ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル2006
“幸せのいる街”

第4話(2006年12月23日 ON AIR)
警視庁23日

作 /上田 誠

キャスト 男 1 腹筋善之介 (IQ5000)
  男 2 山内直哉 (隕石少年トースター)
  警官 1 北村 守 (スクエア)
  警官 2 井田武志 (サンデイ)
 

 

賛美歌。
街の雑踏。
男2人が、ケンカしている。(つかみ合い)

   
男1

いや、お前がおかしいんだろうが。

男2

お前がおかしいんだろう。

男1

ああ?

   
 

など、一触即発の感じ。
そこへ、パトカーのサイレンの音。
止まり、ドアが開き、警官が駆けつける。

   
警官1

やめなさい!

警官2

よしなさい!

警官1

警察です。ケンカやめなさい!

警官2

手はなしなさい!やめなさい!

   
男2

(意に介さず)なんだよ。

男1

なんだよ!

   
 

さらにもめる。

   
警官2

やめなさい!

警官1

クリスマス!クリスマスだから!

警官2

離れなさい!クリスマスですから!

警官1

聖夜!聖夜だから!

警官2

聖夜ですから。手はなしなさい!

男1

離せよ!

   
 

警官、2人を、引き離す。

   
警官1

聖なる夜だから。ね。ケンカやめなさい。

警官2

クリスマスですから。

警官1

何があったの。これ。ええ?

   
男2

いやいや、僕が、チキン買うのに並んでたら、
なんかこいつが横から入ってきて、

男1

いや、お前だろう入ってきたのは。

男2

はあ?

男1

お前が横から入ってきて、俺が順番抜かされて、

男2

いや、お前だろうバカ。お前がチキン、横はいりして、

男1

何だよ。

男2

何だよ!

   
 

またもつかみあう。

   
警官2

(制して)だからやめなさい!

警官1

よしなさい!ホーリーだから!ホーリーだから今夜は。

警官2

ケンカはそぐわないから!やめなさい!

   
 

どうにか引き離す。
皆、息が荒れている。

   
警官1

ね。離れてちょっと。ホーリーナイト。ね?
ののしりあう夜ではないから。

警官2

汚い言葉やめましょう、今夜は。ね。

   
 

ガン!(男1がクリスマスツリーを蹴る音)

   
警官1

あっ、こら。

警官2

ツリー蹴らないでください。

警官1

飾りがポロポロ落ちてくるから。

   
男2

直せよ。

男1

はあ?

男2

ツリーの飾り、落ちてんだろう。
拾って直せよ。

   
警官2

まあまあまあ……。

   
男1

お前が直せよ。

男2

はあ?お前がやったんだろう。
お前が直せよ。

男1

いや、お前が直せよ。

男2

何だよ!

   
警官2

(制して)もうもうもう!

警官1

君ら、恥ずかしくないの。ええ?
こんな夜に。ええ?きよしこの夜に。
何を、いがみ合ってんの。一番神聖な夜でしょう。

   
警官2

ちょっともう、1人づつ聞いていきますから。
(男2に)あなたから。どうなったんですか?

   
男2

いや、ですから、僕普通にチキン買おうと思って、
列に並んでたんですよ。

男1

(横から)普通にじゃなかっただろう。

男2

いや、普通に並んでたんですよ。そしたら。

男1

だから普通じゃなかっただろうお前!

   
警官1

(制して)サイレント!サイレント。

警官2

(1に)ちょっと、黙っててください。

警官1

サイレントナイトに、怒号が響いてたら、台無しですから。

警官2

(2に)で、どうなったんですか。

   
男2

(イラッとして)その、何でいちいち、クリスマスを引き合いに出すんですか?

