ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO クリスマススペシャル2018
“言葉のカイロでホッカホカ ”
第4話(2018年12月23日 ON AIR)

「僕のオフィーリア」

作・たみお
キャスト
ゆき/ 風呂屋の番台の娘 東千紗都(匿名劇壇)
ジイ/武田のおじさん(50代から60代) 原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)
男1/ゆきに片思いする男 FOペレイラ宏一朗(プロトテアトル)
まちこ/ゆきの友達 のたにかな子
オバ/武田のおばさん(50代から60代) 稲田真理(伏兵コード)
亮治/屋台ラーメンの店主 大熊隆太郎(壱劇屋)
風呂場のおけとオケがぶつかる音。
にぎやかな脱衣所。
ゆき
ここはお風呂や。松の湯です。うちは今夜も番台に立ちます。
しまいまであと30分。武田のおっちゃんは、かれこれ一時間、まだ出てきません。
おっちゃーーーん!
番台から風呂場のほうへ声をかける、ゆき。
ゆき
武田のおっちゃーーーん!
ジイ
ほおい。
ゆき
大丈夫ーー? のぼせてない?? 生きてるーーー!?
ジイ
ゆきちゃん。そない大声で叫ばんでもやな。
ゆき
ええ? なんてーーー?
ジイ
だいじょうぶやーーーー。ええ湯加減やでー。
ゆき
はー、よかった! おっちゃんいっつも長風呂やさかい、
のぼせて倒れてるんちゃうか、って心配になるわ。
はよ上がりよー、フルーツ牛乳、冷えてるしねー!
かぽーんと音が響いて、湯船。
ジイ
はー、やれやれ。あの子の声はよう響くわ。
男1
ほんとです。ゆきさんの声は、きれいで、鈴のようで。
ジイ
鈴!
男1
いいな。僕も、心配されたい。
ジイ
なんでや。
男1
だって、その、いいじゃないですか。
ジイ
どこの誰かよう知らんけど、兄ちゃん。あんた変わっとんな。
男1
変わってなど。
ジイ
いや、変わっとる。
男1
変わってません! ただ、ただ、僕は、僕は。
ジイ
なんや、顔どんどん赤なっとるど。大丈夫かにいちゃん。
男1
ただ僕はーーー!
ザバーとお湯が流れる音。
まちこ
こんばんわー。
ゆき
まちこちゃん! いらっしゃい!
まちこ
よっ、松ノ湯の番台娘。あんたの声、 表まで響いてたで。
ゆき
えっ
まちこ
「早よあがりよー、フルーツ牛乳冷えてるでー」
ゆき
えええっ
まちこ
亮治 兄が笑っとったわ。
ゆき
亮治兄 ! 今外にいるん?
まちこ
いるで。チャルメラ吹いて屋台出している。ラーメン一杯500円。
ゆき
亮治兄。
まちこ
はい、お風呂一杯450円。
ゆき
おおきに。
まちこ
もう、ゆきー。 名前聞いただけでぽーっとして。
ゆき
そんなことない!
まちこ
そんなことあるわ! すーぐ顔に出る。
バサバサと服を脱ぐ音。
まちこ
見て! 新しい下着。どない?
ゆき
ええと思う。
まちこ
もう!まだぽーっとしてる。ええか、亮治兄はもうじき結婚するんやで。
いい加減、諦めや。
ゆき
そんなん、わかってる。
まちこ
わかってるて。わかってへんやろ。
ゆき
わかってます!
まちこ
まー。そら長い間片思いやったしな。無理ないけどな。
ゆき
まちこちゃん! さっさと入ってきて! あと20分でしまいやで。
まちこ
おー、こわいこわい。はいはい。お風呂お風呂!
ガラガラと風呂場の扉を開ける。
オバ
あら、まちこちゃーん!
まちこ
あっ、武田のおばちゃんも来てたん!
オバ
早よ閉めて閉めて、湯気が逃げるで、もったいない!
まちこ
はあい!
ガラガラとしまった先で、風呂屋の賑わいがやってくる。
みんな
あそこはゆず湯。あっちはバラ湯。漢方・薬膳・湯の香り。
エメラルド色した電気風呂、黄色いオケもカラフルで、
はー。この世のお湯の、パラダイス。パラダイス!
ザバーと音が響く。
みんな
ふぅ・・・。いい湯やなあ・・。
ゆき
松の湯は創業100年の小さなお風呂やです。
昼間はおばあちゃんが番台にたち、夜はうちが立ちます。
お父さんとお母さんを、早くに亡くして、やっとこたどり着いた、
ここは、うちの大事なお城です。
ガラガラと扉が開く。
ジイ
あぁあがったでえええ。
ゆき
おっちゃん! ゆでだこやんか!
