939話(2014年3月29日 ON AIR)
「誰かの先回り」

作・ピンク地底人3号

借りたいビデオはいつも借りられている・・・畜生。

どうしたの?

まただ。またない。この前も借りようと思ってたのに。

  
 

二人は歩き出す。

  

たぶん延長してるんだよ。

いや違う。俺が借りようと思うやつはいっつもないんだ。

あんたはタイミングが悪いから。

そうか?本当にそうか?まだ新作映画とかならわかるよ。だってみんな見たいもん。
そりゃあ借りるさ。でも俺がいつも借りたいのは旧作映画だし。
しかもかなりマニアックなやつだし。え?今、それ借りる?ってタイミングのやつだし。

ねぇ。あたしこれ観てない。

ちょっと俺の話、聞いてる?

うん、聞いてない。

聞けよ。これは誰かの陰謀だぞ。

誰かって誰?

まさかお前じゃないだろうな?

あんたって本当に映画のこととなると面倒くさいね。

・・・あ。

何?

新たに観たい映画、思いついた。「小さな恋のメロディ」

あ。あたしも見たいかも。

今、棚にあると思う?あったらおまえの身の潔白は証明されるな?

  
 

二人は駆け足になる。

  

ち、ち、ち、ち・・・あ!!

あった?

・・・レンタル中。

あたし、あんたと別れようかしら。

あー!!!(と悶絶する)

  
 

すると遠くから店員の声。

  
店員

返却日は25日までとなっております。ありがとうございましたー。

  
 

エントランスが閉まる音。

  

・・・おい。見ろよ。今、借りていったやつ。あいつ、俺がビデオ借りに来るといつもいる・・・

はぁ?

あいつだ。

  
 

男は走りだす。

  

ちょっと!

  

俺は走ってそいつを追いかける。今日こそ一言いってやる!
レンタル中の恨みは恐ろしいんだぞ!言ってやる。言ってやる、言ってやる!
そしてとうとうやつの居場所を突き止めた!

  
 

ドアを勢いよく開ける音。

  

このやろう!!いっつも先に借りてんじゃねぇー!!

  
 

  

・・・あれ?ここって・・・俺んちじゃん!

ただいまー。

おい。どこ行った?あの男?

はぁ?何言ってんの?もう急に走り出して。頭おかしくなったかと思ったわ。

・・・あ。

  
 

ガサゴソと音がする。

  

「小さな恋のメロディ」・・・返却日。昨日まで・・・

・・・よし。別れましょう。

  
  
終わり