868話(2012年11月17日 ON AIR)
「十一月の散歩」

作・田中 遊(正直者の会)

  
 

十一月になって、二人は、今それぞれ別の道を歩いている。
女は河川敷を。男は住宅街を。二つの足音。散歩。
散歩をする時。人は考える。思いをはせたりもする。別の場所を散歩する二人のそれ(思い、考え)がたまたま重なったりテンポが合う事は、(確認しようがないけれど)実はよくあることなのではないだろうか?恋人同士であった女と男なら尚の事・・・

  

川。の流れ。鳥の鳴き声。足音。テンポよく。地面を踏んで。芝生。時々休んで。ベンチ。読書。自転車。テニスコート。

モデルハウス。坂道。スケートボード。

ゲートボール。

ガードレール。

立ち入り禁止。

カーブミラー。

「芝生養生中」「球技禁止」「広域避難所」

校舎・・・小学校?・・・。

  
 

学校のチャイムが鳴る。休み時間。子供達の声。

  

(笑)歓声。幼さ。の、正しさ。

石碑に刻まれた

「友愛」

友情と

郵便ポスト

愛情と

屋上の洗濯物。黄色いTシャツ。

黒いスパッツ。ランナーのサングラス。あなたの横顔。十一月の風。

  
 

風が舞い上がる。二人の「思い」をさらって過去へと運んでいく。

  

室外機、電信柱

高く・・・

ヘリコプター

右足

左足

右足

左足

右手

左手

手袋は

外して

つないで

いた

はず

  
 

  

れた

金網。公園の真ん中の水銀灯の

滑り台と私とあなたと

暗がりと

ソレガセカイノスベテデ

ナイロンのこすれる音。カサカサのクチビル。

シンパクスウ。

真っ赤な、・・・。真っ赤な、ナンテンの実。

  
 

風はカサカサとナンテンの葉をゆらし、そしてまたどこかに消えて行く。

  

ひらひらと。

てのひらを。

うん。

私は。大きく手を振る。

手を振る。テンポってもんが重要だ。

男女

右足。左足。右足。左足。右手。左手。手袋は。外して。

酒屋の前の自動販売機。

対岸。トランペットの音色。かっくい?・・・

「あったか?い」(自販機のボタンを押す)

川原。たき火のあと。まぁるい石ころ。

図書館へと続く道。・・・(笑)に、どっからかカレーの匂い・・・

せせらぎ。ささやき。

桜並木は春を待っている。

を聞きながら。

桜並木は春を待っている。

時たま思い出したりしながら。

  
 

足音。男女はそれぞれ別の道を歩いてゆく。

  
  
  
終り