   
警官1

君らが、もめてるからでしょう。

警官2

あなたたちが、このクリスマスムードを台無しにしてるワケですよ。

警官1

見なさいよ、この、街のイルミネーションを。ええ?
幸せそうな街じゃない。ね?今夜ぐらいは、安らかにいこうじゃない。

警官2

で、どうなったの。

   
男2

いやだからね、チキンに、並ぼうとしたら、
こいつがなんか、いちゃもんつけてきて。

男1

だから違うって。

   
警官1

(1に)君のほうは、どういう感じだったの。

   
男1

いやだから、僕のほうが、むしろ先に並んでたんですよ。
で、ちょっとまあ、列から一瞬はずれたら、

男2

ほらほら。

男1

なんか、そのスキにこいつが割り込んでて

男2

(笑って)そんなもんねえ、外れてるほうが悪いじゃないですか。

男1

いやいや、外れてないよ。キープしつつ、一瞬、出ただけで。

   
 

もめかける。

   
警官2

(引き離して)はいはいはい、もめないもめない。

警官1

カッカしなさんなって、いちいち。カッカしなさんな。
クリスマスだってことを、常に、念頭においときなさい。

警官2

イルミネーション、あそこ光ってますから。

警官1

常に、あれを視界の端に入れときなさい。

   
男1

まあまあ、だからね。僕は、ただ並んだだけなんですよ。そしたら。

男2

だから、俺いたって言ってんだろう。

男1

だから、いたっつうか、いなかったから。

   
警官2

えー、つまり、あれだと。
両者、チキンを買おうとして、それがまあ、こじれたと。

警官1

なるほど。書いといて。

警官2

(書きながら)えー、チキンによる、モメである、と……。

警官1

ね。確かにね、分かるけども。
チキンを、我先に、求む気持ちは分かるけども。
それで、いがみ合っちゃ、しょうがないじゃない。ね。
キリストの生誕を祝う、チキンの意味合いが、ずれてきてるじゃない。

   
男2

いやまあ、そこまでのつもりもなかったですけど。

男1

ただ、チキン買い占めようとしただけで……。

   
警官1

両者、ええ?クリスマスの夜に、
チキンを、食べようとしたと。買い占めようとしたと。チキンに、諸人がこぞったと。
それで何をもめることがある?
素晴らしいじゃない。主はきませりじゃない。

   
男1

確かにまあ、神聖な夜っていう、意識は、薄かったですけど……。

男2

うん……。

   
警官2

……あ。

男2人

(気づいて)ああ。

   
 

いつのまにか、雪が降っていた。

   
警官2

雪ですねえ。

警官1

ほらほら。ね。いつのまにか、ホワイトクリスマスですよ。
醜く争ってたら、こんな雪にさえ、気づかないわけですよ。

   
男1

そう、っすねえ。

   
警官2

とりあえずじゃあ、署まで、来ていただけますか。

   
男1

え?

警官1

書類をね、我々作んないといけないんで。

   
男2

え、今からですか。

   
警官2

すいませんが、ご同行、お願いいたします。

警官1

はい、お願いしまーす。

   
男1

えー。

男2

いやいや、ちょっと、僕あれなんですよ。
今からちょっと、約束あるんですよ。

   
警官1

はい、ノーは言わない、ノーは言わない。

   
男2

いやいや、ホントにあの、
彼女が待ってて、あの、チキン……

   
警官1

イエスが生まれた日に、ノーは言わない。

警官2

速やかに、乗ってくださーい。

   
男1

(ボソッと)どうせ、ぶっさいくな女だろう。

男2

は!?ちょっと、今なんていった。今お前なんていった!ええ?

男1

早く乗れよ。

   
警官1

(制して)モメなさんな。ね?
鈴の音が、聞こえなくなるから。

警官2

(無線の音)もしもし。
今、ケンカおさまりました、どうぞ。
チキンの、行列の並びで、もめたみたいです……

   
警官1

(男2を見て、慌てて)刃物やめなさい、君!ええ!

男1

ちょっとちょっと!

警官2

ちょっと、やめなさい!やめなさい!

警官1

ホワイトクリスマス!刃物はそぐわないから!

警官2

しまいなさい。

警官1

ホワイトでいこう。ホワイトで。今宵は。

 

     ・

 

     ・

 

     ・

   
 

鈴の音と、クリスマスっぽいED曲。

END。
   
閉じる