼女がさした指先を目で追う僕は、星空を見上げていた。「え?」と、振り向くと、……彼女も望遠鏡も消えていた。もう一度、星空を見上げる僕の目にサーっと流れて消える流れ星が飛び込んできた。
……いや、あれはUFOだったのかもしれない。
私はここ……。
取り残された僕の耳に、彼女の声が、宇宙の方から聞こえてきたような気がした。
終り。