925話(2013年12月21日 ON AIR)
「甘いぜ!セブンティーン!」

作・本間広大(ドキドキぼーいず)

  
 

【1】

  
  
 

下校のチャイムの音。部活動を終えたばかりの生徒達の声が聞こえる。

  
男の子

…お疲れ様……ふぅ…。

女の子

…あ…あの。

男の子

…。

女の子

あ、あ、あの!

男の子

…………西野さん…なに。

女の子

…えっと…部活、終わったんだよね?お疲れ。

男の子

お疲れ………で……なに。

女の子

…三浦くんってさ、帰り道、あっち、だよね?

男の子

…だから?

女の子

………一緒に帰ろ?

  
 

再び、下校のチャイム。

  
  
 

【2】

  
  
 

歩く音。

  
男の子

(…ん?……?え?え、ちょっと、え?ええええええええええええええ。うわ!
これテレビで見たことあるやつだ!うおおおおおおお!俺…俺…
西野さんと一緒に歩いてるぅ!マジかぁぁぁぁぁぁぁぁ!…いや、待て待て
落ち着け俺!たかだか…女の子が隣にいるだけじゃないか…って
落ち着けるかーい!俺興奮してるよ!くそう思春期め!
動悸が激しいぞこんちくしょう!)

女の子

…急にごめんねぇ。

男の子

(…だって!…西野さんだぞ…入学式の時に一目惚れした…あの…)

女の子

明日、地区大会だよね…頑張ってね!

男の子

(西野さんだぞぉ!)

女の子

…へっくしょん!…あ、ごめん。

男の子

(可愛い過ぎる…)

女の子

…寒くなってきたねぇ。

男の子

(…どうすればいい!…高校生活三年間すべて、サッカーに青春を捧げる
クール系男子というキャラクターで貫いてきた俺…
恋愛には興味がないフリをしていた…。)

女の子

…冬ってお鍋が美味しいよねぇ。三浦くんは、お鍋好き?

男の子

(このようなイベントは、クールにスルーしてきた…でも…西野さんだぞ…)。

女の子

あ、ごめん、どうでもいいか。

男の子

(うううううううーどうでもよくない!こたつでお鍋食べたいよぉ!
一緒に食べようよう!くそう!)

女の子

……。

男の子

(…ち、沈黙…………や、やばい!西野さんが下を向いた!)

女の子

…。

男の子

(くっそー本心を伝えたい!いちゃいちゃしたい!ちゅーしたい!
でも、キャラ的に、駄目だよなぁ……好きって言いたいよぉ!
でも言ったらカッコ悪いもんなぁ…あはん!どうしたら!)

女の子

………あの…三浦くん………………。

男の子

(…あーもう!くそう!誰だよぉ!誰が俺をこんなキャラに!怨む!呪殺してくれる!
誰だ!誰が悪いんだ!あれ?自分自身か!俺か!俺を怨む!馬鹿!)

女の子

…どうしたの?

男の子

クールなサッカー部だったらモテると思ったの!実際そうでもなかった!
もう!嫌!素直になりたい!好きな人に位好きって言いたいじゃん!もう!

女の子

…好きな人いるの?

男の子

西野さんだよ!………えぇ!?

女の子

……あたし?

男の子

(……やっちまった。)

女の子

…意外と、喋るんだね……。

男の子

………まぁ。

女の子

…あ、あたし、ここ、家だし……ばいばい。

  
 

走って行く音。

  
男の子

(……さよなら西野さん……)

  
 

走って来る音。

  
  
 

女の子、男の子の頬っぺたにちゅーする。

  
女の子

…地区大会、頑張ってね。

  
 

走っていく音。

  
男の子

…………西野さーん!優勝したら、俺と付き合ってくれ!いや!今すぐ付き合ってくれ!いや、そんなことよりもう一回ちゅーしてくれぇ!

  
 

走っていく音。

  
  
  
終わり。