97話(1998年2月6日 ON AIR)

「小春日和」

作・飛鳥 たまき
(小春日和の昼下がり。
街を見下ろす丘の上の神社。
鳥が鳴いている。
木綿子がならす鈴の音、柏手2回)
木綿子
「県大会いけますように…学年末試験、助けてください…ジョニーがかわいい子猫を産みますように…集平たちが今年こそ一勝できますように…………おばあちゃんが早く元気になりますように………集平と…ずっと一緒にいられますように…」
(集平、木綿子の姿をしばらく見た後、柏手2回)
集平
「…木綿子と…」
(集平、鈴を何度もならす。鳥の声。二人ゆっくり歩きながら)
木綿子
「もう、集平はー。ふざけてばっかりなんやから」
集平
「長かったなあ。何、祈りよったん?」
木綿子
「うん?いっぱい。集平は?ちゃんとお祈りした?」
集平
「まあな」
木綿子
「真面目に手合わさんと聞いてもらわれへんよ
集平
「木綿子は、しょうもないことたのんだんやろ」
木綿子
「なによ、しょうもないことって」
集平
「ダイエット成功しますように、とか」
木綿子
「あーっ、ばかにしとう。そんなん頼まへんよ」
集平
「ほんなら…ジョニーがかわいい子猫を産みますように」
木綿子
「あーーっ」
集平
「県大会出られますように…」
木綿子
「なんで、なんで?」
集平
「あったりまえじゃ。木綿子の考えることくらいわかるわ」
木綿子
「うちだって……集平はサッカーのことばっかり頼んだやろ。ミラクルシュートがバシッと決まりますように…ベスト8に残れますように…」
集平
「…あのなー、そんなんは、祈ったり、頼んだりすることとちゃうやろ。実力、実力や」
木綿子
「ほんでも、集平、『苦しいときの神頼み』得意やんか」
(『ええお日和ですな』  二人の横を、参拝のおばあさんが歩いて行く)
木綿子
「こんにちわ。」
集平
「木綿子、ほんま、誰にでも声かけるなあ」
木綿子
「あれ、集平、知らんの?礼儀なんよ。お宮さんで会う人には誰にでもあいさつするもんよ。みんなーーふふふ…みんな『神頼み仲間』なんやもん」
集平
「あのなー、木綿子はほんましつこいわー。俺は今まで一回も『苦しいときの神頼み』なんかしたことないで」
(木綿子、集平の顔をのぞき込みながら)
木綿子
「ほっ?へぇ?ふぅーっ…」
集平
「ほんまやて。俺は実力ちゅうんが好きなんや。シュウートを決めるんも実力。ゲームに勝つんも実力」
木綿子
「決まらへんのは?」
集平
「そりゃ……実力がないんや」
木綿子
「あれ?どないしたん?今日はえらいあっさり認めるやんか。ほんでも、うちは集平の実力信じとるよ。だから、あとは、『神頼み』や。うち、ようよう、頼んであげたし…」
集平
「いらんことするな」
木綿子
「ついでに、ええ彼女もできますようにって」
集平
「そんなん、誰が頼んだ?勝手に祈るな」
木綿子
「誰にも頼まれへんけど…」
集平
「ほな、頼むな。ほっといてくれ」
木綿子
「そっかー、よう考えたら、聞いてなかったわ、集平の好みのタイプ。言うてみ、どんな彼女がほしいんか」
集平
「ほしない」
木綿子
「まあ、だいたいわかるけど。髪が長ごーて、顔がすーっとしてて、女らしゅうて、黙って集平の後ろからついていくような…」
集平
「はずれや。かわいいて、甘えん坊で、ちょっとわがままで、ちょっとあほで…」
木綿子
「ひぇーっ、集平、あほな子がええん?」
集平
「あのなー、もう…。どっちにしても俺のことは頼んだりするな。自分のことを頼んどけ」
木綿子
「もちろんや。うちは頼んだで。(木綿子ベンチの方へ走りながら、ふりかえって)いっぱい、いっぱい頼んだでー」
(集平追いつく。二人ならんでベンチに座る。  二人、黙って街を見下ろす。鈴の音)
木綿子
「また、誰か願い事してはる……小春日和いうんやろ、こんな天気
集平
「うん」
木綿子
「気持ちええなあ」
集平
「……叶うたらええな、願い事…」
木綿子
「…うん……」
(鳥の声。鈴の音)