ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1999
“ プロポーズ ”

第1話(1999年12月23日 ON AIR)

「永遠を追い掛ける男」
作/花田 明子

出演 和彦 未満健一(惑星ピスタチオ)
  腹筋善之介
  雅子 平野舞
 
  登場人物
山口和彦/高橋守/井上雅子/雅子の母
そこは和彦のマンション。主人不在の部屋。
と、マンションの金庫扉の開く音。
和彦 ただいまぁー。なんてな。居るわけないか。
  和彦の溜息と同時に扉が閉まる音。
鍵をかけるカチャリという音。
玄関で革靴を脱ぐ和彦。
和彦 あーあ。
  鞄をどさりと置く和彦。
留守電話が点滅している。
「再生」を押す。
留守番電話の機械音の声 11件です。
和彦 (うんざりして)え、11件?
  留守番電話の再生が始まる。
守(声) 高橋です。帰ったら電話下さい。
機械音 12月23日  午後7時16分です。プー、プー、
和彦 あ、守。何だ?
守(声) まだお仕事ですかぁー。働きものだなぁー。よ、日本の星!
和彦 おいおい。
守(声) 和彦よぉー。和彦君よぉー。
和彦 用件言えよ。
守(声) つらいよぉー。
和彦 だから何が。
守(声) つーらいぞぉー。
和彦 だから。
機械音 12月23日  午後8時32分です。
和彦 俺だってつらいよ。何なんだよ?
守(声) 僕は今、部屋で元気の出るCDを探していますが見つかりません。みんな寂しい曲ばかりです。
和彦 何やってんだ、あいつ。
守(声) かっずひこー!俺に勇気と元気を与えてくれぇ!
和彦 こいつ大丈夫かなぁ。
守(声) 薄情者がぁー。
和彦 仕事だろ、仕事。
守(声) お前が居ることは分かってる。いいか。五分以内に電話してこい。さもないと・・・・・・。
和彦 さもないと?
機械音 プープープー。
和彦 何だ、それは。(溜息)あ、もしかして、11件って全部お前か?高橋よ。高橋守。
  と、電話から何も聞こえない。
  無言で電話が切れた。プー。プー。プー。プー。
和彦 あーあ
機械音 12月23日 午後10時26分です。
和彦 ・・・・・・あれ?
  と、また無言。
和彦 ・・・・・・。
  プチという電話の切れる音。
機械音 プープープー。12月23日  午後10時55分です。
和彦 あ・・・・・もしかして雅子・・・?
守(声) ちょっと、電話くれってば。くれったらくれよ。くれったら。
和彦 いや、守。お前はいいから。
守(声) かずー。
和彦 あー、うっせぇなあーもう。
  和彦、再生を止め、電話をした。
相手を呼び出すコール音。「トゥルルルル。トゥルルルル。トゥルルルル。トゥルルルル。」
はい、高橋です。
和彦 おい、お前人の留守電で遊ぶなよ。
守(声 ただいま、留守にしております。
和彦 ああ?
守(声) ファクシミリの方はそのまま送信して下さい。電話の方は発信音のあと、
和彦 何だよ、それ。
  と、和彦が切ろうとしたとき、
ああ、かずひこー?
和彦 おい、居たのか。出ろよ、電話。
出ろよじゃないよ。遅いよー。お前遅すぎるんだよー。
和彦 仕事だろ。
仕事と俺どっちが大事なんだ。
和彦 仕事だよ。
何?!
和彦 で、何?俺疲れてんだよ。
何それ。
和彦 何が。
何だよ、それ。
和彦 だから、言えよ。何なの?CD?彼女とデートに行くのか?そのCD探してんのか?
・・・・・・。
和彦 え、どうしたの、守?
お前、残酷な奴だよ。
和彦 あぁ?
だから・・・・・・。
和彦 あ、もしかしてお前も?
え、お前もって?
和彦 だから、
え、じゃあ和彦ももめたの、彼女と。
