ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO クリスマススペシャル2015
“誰かが 誰かを …!? etc.”
第2話(2015年12月23日 ON AIR)
「終わらない世界」

作・益山貴司(子供鉅人)

キャスト ラジオの声 平野 舞(維新派)
  男1男4 大熊隆太郎(壱劇屋)
  女1女2 尾松由紀(超人予備校)
  男2男3 大石英史
  女3女4 ピンク地底人2号(ピンク地底人)
  
 

【1:ラブホにて】

  
ラジオの声

繰り返します。世界は終わりません。世界は終わりません。
NASAの発表は完全なる誤報でした。
もう一度繰り返します。世界は終わりません・・・・

  
男1

えーー!

女1

まじでーー!

男1

クリスマスに地球滅ぶって言ったじゃん!

女1

絶対に隕石落ちて来るって言ったじゃん!

男1

なんなんだよ、誤報って!

女1

ありえないんだけど!

男1

ってか、お前だれだよ!

女1

はーー?

男1

なんでこんな得体の知れない女とラブホにいるんだよ、俺は!

女1

あんたから誘って来たんでしょ!

男1

お前だろーが、バカ!

女1

いやいやいや、何言ってんの

男1

地球最後の日、お願い抱いてって言ったのお前だろ!

女1

言いましたよ!言いましたけど!

男1

ほらみろよ!

女1

初めに抱きついてきたのあなたでしょ!

男1

明日からまた日常はじまんのかよぉ

女1

聞いて!私の話!

男1

会社行きたくないよ

女1

どーでもいいけど、アタシの上から早く降りてくれる?

男1

うるせえ!なえたわ!

女1

一緒に死のう!一緒に死のう!って泣きながらのしかかってきたの誰よ!

男1

うるせえんだよ!

女1

アタシの操、返してよ!

男1

俺の涙返せよ!

女1

最悪・・・・

男1

それはこっちの台詞だよ!

女1

子供で来たらどーすんのよ!

男1

めでてーよ!

女1

はあ?

男1

おめでたいって言ったんだよ!

女1

じゃあ、一緒にお祝いしてよ!

男1

世間一般の話だよ!

女1

とにかく、責任とってよね!

男1

事故だよ!事故!

女1

そんな言い方!?

男1

じゃあ、どんな言い方がいいんだよ!

女1

なんか、もっと、愛情のある言い方あるでしょ!

男1

愛情なんてなかったよ!

女1

ちょっとは気をつかってよ!

男1

だって、お前に愛情なんてカケラもねーんだからよ!

女1

アタシは・・・アタシはあったわよ!

男1

え?

女1

無法地帯になった街角で、泣きながら誘ってくれたあなたに、
ちょっといいなって思ったわよ!

男1

ええ?

女1

なのに・・・なのに・・・

男1

いや、あの・・・

女1

タイプだったのに・・・

男1

俺も、まあ、言い過ぎ・・・・

女1

チュッチュ、チュッチュしてくれたじゃない・・・

男1

キス好きなもんで・・・

女1

今日、クリスマスなんだよ・・・・

男1

えと、とりあえず、もう一回しよっか

  
 

【2:会社にて】

  
ラジオの声

もう一度繰り返します。
世界は終わりません。世界は終わりません・・・・・

  
男2

はい。丸山商事でございます。はい、はい、いつもお世話になっております。らしいですね。世界、終わらなかったみたいで。
ええ、はあ、明日から、通常通りお取り引きさせて頂くということで、
ええ、はい。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
はい、はい、お待ちしております(切る)

女2

あの

男2

わ、びっくりした

女2

すいません。驚かしちゃって

男2

僕以外にもいたんだ、出社した人

女2

あ、はい。なんか、どうすればいいか、分かんなくて

男2

僕もなんだよ。家族がある訳でもないし、
とりたてて世界の終わりにやりたいこともなくって

女2

一緒です

男2

どこの部署?

女2

庶務課です

男2

全滅?

女2

はい。誰も出社してません

男2

うちも

女2

タイムカード、押しました?

男2

押した押した

女2

私も

男2

習慣って恐いですよね

女2

ほんとに

男2

お茶、いれてもらってもいい?

女2

あ、はい

  
 

電話が鳴る。

  
男2

はい、丸山商事でございます。あ、社長ですか。
はい、はい、私一人でございます。ええ、そうですね。
あとは庶務課のOLが一人ですね。
はい、はい、ええ!本当ですか?私、ただいま、主任ですが・・・
はあ、では課長に。ありがとうございます。
彼女は・・・ああ、なるほど、ではそのように伝えておきます。
はいはい、ありがとうございます。失礼いたします(切る)

女2

お待たせしました

男2

ありがとう

女2

けっこう、電話かかってくるんですね

男2

まあね。今の、社長からだったんだ

女2

社長

男2

そう。で、僕を営業課の課長にしてくれるって

女2

すごいじゃないですか!

