971話(2014年11月8日 ON AIR)
「王様の仕事」

作・ナカタアカネ
ゲスト出演・森澤匡晴(スクエア)

  
 

人々のざわめきの中、アナウンスが聞こえる。
アナウンス 「これよりパレードを開催いたします。皆さん、道をお開け下さい」
子どもたちの歓声と共に拍手が起こる。

  
王様

「私は王である。暑い暑い夏が終わり、
これからの季節は私の務めの日々がこうして再び始まるのだ。」

  
 

子供の声 わー、こっち向いてーペンギンさーん。
ペンギンの鳴き声。
子供の声 わー、ペンギンさんがこっち向いてくれた!わー!

  
王様

「何?王様じゃなくてペンギンじゃないかって?
私は正真正銘の王なのだ。嘘だと思うのなら図鑑を開いてみるといい。
キングペンギンのページに確かに載っているのだから。
他にもオオサマペンギン、王ペンギンとも言われている。
どの名も嘘偽りないペンギンの中の王様なのだ。
えっ・・・コウテイペンギンの次に大きいんじゃないかって?
とにかく、いいじゃないか、王と名がつくのは私だけなのだから」

飼育員

あらあら、久しぶりのお散歩なのに・・・浮かない顔ですね。

王様

飼育員殿、久しぶりとは言え、私がこうやって散歩をするのは秋から春まで。
しかも、景色は常に一緒だ・・・・人人人。
君たちの世界で言えばマンネリというらしいな、この気持ちのことを。

飼育員

まあ、王様・・・・・・・・。

王様

私は、「水族館」という国に生まれ育った身だ。
外の世界のことを何一つ知らないし、見たこともない。
聞けば、飼育員殿はこの国外から毎日通っていると・・・・本当なのか?

飼育員

ええ、そうです。

王様

ほほう・・・・毎日、船でこの海を渡ってきているのかね?

飼育員

いいえ、電車で通っております。

王様

ほほう・・・・・電車?

飼育員

興味ありますか、王様?

王様

勿論だよ・・・・・この目で見てみたいし・・・・一度乗ってみたいものだなあ。
しかし、王がこの国を離れるわけにはいかないから、叶わぬ夢だろうなあ。

飼育員

大丈夫ですよ、一緒に乗りましょう。

王様

えっ!?

飼育員

王様に丁度・・・・・一日駅長という仕事が来ております。

王様

イチニチエキチョウ?

飼育員

そうですね、重大な外交のお仕事です。

王様

イチニチエキチョウか・・・・。

  
 

電車のラッシュ音が聞こえてくる。
駅のホームでごった返す人々。

  
王様

このいくつもくっついて動いているのが、電車なのかね?

飼育員

はい。

王様

人間がぎっしり詰まっているのに、重みを感じさせずに動くとは、大したものだ。
水族館よりも小さいスペースに人がひしめきあっている・・・・うーむ。

飼育員

さあ、王様・・・私たちも乗りますよ。

王様

ええっ・・・・!?

  
 

ガタンガタンと電車の音。

  
王様

これが・・・・電車か・・・・揺れて仕方ないなあ・・・・おっと。

飼育員

(少し笑って)両足で踏ん張ると、よろめかずにすみますよ。

王様

こ・・・・こうかね?

飼育員

お上手です、王様。

王様

しかし、やはりここでも人人人・・・・・外の景色は見えないのだね。

飼育員

あ、私としたことが・・・・ちょっと失礼します。
じっとしてくださいね・・・・・よいしょっと。

王様

き、君・・・・・いきなり抱きかかえてどうするんだ。

飼育員

窓をご覧ください、見えますか?

王様

おお・・・・見える!見えるぞ!
どんどん景色が流れていく・・・・人も、空の鳥たちも、
こうやって向こうにいるなんて・・・・・世界はこんなに広いのか・・・
そして緑があんなに!

  
 

電車がホームにたどり着く。

  
王様

飼育員殿、今日は素晴らしい体験だった。
いつもいつも見られ続けている私が、外の景色を逆に見る立場になったのだ。
今日だけは王ではなく、平凡なペンギンとしていられたのだ。

飼育員

また、一緒に乗りましょうね。

王様

ああ・・・・・外交の仕事も素晴らしいが、王の務めもまた素晴らしい物かもしれない。
今日はそれに気づけてよかった。さあ、我が国「水族館」へ帰るとしよう。

飼育員

はい、王様。

  
 

王様とペンギン、ふふと笑い合う。

  
  
  
終わり