904話(2013年7月27日 ON AIR)
「雨の向こう」

作・ナカタアカネ

  
 

雨が降りしきる音。
ガラリと窓をあける音。

  

・・・・・・いい、お天気になりますように!

  
 

雨はやまない。

  

今度こそ・・・・・雨がサーッと引いて、パーッと晴れるから。
いいお天気に、なりますように・・・・!

  
 

遮るように更に、雨音が激しくなる。
慌てるかのように窓を閉める音。同時に雨音は遠くなる。

  

ちょっと、休憩しましょう。

(大きな溜息を付いて)・・・・・・・・なんでかなあ。

あの・・・・私、思ってませんから。

えっ?

雨が降ればなんて・・・・・うっかり・・・・いえ、絶対思ってませんから!
毎日・・・・絶対、晴れになりますようにって空に向かって祈ってたんです。
うっかり思ったら雨が止まないってあったけど、絶対違いますから!

そんなこと疑ってないから・・・・そもそも、雨が降るなんて、思い込みだよ。

先輩だって、人のこと言えます?

いや・・・・・僕の「晴れ男」は個性で、君のはただの思いこみでしょ。
「雨女」って本来は、大事なイベントに限って雨が降るから・・・・・あ。

私・・・・本当の意味で・・・・「雨女」に、なっちゃったんですね・・・・。

みたいだねえ・・・・・(慌てて)いや、そんなの、偶然だって。

(遮るように)大事なイベントというイベントの中でも、一番肝心なのに限って・・・・・・有事の事態に備えて、ジューン・ブライドを外したのに。
ガーデンウェディング・・・・チャペルから出てきて・・・・
青空の下でブーケ投げたかったなあ。

ねえ・・・・・人の話、聞いてる?っていうか、なんだか、過去形になってるし。

だって・・・・・正真正銘の「雨女」になったんですよ。
おまけに、先輩・・・・もう「晴れ男」じゃなくなっちゃってるし・・・・。

・・・・・・ごめん。

あ・・・・・・ごめんなさい。

え?

なんだか・・・・・自分のことばっかり・・・・・ですよね。
残念なのは、先輩だって一緒なのに・・・・ごめんなさい。

だって、今日は・・・・・君が主役なんだから、そうなるのも仕方ないよ。

でも・・・・・。

1つ・・・・・聞いてもいい?

はい・・・・・どうぞ。

もし・・・・・もしもだよ、このまま僕が君の思う様な「晴れ男」じゃなかったら、どうする?

え?

例えばだよ・・・・・新婚旅行に行ったとして、今みたいに雨が降ったら?
将来子供が出来て・・・その子が遠足とか運動会とか、とにかく大事なイベントがあって・・・・・でも雨で・・・・・
なのに、僕がそれでも「晴れ男」じゃなかったら・・・・・・君、どうする?

そんな時は・・・・・・・。

そ、そんな時は・・・・?

相合傘で過ごせばいいんです。

え?

子どもが・・・・・出来たとして、もし雨ばかりになっても・・・・その子が雨が好きになってくれるような、可愛い雨合羽と長靴みつけたらいいかなって。

でも・・・・・今はそう思っても・・・・・全く晴れなかったら・・・。

そんなの、関係ないです。

え?

だって・・・・・・私が好きなのは「晴れ男」じゃなくって、先輩なんですから。
晴れでも曇でも・・・・・そして雨でも・・・・・天気が変わたって、私の気持ちは変わりませんから。

  
 

2人、微笑み合う。

  

でも・・・・。

でも?

逆に・・・・私が、ずっと「雨女」だったら・・・・先輩、どうします?

知りたい?

はい・・・・。

そんな時はね・・・・・・。

  
 

男、勢い良く窓ガラスを開ける。降り続く雨。

  

いい・・・・・お天気になりますように!

  
 

雨が止む。

  

たまには失敗するかもしれないけど、そんな時は・・・・頑張ってみるから。

わあ・・・・・すっごくカッコイイです。

・・・・・・・でしょ。

  
 

2人、窓の外の向こうにかかる虹を見ている。

  
  
  
終わり