88話(1997年12月5日 ON AIR)

「猫の喫茶店」

作・み群 杏子
信じてないんだろ?そりゃ、そっちの勝手だけどさ。
…そんな顔するなよ。いいよもう。…え?だからいいって…わかったよ。じゃ、話すよ。始めからちゃんと、分かりやすくね。
もう、半年になるかな。あの夢を見るようになってからさ。
感じのいい喫茶店なんだ。マスターもウェートレスもね。
ただ、どっちも猫なんだよ。夫婦なのかな。よくわかんないけど。仲いいんだ。それが、マスターの方がさ、俺ン家にいたプータなんだ。18年生きて、去年死んじゃったんだけど。
店の様子ははっきりと覚えてるの。だって、一度や二度じゃないのよ。もう繰り返し同じ場所ばかり夢に見るんだから。木製のテーブルとか椅子とか、古ぼけているんだけど、なつかしいの。落ち着くの、すごく。
窓際の席に座ると、ウェートレスが注文を取りにくるの。
それが猫なの。よく見ると、私が小さい頃飼っていたちいちゃんなのよ。
ちいちゃん、こんなとこにいたんだって嬉しくなって、私、ミルクティを一つねって言うの。黄昏時だった。
窓から夕日が差し込んで、お店全体が古い写真みたいで、あ、これってどこかで見た感じって思うの。先客がひとりいるの。若い男の人。
でさ、コーヒー飲んでると、客がやってくるわけ。
かわいい女の子なんだよ。で、俺、その子に話しかけるんだ。
どんな話をしたのか覚えてないんだけど、とにかくその人と話がはずんで、またここで会いましょうねって言ったの。それからはいつもよ。いつも彼と一緒。
いつのまにか彼女とは恋人同士ってことになっちゃっててさ、プータの店で待ち合わせてるんだ。客なんて他に誰もいないんだよ。彼女と俺だけ。プータとウェートレスが暇そうにトランプ占いをしてるんだ。
この間行った時には、ストーブが入っていたわ。そのストーブの上でね、ちいちゃんがパンを焼いてくれたの。
夕焼けが、いつのまにかオレンジマーマレードに変わっていて、それをつけて食べるわけ。もうおいしくって、私たち、何枚も何枚も食べちゃうの。
食べながら、いろんな所に行く相談をしてるのよ。映画とか遊園地とか海とか山とか。でも、夢のなかではどこにも行かないの。二人で、窓際の席にじっと座って、夕焼けのなかで、パンを食べているの。
そのうちに私、帰る用事を思い出すのね。あ、お買い物に行かなくちゃって。帰りたくないんだけど、でも帰らなくちゃいけないの。
俺さ、なんだか本当にあるような気がするんだよ。
わかんないけど。どこかにあるんだよ、あの店。
じゃなけりゃ、同じ夢、何度も見るわけないだろ。
店の場所?どこだろう。そういえば…窓から何か見えてたような気もするけど。
昨日、初めて気がついたの。いつもは話に夢中で窓の外なんて見たことがなかったのよね。街路樹の木の葉がすっかり落ちてしまっていて、あ、ここももう冬なんだって思ってたら、通りの向こうから人が大勢歩いてくるのよ。見たら、駅があるんじゃない。
駅だったんだよ。彼女が見つけたんだ。でも、二人とも駅の名前がわからなくて、おい、プータって呼んだんだ。教えろよってさ。
ちいちゃんに聞いたの。ねえ、あれはどこって。
プータとウェートレスが同時にこっちを見たんだ。
その時、ちいちゃんが何か言ったの。聞き取れないほど小さな声だった。でも、私には分かったの。それがどこかってことが。
なんだ、その駅なら知ってるぜって、思ったよ。
明日、私、行ってみるつもりなの。きっと見つかるわ。
そのお店。
信じてないんだろ。そりゃ、そっちの勝手だけどさ。
俺、明日、行ってみようと思ってるんだ。駅前にある筈だよ、あの店。プータがやっている、夕方だけの喫茶店がね。
END