和彦 久々にすごいことになった。
あ、もしかしてまた浮気がばれたか。
和彦 またって何だよ。
だって前にあったろ。それで雅子ちゃん出てっちゃって。
和彦 あれはあいつの勘違い。
ほんとかよ。
和彦 そりゃそうだよ。
じゃあ今度は何でもめてんの。
和彦 え?
いや、何で出てったの?雅子ちゃん。
和彦 ・・・何で出てったって分かったの?
ああ。いや・・・出てったんだろ?
和彦 あぁ、うん・・・・・・。
何で?
和彦 お前はどうしたんだよ。
え?
和彦 守は何でもめてんの、彼女と。
ああ・・・・・・。
和彦 それ話したくて、あんなにしつこく俺に電話してきたんだろ?
しつこくって・・・。
和彦 ・・・・・・何よ。
うん・・・・・・いや何かもういいんだとさ。
和彦 もういい?いいって何が。
だからもう俺と付き合うのはいいってことだよ。
和彦 (驚いて)ええ?
うん・・・・・・。
和彦 ・・・・・・えーっと。どの子だっけ。
え、どの子って?
和彦 あの、焼酎のお湯割り好きの子か?髪の毛がライオンみたいになってる。
ああ、ドレッドヘアーか。あれは会社の後輩。
和彦 じゃあ、1年半、味噌汁にだし入れずに作ってたっていう、
あれは違うよ。あれは妹の友達。
和彦 でもディズニーランド一緒に行ってたじゃん。
いやあれは誘われたから。
和彦 え?
だって男たるもの、女に誘われたら断れないじゃん。
和彦 そうか?
そりゃそうだよ。そんなことしたら男として最悪でしょ。
和彦 誰とでもほいほい出掛けて行く方が最悪なんじゃないの?
洋子とおんなじこと言うなよ。
和彦 洋子?
あ。
和彦 洋子って聞いたことあるな・・・。
あ、いや・・・・・・。
和彦 あ!もしかして洋子って橘洋子?野球部のマネージャーやってた?
・・・・・・。
和彦 お前ら、もしかしてずっと付き合ってたの?
・・・・・・。
和彦 10年間?
・・・正確に言うと12年と8ヶ月だ。
和彦 え?
俺、隠してたけど中学も一緒なんだ、あいつと。
和彦 中学もって・・・じゃあ中学のときから?
そうなるね・・・。
和彦 そうなるねって・・・じゃあ入部したときから付き合ってたわけ?
いや、正確に言うと、俺が野球部に入部したから、あいつもマネージャーで入ってきたの。
和彦 ・・・おいおい。全然知らなかったよ。
もちろんさ。知らせていなかったから。
和彦 気付きもしなかったよ。
そりゃそうだろ。お前は気付かないよ。
和彦 それどういう意味。
いや、深い意味はないよ。たださ、お前って、何かいろんなことに気がついているようで、肝心なところがすっぽり抜けてる気がするんだよ。
和彦 ・・・・・・。
あ、いや、違うぞ。変な意味じゃないぞ。いい意味もあるんだ、これには。
和彦 いい意味?
まぁ、だからあまり突き付けられないから、周りはほっとするっていうかさ。
和彦 ・・・・・・。
あ、すまん、ほんと、おかしな意味じゃないから。
和彦 雅子もそれ言ってたんだよ。
え、雅子ちゃん?
和彦 一昨日。俺はいつも肝心な時を見逃してゆくってさ。
どういうこと?
和彦 さぁ。 絶対な瞬間に気付かないって。
うーん。それ・・・
  と、キャッチフォンが入った。
和彦 あ。
あ、キャッチ?
和彦 みたいだ。
あ、じゃあ俺、また後でかけるよ。
和彦 あ、いいよ。
いや、出ろよ。
和彦 何で。
いや、雅子ちゃんかもしれないじゃん。
和彦 ああ・・・・・・。
とにかく出ろよ。
和彦 あ、うん。
じゃあ。
和彦 ああ。
  和彦、守との電話を切り、キャッチに切り替えた。
和彦 あ・・・もしもし?
雅子 ・・・・・・。
和彦 もしもし?
雅子 留守電、聞いた?
和彦

