893話(2013年5月11日 ON AIR)
「バナナと皮」

作・ピンク地底人3号
ゲスト出演・秋津ねを(ねをぱあく)

ナレく

とあるスーパーにバナナが一つ入荷しました。

  
バナナの中身く

ここはどこだろう。バナナの皮君。

バナナの皮く

日本のスーパーさ。バナナの中身君。

バナナの中身く

とても寒いよ。バナナの皮君。

バナナの皮く

陳列台のクーラーがとても効いているんだよ。バナナの中身君。

バナナの中身く

ブラジルに帰りたい。

バナナの皮く

もう無理だよ。僕らは日本人に食べられるんだ。別にいいじゃないか。ブラジル人に食べられようが日本人に食べられようが、
君は優秀なビタミンEを持ったバナナの中身として、
きっと天寿を全うできるんだから。

バナナの中身く

俺はブラジル生まれのブラジル育ちだよ。バナナの皮君。
ひ弱な日本人に食われるなんて真っ平ごめんだ・・・
きっと、きっと俺は寿司にされる。

バナナの皮く

バナナの寿司なんてこの世にはないさ。

バナナの中身く

日本人はね、創作寿司、とかいって、
試しになんでもかんでもシャリの上に載せるんだよ。
きっとチョコレートソースをかけられるんだ。

バナナの皮く

君はナーバスすぎる。

  
ナレく

すると男がやってきて、一本のバナナを持ち上げました。
男はじぃっとバナナを見てます。

  
バナナの中身く

いったい何が起きている?
俺はなんたってバナナの中身だから外のことが見えないんだ。
不安定だよ。バナナの皮君。不安定な感じがする。

バナナの皮く

日本人に見つめられている。どうやら僕らを買う気らしい。

ナレく

男はバナナを買いました。

  
バナナの中身く

もうおしまいだ。

  
ナレく

男はヘリコプターの操縦士でした。 なかなかに体力のいる仕事なので、
操縦士にとって、バナナは必要不可欠な果物です。

  
 

ヘリコプターの旋回音が聞こえてくる。

  
バナナの皮く

もうすぐお別れだね。バナナの中身君。

バナナの中身く

俺は、ずっと、ずっと夢見ていたんだよ。誰かが君をむく瞬間、
俺の視界のその先に、ブラジルの太陽があることを。

バナナの皮く

ブラジルの太陽も、日本の太陽も、どこも同じさ。

  
ナレく

操縦士がバナナを鞄から取り出しました。
そしてゆっくりと、バナナの皮をむきました。

  
バナナの中身く

さようなら。バナナの皮君。今まで俺を守ってくれてありがとう。

バナナの皮く

さようなら。バナナの中身君。今まで君を守れて幸せだった。

  
ナレく

操縦士はバナナを食べ終えると、
ヘリコプターの窓からバナナの皮を投げ捨てました。

  
 

バナナの皮が落ちていく音。

  
ナレく

太陽が、落下していくバナナの皮を照らしています。
バナナの皮は思い出していました。相棒との栄光の日々を。

  
バナナの皮く

あれはきっと、ブラジルの太陽さ。

  
  
終わり