972話(2014年11月15日 ON AIR)
「宇宙の誕生」

作・益山貴司

  
 

ファッションショーのバックステージ。
まもなく本番。慌ただしい雰囲気。

  
先生

(手を叩き)さあ、きいてちょうだい!
今日という日を迎えられるのもみんなのおかげよ!
ベリー・ビッグ・サンキュー!半年間、本当にご苦労様。
あと五分でショーの幕が開くわ!
ファッション界に旋風を巻き起こすのよ!

モデル

先生!

先生

 なに、マリエ。あなたには期待して・・・

モデル

やっぱり、私無理です!

先生

 無理?一体どうしたのよ!

モデル

私、自信がないんです・・・

先生

 何をいってるの?あなたほどのモデルが今更弱音を吐くなんて!

モデル

どうか・・・どうか、最後の衣装は控えのモデルの子でお願いします!

先生

 マリエ。よくきいてちょうだい。緊張は誰にだってあるわ。
私だってそう。今でもこの小さな胸が張り裂けそうなの。
みて、こんなに胸毛が逆立ってる!ぼわぼわしてる!

モデル

緊張なんかじゃありません

先生

 オーケイ。分かったわ。他の子には内緒で貴方のギャラを倍にしてあげる

モデル

お金の問題じゃないんです!

先生

 じゃあ、いったいなんなの!いい?あの服はあなたの為に作ったのよ。
他のモデルになんか袖を通させないわ

モデル

それが問題なんです

先生

 どこが

モデル

だから、その服が・・・

先生

 もしかして、私の服が、お気に召さないとでも・・・

モデル

・・・はい

先生

 え?

モデル

私、着たくないんです!

先生

 な、な、な、なんてことを言うの!

モデル

イヤなものはイヤなんです!

先生

 どこが!あの服のどこがいけないっていうの!

モデル

だって、ないじゃないですか!

先生

 オウオウオウオウ!マリエ!あなたには見えないの?
あの素晴らしい デザインが!

モデル

見えません!ハンガーだけしか見えません!

先生

 ちゃんと心の目で見てちょうだい。そうすれば貴方にもみえるはずよ

モデル

いくら目をこらしても無理なんです!

先生

 目を閉じて。頭に思い浮かべるの。自分にとって最高のデザインを。
いえ、宇宙を。あなたは銀河をまとうのよ。さあ、目を開けて。
ほら、ハンガーに星々の輝きが・・・

モデル

見えません!

先生

 思いが足りないのよ

モデル

一週間も前から毎日100回以上やりましたけど、
なんにも見えてこないんです!

先生

 宇宙パワーが足りないんだわ!私のを分けて上げる!せい!せい!せい!

モデル

ちょっと、痛いです

先生

 おっしゃこら!おっしゃこら!

モデル

やめてください!

先生

 やめないわ!あなたのためだもの!ざっしゃあ!ざっしゃあ!

モデル

痛い!痛い!

  
 

ステージの方から音楽が聞こえる。

  
先生

 はじまったわ!早く!早く裸になって宇宙をまとうのよ!

モデル

まとえません!

先生

 トップバッターの貴方がでなくてどうするの!

モデル

他の子でお願いします!

先生

 他の子に着せるくらいなら・・・私が着るわ!

モデル

え、ちょっと、それは・・

  
 

先生、服を脱ぎ出す。

  
先生

 これでもね、通ってた男子校イチの美少年だったのよ!
パンツなんて ね、宇宙じゃなんの役にも立たないのよ!

モデル

先生、まずいですよ!

先生

 お黙り!この負け犬!目を閉じて、最高のデザイン、最高のデザイン!
見えた!見えたわ、宇宙が!うおおおおおお!素晴らしい!
薄い絹が何枚も重ねられ、宇宙の深い暗闇を表現している!
ちりばめられた人造ダイヤモンドは星々の輝き、流れ星のごときリボン。
甘く締め付けるフォルムは、ブラックホールのように私を呑み込んで行く!完璧だわ!

モデル

ただの裸ですよ!

先生

 ファッションの新しい歴史が今、刻まれる!幕をあけて頂戴!

  
 

音楽が一段と大きくなる。

  
先生

 皆様お待たせしました!宇宙の誕生でーす!

  
 

先生、ステージに現れる。
客席から怒号と叫び声。

  
モデル

これが・・・これがプロなんですね、先生・・・・!

先生

 宇宙が今、誕生したのよーーー!おほほほほほほ!

  
 

怒号と叫び声、大きくなる。

  
  
  
(了)