ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル2004
“正しいクリスマス”


第2話(2004年12月23日 ON AIR)
「七面鳥」
作/上田 誠

出演/ 男①  坂口 修一
  男②  板倉 チヒロ(クロムモリブデン)
  男③  腹筋 善之助
  男④  中村 隆一郎(劇団 Ugly duckling)

     アパートの部屋。
      3人の男が集まっている
     ところへ、ドアが開く。
      4人目が帰ってくる。

男④  帰ってきた。
男③  持ってる。
男②  (驚いて)でけぇー。
男④  あれ、七面鳥!?

     男①、部屋に入ってくる。

男①  おっらー!(七面鳥の入った袋を、テーブルの上に)
全員  うわー!(テンションあがる)
男③  でっけー!
男①  ターキー。

     袋をがさがさとあける。

男②  何、七面鳥ってこんなにでかいの?
男③  予想以上のでかさ。
男④  よく売ってたなー。
男①  もう腕がだるい。(笑って)七面鳥が重くて腕がだるい。
男④  すごいなー。
男②  いいクリスマスになりそうじゃねえかよ。
男④  食いでがあるよなー。
男①  あそこ、並んでたよ。
全員  (軽蔑した感じで)あー。
男③  並んでた?
男①  並んでた。
男③  やっぱ並んでた。
男④  予想どおり。
男①  恋人たちがこう……。
全員  (笑って)うわー。
男②  ああそう。クリスマスだから。
男③  何ていうの、それはもう、妥協だよね。
全員  うんうん。
男②  妥協だね。
男④  確かに、商品としてはしっかりしてるけど、
男①  お手軽だからね。
全員  うんうん。
男③  あれに逃げちゃだめなんだよ。
男②  あれはね。もう逃げだからね。
男③  恋人たちの逃げだから。
男①  クリスマスともう、一切向き合ってないから。
男②  こっちがね、本当のクリスマスだからね。
全員  うんうん。
男①  間違いない。
男③  七面鳥焼いてこそ、真のクリスマスだからね。
男①  意味ないから。そうしないと。クリスマスの。
男④  もともとだって、お祭りだもんね。
全員  うんうん。
男②  そう。儀式だからねぇ。
男④  キリストの生誕を祝う……。
男②  そんな、浮ついたもんじゃないからねぇ。
男①  悪い癖。日本人の。
全員  (笑って)うんうん。
男①  なんか、恋人と過ごしてこそ、みたいなのは。
男②  ずれちゃってるからね。本来の意味と
男④  これでも、どうやって焼く?
全員  うーん。
男③  それが問題だなー。
男①  焼くは焼くよな。
男②  焼くは焼くとして……。
男①  ちょっとじゃあ、持っていこうよ。
男②  キッチンに。

      全員、キッチンへ。

男③  (持ち運んで)重い!
男②  何、こんなにでかいの?赤子を抱いているかのような……
男①  (男④に)キッチン、散らかってんだろ。
男④  ちょっとごめん、スペース作るわ。(鍋などを動かす)
男②  お前、片付けとけよ。
男③  重い。
男②  ターキー置くスペース、ねえじゃねぇかよ。
男③  重い。
男①  何、自炊してないの?
男④  してない。
男②  汚いキッチンで……。
男④  (片付け終わって)このじゃあ、まな板の上に。

      男③、置く。

全員  わー。
男①  (笑って)でけー。
男②  改めてでかいなあ。
男④  すごい、存在感を放ってるよねえ。
全員  うんうん。
男③  肉感的だー。(ピタピタ触る)
男①  叩くなよ。(男④に)ちょっとじゃあ、オーブンとか、ないの?
男④  ない。
男③  オーブンないの?
男④  ないよ。
男②  オーブンなくておまえ、どうやって七面鳥焼くんだよ。
男①  オーブンなかったんだ。
男④  ないよそんなの。レンジならあるけど。
男②  レンジでお前、どうやって焼くんだよ。狐色に。
男③  あったまるだけじゃねえかよ。
男④  そっか。
男①  オーブンないんだ。もうじゃあ、切って、フライパンで炒めて……。
全員  いや……。
男②  切るのは、違うだろ。それは。
男④  せっかく丸ごとあるのに。
男③  切ったら値打ちがなくなるから。
男①  なるほどな。
男②  このでかさを、生かしていきたいから。
男③  もうじゃあ、丸焼き。こう、くしに刺して、コンロでこう……。
全員  おー。
男②  いいねえ。豪快だねぇ。
男③  こう、肉汁がしたたり落ちてきて。
全員  おー。
男①  いいねぇ、カバブ的なのね。
男③  カバブ方式で。
男②  男の料理みたいな感じで。
男①  (男④に)串は?
男④  串ないよ。
男①  串ないの?
男②  串もないの?
男④  串なんてないだろう、そんな長いの。
男②  あー……。
男①  じゃあもう、鍋に入れて、蒸し焼きにするみたいな。
全員  あー。
男②  ふたしてね。
男①  オーブン効果を狙うみたいな。
男③  周りから熱を加えて
男④  できんの?
男①  分かんないけど、なんかそれが一番近そうだから。
男②  本来の形にねえ。
男①  ちょっとじゃあ、洗おっか。
全員  おお。
男③  丸洗い。
男②  洗った方がいいかもねえ。