男2

まあ、いきなりでちょっと戸惑うけど

女2

おめでとうございます

男2

ありがとう

女2

ほんと、よかったですね

男2

うん。しかも、ボーナスに給料一年分くれるって

女2

すごい

男2

もちろん、君にもくれるって

女2

私も?

男2

最高のクリスマスプレゼントだね

女2

ただ出社しただけなのに

男2

ほんとに

女2

仕事終わったら、どっかお祝いしに行きません?

男2

お、いいね

女2

昇進祝いです

男2

ちゃんと店やってるかな?

女2

私たちみたいな人も、世の中にはいますよ

男2

そうだね。じゃあ、終業まであと4時間半、まじめに仕事するか

女2

はい、課長

  
 

【3:路地裏にて】

  
ラジオの声

世界は終わりません。もう一度繰り返します。世界は終わりません・・・

  
女3

世界、終わんないんだって

男3

あららー、そりゃあ、まずいなあ・・・・

女3

まずいわね・・・・

男3

こいつ、誰?

女3

さあ・・・・・

男3

君も、誰?

女3

まあ、あなたと同じような趣味ってことだけは確かね

男3

だねー

女3

どうする?

男3

どうしよっか

女3

隠す?

男3

自殺に見せかけるとか

女3

でもまあ、この人が言ったからね

男3

ネットって便利

女3

ねー

男3

やっぱ、

女3

かもねー

男3

ちゃんと地球終わってくれりゃあ良かったのに

女3

ほんと

男3

あーあ、どうすんだよこれ

女3

どうしようもないね

男3

つーかその釘バット、お手製?

女3

うん。昔のヤンキー風

男3

へー。俺もお手製

女3

よくそんなでっかいハンマー作ったね

男3

なんか、漫画っぽく

女3

あ、分かるなあ、それ 

男3

100万トンハンマーみたいな

女3

ははは。ふるー

男3

君に言われたくないよ

女3

私のはノスタルジック。貴方のはオールド

男3

そこは分かんないわ

女3

ま、色んな趣味があるから

男3

結局、どっちのが致命傷だったんだろ

女3

そりゃあ、やっぱり貴方じゃない?

男3

いやいや、君でしょ

女3

あなた、そんなでっかいのでお腹、思いっきりいったでしょ

男3

君こそ後頭部直撃しただろ

女3

先に手を出したの、あなたじゃない

男3

そりゃそうだけど

女3

決まりね

男3

ちょっと待てよ。

女3

まあ、あなたが静かにさせてくれたおかげで

男3

なんかひっかかるなあ、その言い方

女3

どっちでもよくない、これ

男3

まあね

女3

どっちもどっちだわ

男3

じゃあ、共犯ってことで

女3

そうね。とりあえず、逃げる?

男3

だな

女3

ええ

男3

その前に記念写メとっとこ。自撮りでさんにいいち・・・

  
 

釘バットが男2の頭を

  
女2

メリー・クリスマス

  
 

【4:屋上にて】

  
ラジオの声

繰り返します。世界は終わりません。世界は終わりません・・・・

  
男4・女4

やったーーー!

男4

ぼくらのお祈りが通じたんだ

女4

ほんとだね

男4

僕らが、僕らが世界を救ったんだよ!

女4

すごくない!?

男4

すごいどころじゃないよ。めっちゃくちゃすごいよ!

女4

神様ってほんとにいるのね

男4

そりゃそうさ。人類が滅んでしまったら、一体誰が神様にお祈りするんだい

女4

神様だって困っちゃうもんね

男4

うん

女4

あの

男4

なに

女4

私、この屋上から飛んで死のうと思ってたの

男4

え?

女4

世界が滅ぶのをこの目で見たくなかった。
まだ世界が元気なうちに死んでしまいたかった

男4

実は、僕もそうなんだ

女4

あなたも?

男4

けど、晴れ渡った空の下に広がる風景を眺めていたら、
この世界が滅ぶなんて思えなかった

女4

うん

男4

お祈りすれば、まだまだ世界は続くって思った

女4

そして、その通りになったのね

男4

君と僕のお祈りで 

女4

ええ

男4

メリー・クリスマス

女4

あ、そうか。すっかり忘れてた

男4

だいたい、こんな日に世界が滅ぶはずないんだ

女4

そうね。神様の誕生日に

男4

ほんとだ

女4

メリー・クリスマス

男4

メリー・クリスマス

ラジオの声

・・・もう一度繰り返します。世界は滅びません。
この奇跡を祝って、みなでお祈りしましょう。
なんたって今夜は聖なる夜。メリー・クリスマス

  
  
(了)