898話(2013年6月15日 ON AIR)
「女神」

作・朝田大輝(The Stone Age)

ありえへん!

  
 

――男が池のほとりで憤っている。

  

こんな振られ方ある? プロポーズの言葉も婚姻届も婚約指輪も全部無駄!
こんなもの、こんなもの、こんなもの!

  
 

――男、婚姻届を粉々に破り捨て、婚約指輪も池に投げ捨てる。

  

俺はもう終わりや……

  
 

――すると風が吹き水面が割れ、ファンタジックなSE。池から女神が現れる。

  
女神

そなたよ

マジかっ! め、女神!?

女神

そなたが落としたのは、この金の指輪か、それともこの銀の指輪か、
それともこの指輪っぽいものか?

指輪っぽいて何やねん、指輪や! それです

女神

おお、なんと正直な者でしょう。そなたにはこの金の指輪と銀の指輪と、
びっくりするくらいこんまいダイヤが乗ってる指輪、全て差し上げよう

失礼か! 人の給料3ヶ月分を!

女神

僕、がんばったねえ

大人や! 子供が3ヶ月こずかい貯めて買ったみたいな扱いやめ!

女神

受け取るがよい

要りません

女神

なぜじゃ?

プロポーズを断られたんです、もう僕に婚約指輪は必要ないんです

女神

そなたが言ったプロポーズとは「一緒になろう」か、
それとも「毎日味噌汁を作ってくれ」か
それとも「恋人でいることに飽きた、結婚しよう」という、さっむい言葉か?

寒い言うな! それや!

女神

おお、なんと正直な者でしょう。そなたにこの新しい婚姻届けを差し上げよう

イヤミか! もう思い出したくもない

女神

どうしたのじゃ?

遊ばれてたんですよ

女神

え、うっそマジで?

なんか急にキャラ変わったな

女神

どういうこと?

二股かけられてたんです。

女神

二股ぁ!

「あんたは遊び、あんたみたいな甲斐性なしが本命なわけないやん」て……

女神

まあ、その指輪見たら、そうやなあ

復讐したる

女神

マジで? なんかすごい話になってきたな。え、ちょっと飲みに行く?

行くか

女神

ちょっとじっくり聞くわ。とりあえず上がるわ。寒なってきた

  
 

――女神、池から上がる音。

  
女神

で、復讐って何すんの?

あいつの本命男にこのこと全部バラすんですよ!

女神

しょーもな。やめときやめとき。そんなんしても虚しいだけやで。
いつまでも引きずってんと新しい恋探し

でも!

女神

きっと自分のそのさっむいプロポーズの言葉を、暖かく受け止めてくれる人もおるって

女神さん…………好き

女神

惚れっぽい奴か! 私は無理やで、これこれ(薬指の指輪)

結婚指輪? 女神も結婚とかするんですね

女神

まーねー

なんか元気出てきました

女神

がんばれ!

ありがとうございます! 俺、新しい彼女できたら報告に来ます! じゃ!

  
 

――男、走って去っていく。

  
女神

がんばれよー! 女神が結婚か……。
まさか女神が忘れられへん恋を引きずってるとは思わへんやろな……。
いい機会かもな。私も新しい恋探してみよっかな。えい!

  
 

――女神、指輪を池に投げ捨てる。すると風が吹き水面が割れ、ファンタジックなSE。
池から男神が現れる。

  
男神

そなたが落としたのはこの……

女神

マ、マジかっ!!

  
  
おわり