あ、雅子。

雅子

とにかくそういうことだから。

和彦

え?

雅子

だから返事を聞こうと思って。やっぱりそう長くは待てないから。

和彦

え、返事って?

雅子

・・・え?

和彦

あ、いや、実は俺今帰ってきたところでさ。

雅子

・・・じゃあ聞いてないの、まだ。

和彦

うん。ごめん。で、何、待つって?

雅子

・・・・・・。

和彦

え?

雅子

やっぱりか!

和彦

え?

雅子

いつだって、何もかも逃してしまう男だ、あんたはー!!

和彦

あ、いや、雅子?

雅子

何かと出会うのも一瞬だが、それを取り逃すのも一瞬だ!

和彦

ああ?何だ名言格言ゲームか?!

雅子

一瞬をつかむ者は永遠を見つけるが、一瞬の背中を見た者は二度と永遠と出会うことはないのだよ!

和彦

あ、いや・・・待てよ。

雅子

もう結構だ!家康は性に合わない!私はもともと信長派だ!

和彦

え、何だ、それは?! 日本史クイズか?!今度は。あれ?

 

と「ツツー。ツツー。ツツー。ツツー。」という虚しい響き。

和彦

あ。

 

尚も聞こえている無常な音。

和彦

何なんだ、一体・・・・・・。

 

と、和彦、電話を再び再生し始めた。

機械音

11件です。

 

「ピ」と、和彦、電話の用件をとばしてゆく。
と、9件目に、雅子の声。

雅子

一昨日は急にマッシュルーム投げてごめんなさい。火傷(やけど)大丈夫でしたか?

和彦

まだ、赤くなってますよ、おでこ。

 

留守番電話にいちいち応える和彦。

雅子

でもあれは和彦が悪かったと思います。

和彦

何で。

雅子

きっと和彦は「何で」と思うでしょうね。

和彦

何・・・で。

雅子

そう、あなたはそう思うはずです。

和彦

はずですって。

雅子

シチューのマッシュルームを投げたことは謝ります。

和彦

当然。すごい熱かったんだぞ。

雅子

でも私は腹がたちました。

和彦

何で?

雅子

「もうそろそろいいんじゃないか?」と私は言ったんですよ。

和彦

そうですよ。

雅子

それがどうして風呂の湯加減なの。

和彦

だって風呂沸かしてたじゃん、あの時。

雅子

「私からじゃなくて和彦からって思ってんだけど」って私は言ってたんですよ。

和彦

そうだよ。

雅子

それがどうして風呂の順番なの。

和彦

風呂の順番以外に何があるわけよ。

雅子

プロポーズでしょ、あれは間違いなく。

和彦

プロポーズ?!

雅子

こっぱずかしい言い方を繰り返せば、結婚の申込みでしょ。

和彦

え、あれが?分からないよ、あれじゃ。

雅子

分かりませんでしたか、やっぱり。

和彦

え、やっぱり?

雅子

回りくどい生き方をしてきた気がします。

和彦

え?

雅子

いつからでしょうか?ぶつかることを避け、できうるかぎり迂回する人生を生きてきた気がします。

和彦

・・・・・・。

雅子

それはもともと自分が壊れてしまうことを避けるためだったのか、それとも誰かを壊してしまうことを避けるためだったのか、もうすっかり分からなくなってしまいました。

和彦

・・・・・・。

雅子

それはもしかしたら和彦もそうではなかったでしょうか?あなたが待っているのは絶対な何かですかです。それは・・・・・・どこにもないものです、きっと。

和彦

・・・・・・。

雅子

だから、敢えてです。あくまでもです。いかんせん全部飛び越えて尚です。私、井上雅子は、山口和彦に、ここは敢えて、結婚を申し込んでみます。いや、もとい、申し込みました。返事を下さい、長くは待ちませんが、少しなら待ちます、今でも随分まったんで・・・。秀吉くらい自信家なら、いつまでも鳴こうとしないホトトギスをなんとかできるんでしょうが、まぁ、私はここは敢えて、家康でいきます。じゃあ。

和彦

・・・・・・。

雅子

プー。プー。プー。プー。12月23日 午後11時36分です。

 

「ピ」和彦が再生をやめた。
長い間。

和彦

・・・・・・永遠を逃がす男?・・・俺が?・・・・・・俺は通り過ぎる永遠の背中を見てきたのか?今まで?・・・そして、これからも・・・・・・?いや・・・いやいやいや・・・・・・いやいやいや・・・・・・。迂回してきたのは・・・・・・俺か?

 

と、ふいに和彦、電話をかけ始めた。
電話の呼出し音「トゥルルルル。トゥルルルル。トゥルルルル。トゥルルルル。」

雅子

はい、もしもし。

和彦

あ、あの夜分遅くすいません。雅子さんは・・・。

雅子

あ、ちょっと待って下さいね。雅子―。雅子―。

和彦

(受話器をあてつつ)いや違うでしょ。逃げて行く永遠を追い掛ける男ですよ、俺は。ロマンチズム。永遠のローマン主義者。

雅子

(不機嫌な声)何?いなさら何か用?

和彦

(不意におどおどと)あ、ごめん。今留守電聞きました。今、ほんと今、でね。


おしまい
閉じる