884話(2013年3月9日 ON AIR)
「ほろにが・マシマロ」

作・ナカタアカネ

  
 

新聞紙を広げてる音。
バタバタと足音が聞こえる。

  
ちーちゃん、おはよう・・・・朝から元気いっぱい・・・・。

少女(遮るように)ね、今日は何日!?

えーと(新聞の日付を確認して)9日の土曜日だよ。

少女(しょんぼりしながら)・・・・・そうかあ。

ちーちゃん・・・・・どうしたの?

少女どうもしないもん・・・・・。

さては・・・・日曜と勘違いしちゃったんだな。
ちーちゃんが好きな魔法少女のアニメやってるし。
慌てちゃって、ちーちゃんらしいなあ。

少女ちがうもん・・・・それも好きだけど・・・・そうじゃないもん。

え、違うの・・・・・?

少女早く・・・・・14ニチにならないかなあ・・・・。

え?

2人共、朝ごはん、出来たわよー。

男・少女はーい。

  
 

ガチャガチャと食器類の音が聞こえてくる、食事の風景。

  
「14ニチ・・・・・14日だよな・・・・・何かあったっけ?
休みでもない平日だから、遊びに連れてく約束もしてないし・・・・・・なんだろ?
14日・・・・・14日・・・・・国際結婚の日、数学の日、円周率の日?
πが3.14だから・・・・・なるほどねって・・・・・3月14日!?」

  
ちーちゃん・・・・分かったぞ!ホワイトデーでしょ?
クッキー、キャンディ、チョコいや・・・・・ここは正統派にマシュマロかな。

少女・・・・・・・・・・。

あれ・・・・・あんまり嬉しそうじゃないな・・・・違うのがいいのかな?

少女そんなことないよ・・・・ちょっと、違うの。

  
 

少女、バタバタと違う部屋に行ってしまう。

  
(困って)えーと・・・。

(笑いながら)残念ながら、ちーちゃんが待ってるホワイトデーのお返しは、また別なのよ。

え、分かるの!?

  
 

ピンポーンとチャイムの音。

  
はあい。

何なんだろう・・・・何が違うのかなあ。

ちーちゃん、山内くんが来てくれたわよ。

少女わー!

  
 

慌ててバタバタと走っていく音とドアがバタンと閉じる音。

  
山内くんって?

お隣さんの男の子。

ああ、メガネかけた賢そうな子。
いつもすれ違ったら丁寧に挨拶してくれるいい子だよね。

そう・・・・彼が、ちーちゃんが待ってる王子様よ。

お、王子様・・・・・・そ、そんなの・・・・・は、早いよ!

あら、恋に年齢は関係ないじゃない・・・・・でも、残念よねえ。

え・・・・・残念って?

  
 

ガチャリとドアが開く音。
少女、泣きながら戻ってくる。

  
わーん・・・・山内くんが・・・・山内くんが!

え・・・・・どうしたの?

少女山内くん、今日で引っ越しちゃうんだって・・・・・だから、早いけどってお返しもらったの・・・でも、やだあ!

そうなんだ・・・・・・ほんと、いい子だなあ山内くん。

ちーちゃん泣かないで、そんなお顔でサヨナラしたら山内くんも悲しくなっちゃうよ?
ほら、涙、拭いて・・・・・「またね」って手を振ってあげなきゃ。

  
 

女、ガラリとベランダの窓を開ける。

  
少女うん・・・・山内くーん、また会おうね!元気でねー!バイバーイ、またね!

  
 

車のエンジンの音、やがて行ってしまう。

  
少女行っちゃった・・・・・。

ちーちゃん、偉いぞ・・・・・頑張ったから、今日は・・・・。

(遮るように)すき焼きよ!

少女ほんと・・・・・やったー!

もう、まいったなあ。

  
 

3人、笑う。

  
  
  
終わり。