      男①、水を出して、洗う。

男②  なんか、ぶよぶよしてんねえ。
男①  気持ち悪ー。なんか本当に赤子を洗ってるみたいな。
男②  産湯のような。
男①  そうそう。
男③  いや、これはいいね。まさにガチンコのクリスマスだから。
全員  うんうん。
男②  ガチだね。ガチで行ってるね。
男③  七面鳥焼いてるやつらなんてそういないから。
男①  大体なんか、あれで済ましちゃうみたいな。
男②  妥協してね。
男③  それじゃ逃げなんだよ。
男①  意味を失ってるからね。
男④  これだから、むしろあの恋人たちに見せてやりたいよね。
全員  うんうん。
男①  これがクリスマスだと。
男④  そうそう。浮ついた町の恋人たちに。
男②  これぞクリスマスだと。
男③  見ろと。
男②  間違いないからねえ。
男①  これが正しいクリスマスだから。

      男①、洗い終わる。

男②  洗い終わった。
男①  こっからなんだよ。こっからいかにして、このでかい物体を……。
男③  あれは?味付け。
全員  あー。
男④  味付け。
男②  焼く前に味付けだよ。
男①  何だろう。塩コショウとかかな。
男③  コショウは?
男④  コショウない。
男②  お前、何も持ってねえじゃねえかよ。
男④  いやだって、自炊しないもん。
男①  なんでここを厨房に選んだんだよ。俺たちは。
男②  俺の部屋のほうが良かったじゃん。
男③  あれは?粒コショウ。
男④  粒コショウ?
男③  こうなんか、擦るやつ。大航海時代に高く取引されたやつ。
男②  ないだろう。
男①  コショウないのに、粒コショウないだろう。
男④  ・・・・・・。
男①  え、あんの?
男②  粒コショウあんの?
男④  ・・・・・・ない。
男②  ないんじゃねえかよ。
男③  なんで黙ってたんだよ。
男④  あるわけないからだよ。
男①  じゃああれは?醤油は、ちがうかなあ。
男③  違うねえ。
男②  和風になっちゃうからなあ。
男①  あー。
男③  和風の感じは、できるだけ排除していきたいから。
男②  クリスマスだからねえ。なんと言っても。
男④  ソース。こう、ウスターソース。
全員  いやいや・・・・・・
男②  お前ソースは違うだろう。
男①  ソースは話が変わってくるからなあ。
男④  話?
男③  ソースの味になるから。
男①  ソースがうまいみたいな。
男④  あー。
男③  ソース最高説。
男②  今回は、どっちかっていうと、素材の味を生かしていきたいので・・・・・・。
男①  ま、塩だな。
全員  うんうん。
男②  それしかないからねえ。
男①  塩をこう、七面鳥に刷り込んで。
男②  あー、あらかじめ。
男③  それじゃあ、俺やるわ。
男①  おお。
男④  塩これ。(渡す)

      男④、刷り込む。

全員  (見て)あー。
男①  いいねえ。いい感じだねえ。
男②  なじませてね。
男①  そう。その感じ。いいねえ。
男③  こうだろう。(もみ続ける)
男④  七面鳥って、なんで七面鳥って言うんだろう。
男①  あー。
男②  なんだろう、七面?
男①  七つの顔。七つの顔ね。
男②  (笑って)なんか、七面性があったんじゃねえの?
男④  七面鳥に?
男②  七つの顔を持ってたんじゃねえの?
男①  (ノッて)すごいね。人間でも、大体2面性までなのに。
男③  大体、やさしさと、厳しさみたいな。
全員  うんうん。
男①  そのぐらいだよね。
男②  (笑って)さらにあと5面あるからねえ。
男①  何だろう。ずるさとかかな。
全員  (笑う)
男②  ずるさね。
男①  ずるい鳥。
男③  あと。純粋さ。
全員  (笑う)
男①  逆にね。
男②  ずるさと純粋さを併せ持ってるっていう。
男③  そういう鳥。
男④  あとあれ。あの少年っぽさ。
全員  あー。
男②  意外だねえ。意外な一面をもってる。
男④  元気に飛び回るっていう。
男③  そういう一面ね。
男①  それでいて、渋さな。 
全員  うんうん。
男②  渋さもあるよね。
男①  なんか、思慮深い感じの。
男④  大人の魅力がこう・・・・・・。
男③  最後、エロさ。
全員  (笑う)
男①  最後な。
男②  エロさ。
男③  ベッドの上でも魅力的っていう。
男②  夜の顔を持ってるっていう。
男①  最高の鳥じゃん。
男②  実にさまざまな魅力にあふれた・・・・・・。
男④  食べるのがもったいないぐらいの。
男②  それに引き換え、俺たち何にもないからねえ。
全員  (笑って)うーん。
男①  なんもない。
男③  エロさだけあるからねえ。
男④  (笑って)そこだけ。
男①  あと何もない。
男②  七面鳥の方がよっぽど、魅力にあふれているっていう。
男③  まあまあ、反省してもしょうがないから。
男②  まあね。
男③  今日は聖なる日だから。
男④  そうだね。
男①  キリストを祝う日だから。
男④  エロさとか、そんなのあれだから。
男②  煩悩はね。今日はおいといてね。
男④  (男③に)とか言いつつおまえ、手つき怪しくない?
男③  何が?
男④  七面鳥をもむ手つき、怪しくない?
男③  そんなことないよ。普通だろう。
男②  ちょっとやらせろよお前。俺にも。
男④  俺もやりたいよ。
男③  この辺なんかねえ、すごいいいんだよ。
男②  どこ?
男④  この辺。
全員  (触って)あー。
男①  いいねえ。
男②  実にいい弾力返してくるねえ。
男①  肉感的なこう・・・・・・。
男②  劣情をもよおしてくんねえ。
男④  バターとかいる?
男③  バターあんの?
男④  バターある。(取りに行く)
男①  バターはあるんだ。
男②  ぐっちゃぐちゃになってんじゃん。
男①  何のクリスマスだよ。
            

終了
 
閉じる