951話(2014年6月21日 ON AIR)

「水族館の夜」

作・ナカタアカネ
ゲスト出演・西原希蓉美(満月動物園)
ざわざわとした賑やかな音が聞こえてくる。
店員
いらっしゃいませ・・・お一人ですか?
少女
はい。
店員
お好きな席へどうぞ。
少女
ありがとう、クリームソーダ下さい。
店員
かしこまりました。
少女、ちょこんと席に座る。
ブクブクボコボコ・・・・席の横に張り巡らされたガラスの向こうで様々な魚が泳いでいる。
ゆっくりとジンベイザメが近づいてくる。
甚平
やあ・・・今週も来たね。
少女
えっ・・・・私のことわかるの?
甚平
勿論さ・・・・週に一回は必ずきているから。
そこに座って見る人は、観光客やたまに訪れる人達ばかりだからね。
少女
私・・・最初は正面で、大勢の人達の中であなたを観ていたの。
でも、皆があなたを観たがっているから、一番前で観ていると邪魔でしょう?だから、ここに来たの、気にせずあなたのこと見つめることが出来るから。
甚平
そう・・・・僕も君のことよく見えるから、ちょうどいいね。
少女と甚平、静かに笑う。
店員
お待たせいたしました。
少女
ありがとう。
甚平
いつも、それ頼んでるね・・・・なんていう食べ物・・・・?
少女
クリームソーダよ・・・・・食べ物というより飲み物かしら。
ううん・・・・違うわ、両方ね。
甚平
どれが食べ物だい?
少女
白くて丸っこいのがアイスクリームよ。冷たくて甘いの。
甚平
ふーん、その赤いのは・・・・大きいオキアミかい?
少女
うふふ、違うわ・・・・サクランボよ。
でも、私は苦手なの・・・・赤々しすぎて、ぶよぶよしてるもの。
甚平
そのブクブクしてるのは、飲み物ってやつかい?
少女
ええ・・・・・ストローで飲むと口の中でシュワっと広がるの。
甚平
色が海の色に似ているけど、海水じゃないんだね。
少女
そうね、似てるけど違うわ・・・うふふ。
甚平
ねえ・・・・聞いてもいいかい?
少女
なあに?
甚平
こんなに沢山の魚たちがいるのに、君は僕ばかり観ているの?
少女
そうね・・・・・よく分からないわ。
ただ・・・・あなたを観ていると・・・あの人に似ているなって。
甚平
どんな人なんだい・・・・・随分大きい人なのかい、僕ぐらい?
少女
背は高いけど、そこまでは大きくないわ・・・・・そうね、あなたの模様が似ているわね。
甚平
ん?
少女
ほら、あなたの全体にある模様みたいな服をいつも着ているのよ、その人。
甚平
ああ・・・・・聞いたことがあるぞ・・・・
「ジンベイ」っていう昔からある服と僕の模様が似ているらしいね。
少女
あら、よく知ってるのね。
甚平
僕達の名前は、そこから付けられたんだってね。
この間、沢山の子供達を引き連れてきた先生が、そう説明していたのを聞いたんだ。
でも、ここにはそんな服を着た人は見かけないなあ・・・・・
本当に着ている人っていたんだね。
少女
そうね・・・・・ここに来る人達は、オシャレしてくる人が多いから、いないかな。
甚平
あはは・・・・・心外だなあ、僕の模様はオシャレじゃないみたいじゃないか。
少女
ごめんなさい、そういうことじゃないのよ。
甚平
じゃあ、今度その好きな人を連れてきてよ・・・・「ジンベイ」を着たその人と。
少女
うん・・・。
甚平
あ・・・・・飼育係さんが呼んでいる・・・・みんな待ってるみたいだから、行ってくるよ・・・・またね。
少女
またね・・・・・。
ボコボコ・・・・・ジンベイザメは泳いでいってしまう。
少女
(大きな溜息を付いて)・・・・・・・。
青年
やあ。
少女
あ・・・・・・。
青年
ここにいるって聞いて、探しに来た。
少女
そう・・・・ありがとう。
青年
あの時はごめん・・・あの・・・。
少女
(遮るように)もういいよ・・・・・座って。
青年
うん。
少女
一緒に甚平さんみよう・・・・・きっと彼も、あなたのこと喜ぶわ。
青年
え?
少女
甚平を着たあなたのこと、喜ぶよ。
青年
え、そうなの?
少女
なんでもない・・・・。
少女、思わず少し笑ってしまう。
つられて青年も笑う。
2人、話しながら水槽を眺める。
終わり