ジイ
あかんんんん。
ゆき
扇風機扇風機。
ブーーーと扇風機が回る。
ゆき
言うたやんか、早よあがりって。もう年なんやから、無理したらあかんって。
ジイ
いやー、若者と話こんでしまってな。ゆきちゃん、隅におけんで君は。
ゆき
はあ?
ジイ
言うなれば君は、風呂屋の片隅に咲く、一輪の花やな。
ゆき
何いうてんの。おっちゃん。
ジイ
ははは。うれしくてな。わし、小さい頃から君を知ってるさかい。
しみじみと嬉しいんや。
ゆき
何いうてんの、もう!
ガラガラ
オバ
ええ湯やったわぁ。あー、さっぱり。
ゆき
おばちゃん! おっちゃんのぼせてんで。
オバ
なんやて!ちょっとあんた!大丈夫かいな!
ゆき
おばちゃん! まずは服を着て。
オバ
あああ(服を着だす)。まったくもう。この人は。ほんとにもう、手のかかる!
どうやって家まで運んだらええねんなもう。
ジイ
大丈夫やーー。もうちょっとじぃーっとしとったら、すぐ治るわ。
オバ
まったく! いつまでも若いつもりでいるから、こないなことになるねん、もー。
ジイ
あはははー。さちこーー、君はいつまでも、若くてきれいやで。
オバ
どこ見ていうてんの!
ジイ
まぶたの裏や。
オバ
もー!
ゆき
毎週、火曜、木曜とやってくる武田のおじちゃんとおばちゃんは、
うちの憧れの二人です。いっつもぴったりと寄り添って、別れるとしたら、
女湯と男湯の、のれんをくぐる時くらい。憧れです。
オバジイ
何が。
ゆき
仲良くて、ええなーって思って。
オバ
いったいどないしたん。急にそんなこと言うて。
ゆき
なんでやろ。
ジイ
それは、あれや。クリスマスやからや。
ゆき
え?
ジイ
なんせ今日はクリスマスやからやな。
さすがのゆきちゃんも、センチメンタルになるんやろ。
ゆき
クリスマス。そっか、うち、すっかり忘れてた。
ガラガラ・・・
まちこ
ふーさっぱり。女湯はもう誰もおらへんで。
ゆき
はあい。
ジイ
男湯も誰もおらん!
ゆき
はあい。
まちこ
げげ、その声は武田のおじちゃん。
ジイ
その声は、まちこか! がははは。今日はデートちゃうんか。
まちこ
デートですー。
ジイ
そらええなあ。さちこ、わしらもデートしよか。
オバ
へ?
ジイ
今亮治の屋台が近くにきとるみたいやから、ラーメンデートや。
まちこ
クリスマスにラーメンデート!
ジイ
学生気分でええやろ。
オバ
ふふふ、そらええですね。
ジイ
よっしゃ決まりや。
ゆき
うち、のれん降ろしてくる!
ジイまちこ
はあい。
カンカンとつっかけが夜道に鳴る。
遠くから街の騒音が聞こえてくる。
遠くの道を車が通り、近くの家の犬が吠える。
ゆき
ハァ。さむ。湿気で暖かいお風呂やの番台にたってると、
体中がポカポカと温くって、
こうやって表にでる時に、冬の寒さを思い知ります。
今宵は、月が磨かれたようにきれいです。
亮治
ゆき。
ゆき
亮治兄。
亮治
もう終わりか。
ゆき
うん。
亮治
そうか。俺んとこも店じまいして、そろそろ新橋のほうに行くところや。
ゆき
まって!
亮治
もういかんと。
ゆき
あんな。あんな亮治兄!
亮治
ゆき、俺な。
ゆき
もうじき! 武田のおじちゃんとおばちゃんが来るねんて。ラーメン食べに。
亮治
そうか、そりゃ、またんとあかん。
ゆき
うん。待っててあげて。・・・あんな、亮治兄。結婚おめでとう。おめでとうな!
亮治
ありがとう。
ゆき
それだけ、言いたかってん。
・・・冷たい夜の風に、外したのれんがはためいて、とっても重たい。
うちは今、とってもセンチメンタルです。
がやがやと、武田夫妻とまちこが出てくる。
三人
ゆきちゃん! また来るなー。
ゆき
まいどおおきに!
