913話(2013年9月28日 ON AIR)
「離さないで」

作・ピンク地底人3号
ゲスト出演・田所草子(テノヒラサイズ)

車を運転している人はわかると思う。道路にたまに落ちているあれ、何なんだろう。

  
 

車が停まる音がする。

  

俺はそれをわざわざ拾って持ち帰った。どうしても気になったのだ。

女の子

お父さん。

夜、寝ていると隣で女の子が眠っている。

女の子

お父さん。起きてる?

・・・・なんだ、おまえか。

女の子

眠れないの。

黙ってりゃあ何時の間にか眠ってるよ。

女の子

手、握って。

え?

女の子

いいから。

  
 

男は女の手を握る。

  
女の子

明日、楽しみだね。

うん。ペンギン、見るぞ。

女の子

いるかな。

ペンギンのいない水族館はないだろう。

女の子

もしかしたら全員風邪をひいてるかもしれない。

ペンギンは風邪なんかひかないよ。

女の子

行くときに、風邪薬、買って行こうよ。

好きにしなよ。

女の子

明日行く水族館、広い?

うん。日本で一番広いって。クジラも2頭いる。

女の子

迷子ならない?

おまえなら、なるかもな。

女の子

手、離さないでね。

  
 

朝がやってくる。

  

目が覚めると俺は、昨日拾った手袋を握っていた。とても小さな手袋だった。
俺はポケットに手袋を入れて、車に乗り、水族館へ向かった。
俺は悲しくなるといつも水族館に行く。

  
 

誰かの泣き声がする。

  

どうしたの?

女の子

お父さんとはぐれちゃったの。お父さん、知らない?

わかった。一緒に探してあげよう。ほら。手をつないで。こっちだよ。

  
 

車の音がする。

  

俺にもね。娘がいたんだ。君にそっくりの。
とてもペンギンの好きな子だった。

女の子

その子はどこにいるの?

たぶん、遠いところ。

女の子

・・・ねぇ。お父さんはどこ?

教えてほしい?

女の子

どこにいるの。

じゃあ代わりに君のつけてる手袋、片方でいいからくれないかな?

女の子

あげたら教えてくれる?

おしえてあげる。

俺は車のサイドウィンドウを下げると、
彼女にもらった小さな手袋を道路に捨てた。

  
女の子

ねぇ。お父さんはどこ?

きっと見つけてくれるよ。

  
  
終わり