ジイ
亮治! ラーメン3杯や!
まちこ
うちのはいらんって。今からデートやから!
ジイ
がははは。腹が減ってはデートもできぬ!
オバ
ちょっとあんたもー!
亮治
そう言わずに、まちこさんも食べていったらどうです・・・。
雑音が遠のいていく。
ゆき
閉店後、だあれもいないお風呂やで、ぜーんぶ、ぜーんぶ服ぬいで、
一人っきりで大きい湯船に浸かります。
お湯のザバーと溢れる音。
ゆき
ハァ・・・。ずっと、ずっと、前から、うちは亮治兄が好きでした。
いつかお嫁さんになるって思ってました。
いま、長い長い片思いのトンネルから、じゃぼおんと、落っこちて、
一人っきりで漂ううちは、まるで、お風呂ん中のオフィーリア。
悲しい歌を口ずさみ、恋心もろとも、この身をゆっくり沈めてゆくんです。
ラーラーラー。あぁ、よう響く。・・・失恋ソングは、付きひんなあ。
男1
あのー!!
ゆき
!!
男1
あのーーーー、すみません!
ゆき
男湯のほうから聞こえてくる! ・・・もう誰もおらへんはずじゃ・・・
男1
おじさんに、おじさんに嘘ついてもらいました!
ゆき
おじさん?? おじさんて、まさか武田の!!
男1
はい、武田の! !すみません! どうしても、どうしても! 今夜、ゆきさんに、話かけたくて。
ゆき
その声。。。秋山さん? 郵便局の。
男1
はい ! 秋山です! すみません!
ゆき
こっちこそすみません! 大きい声で歌ってしもて!
男1
いえ! 上手です! すごい、上手です! !・・・あのーーーー! 失恋、なさったんですか。
ゆき
えっ
男1
さっき、お風呂ん中のオフィーリアって。
ゆき
ひゃーー聞こえてる! どこまで口にしてたん!うちのアホアホ!
男1
よかったです!
ゆき
へ?
男1
あやうく、僕も失恋するところでした!
ゆき
え?
男1
僕のばあちゃんが言ってました。誰かの失恋は、誰かの恋の始まりやて。
ゆき
え?
男1
僕にもチャンスがある、そうゆうことかと!
ゆき
チャンス?
男1
はい! 僕、僕! ゆきさんのことが!
ゆき
・・・ないっ。ないです! こっちはまだこの失恋に浸かってたいんです!
男1
いつまで?
ゆき
いつまでも! 
男1
僕、待ってます! 
ゆき
困ります! うちは、うちは、失恋中なんですー!
男1
いったい、いつまで!
ゆき
いつまでもです!! だって、だって・・・めっちゃ、好きやったんやもん・・・!
ゆきは初めてここで泣く。
ゆき
好きやったやもん・・・
男1
・・・・。(大声で)ゆきさーん!
ゆき
ええ?
男1
大丈夫ですかー! 生きてますかーーー!? のぼせて倒れてませんかー!
ゆき
そんな大声で・・・!
男1
ゆきさーーーん!
ゆき
だいじょうぶですー! のぼせてませんーーー!生きてますー!
男1
よかった! 生きてる! あのーー!
じっくり、じっくり、あったまってからでええですから、
上がってきて、僕と一緒に、フルーツ牛乳のむところから、どうでしょう!
ゆき
え・・・
男1
僕、あなたが、好きなんです。好きなんですー!  
ゆき
・・・・そんな、さけばんでも・・・。さけばんでも・・・
男1
好きなんですー!!
外。犬の鳴き声。

遠くから男1の声 好きなんですー!
ジイ
お!
オバ
あら。
ジイ
聞こえたか。
オバ
ええ。よう響いて。
ジイ
ははは。幸せになりやー、ゆきちゃん。あいつはええ奴やで。
ズズズズ(ラーメン食べる)。
ぷはー。亮治、おいしいわ。麺のこしがまたええ。
亮治
おおきに。
オバ
あんたも昔、ああやって、よう叫んでくれてたわねぇ。
ジイ
ははは。今でも叫んどんで。心の中で。
オバ
ちゃあんと聞こえてます。
ジイ
そらー。何よりや。
ジイ
オバ
ごちそうさんでした!
亮治
おおきに!
ジイ
よっしゃ。帰ろ。湯上りにラーメン。格別やな。
オバ
ほんまに。
ジイ
メリークリスマス!
オバと
亮治
メリークリスマス!
ジイ
幸せになるんやで。
おしまい。