ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1999
“プロポーズ”

第4話(1999年12月23日 ON AIR)

「tree」
作/久野那美

出演 少女 重定 礼子(南河内万歳一座)
  腹筋善之助 
  平野 舞
 
森の中に、2本の大きな木がありました。
2本の木はお互い、隣に立っているもう一本の木のことがとても気になっていたのですが、根元からしっかり地面に固定されていましたから、一歩でも近づくことはできませんでした。枝が触れあうにも少し距離がありすぎるのでした。ですから2本の木は並んで立って、一緒に太陽の光を受けていました。同じ風に吹かれ、同じ雨に打たれ、同じように葉を茂らせていました。何百年もの間、2本の木はそうして一緒に立っていました。
  あるとき。木は切り倒されて運ばれていくことになりました。森が開発されることになったのです。
1本目の木が切り倒されました。
2本目の木も切り倒されました。
  ばらばらに放り出された木が見た森は、それまでと全然違う森でした。
もう1本の木の姿も、それまでとは全く違って見えました。
最初に切り倒された木は、次に切り倒された木に言いました。
「一緒に日の光を浴びることも、一緒に葉を落とすことも、一緒に実をつけることも、できなくなってしまった。できないし、どうしてだか、今はもう、そうしたいとも思わない。」・・・2本目の木も、同じことを考えていました。
「またどこかで会うことがあるだろうか。」木は続けて言いました。
「もう一緒にはいられないけど、もしもまた。いつか。どこかでもういちど会うことができたら・・・。そのときは、そう・・・。」
こういうときに言う言葉があったような気がしました。これまで、使うことができなかったので忘れていたのですが・・・。そう、木は続けて言いました。
「<一緒になろう>・・・・・・。」
  言ってみたものの。どういうことなのか、よくわかっていませんでした。
言われた方の木にも全然わかりませんでした、
でも、なんだか満足して。なんだかとても満足して。2本の木は頷き合いました。
  まもなく、切り倒された2本の木は、それぞれ別のところへと運ばれていきました。
森はきれいに整備され、あとには遊園地が出来ました。
森の奥で交わされた小さな約束のことを、知っている人は誰もいませんでした。
  12月24日。夕暮れの近づく遊園地。にぎやかに人が行き交う中、
男が一人。ベンチに座って観覧車を見上げている。
来ないよな。やっぱり。
  男、たばこに火を付けようと、ライターを擦る。
しゅっ。しゅっ。
ガスが切れてるのか、炎が上がらない。
ちぇっ。
(男) 「いつかもし。またどこかで会うことがあったら・・・。」
  あいつは最後にそう言った。
会うことがあったら・・・?
何を言いたかったのか、結局分からないまま、夏が過ぎ、秋が過ぎ、冬がやってきた。
はじめて会ったのは冬だった。
観覧車に乗った。
その次の年も。その次の年も。その次も、次も、次も・・・。
観覧車の窓から見る山は、毎年少しずつ崩されて。大きな町になっていった。
観覧車の窓から見る海は毎年少しずつ埋め立てられて、陸の形を変えていった。
考えてみたら。なんで毎年毎年毎年。おんなじところでおんなじことしてたんだろ。・・・そんなふうに、初めて思った。
  「・・・変わっていったのは、海と山だけではありませんでした・・・・・・。」
わかってる。のに俺、何しに来たんだろう。
  遊園地の雑踏。
男はぼんやりと眺めている。
メンイ会場は向こうにあるらしく、
親子連れやカップルが足早に通り過ぎていく。
  やがて。
コスチュームをつけた女の子がひとり、バスケットを下げて近づいて来た。
女の子 マッチはいりませんか?
・・・え?
女の子 ・・・マッチ、いりませんか?
マッチ?
女の子 はい。
・・・・・・・・どうして?
女の子 マッチ売りなんです。
マッチ売り?
女の子 (小声で)本物じゃないんだけど。 クリスマスのイベントなんです。
・・・サンタは?
女の子 サンタの方がいいですか?
いや・・・
女の子 家族連れやお二人連れのお客様にはサンタが向こうでプレゼントを配っています。マッチ売りは・・・それ以外のお客様のために、こうやってマッチを配ってるんです。
・・・はあ。
女の子 この遊園地のオリジナル。
  男、しばらく考えている
俺はマッチか・・・・・。
女の子 ・・・そんな嫌な顔しないで下さい。
いや・・・。
女の子 サンタはどこでも会えるでしょ。
・・・。
女の子 お客さん・・・。去年も、来てませんでした?なんだか・・・。
来てたよ。去年もおととしも、その前も、その前も・・・。
女の子 そんなに、来てたんですか。
どうせ、俺は芸がないよ。
女の子 え?
おなじことしかできないよ。
女の子 いえ・・・。
そういうのがよかったんだよ。
女の子 ・・・。
でも、同じじゃなかった。
女の子 ・・・。
・・・・・・同じじゃない。今年は君に会ったから。
女の子 ・・・そんな風に(言わなくても・・・)・・・。
アルバイト?
女の子 ・・・はい。
長いの?
女の子 3年目です。
ふうん。全然知らなかった。
女の子 ・・・。
サンタには毎年会ったけど。
女の子 ・・・すみません。
なんで、こんな日に仕事してんの?
女の子 ・・・。(しばらく黙っている)
いや・・・・・・・ごめん。
女の子 妙な間。
いくら?
女の子 え?
マッチ。
女の子 ・・・ああ・・・。いえ。今日はただで配ってるんです。
え、でもマッチ売り・・・
女の子 一応、そうなんですけど。
ふうん。じゃ、ひと箱。
女の子 はい。(マッチを手渡す)
シュッ。男、マッチを擦る。軸の先に炎・・・。
女の子 いいマッチでしょ。(軸の先の炎を見ている)
これだけ?
女の子 え?
なんか出ないの?
女の子 なんか?・・・鳩とか?
七面鳥とか、ツリーとか。
女の子 七面鳥とかツリー・・・。・・・・・・今ほしいのは、七面鳥とかツリーとかですか?
・・・。
女の子 あ・・・。
じゃあ、どうすんの?マッチ擦って、それで・・・。
女の子 だから。暖まったり、火を眺めたり、いらないものを燃やしたり。
・・・。
  遊園地の雑踏。親子連れが通り過ぎる。
男、何気なくそちらに目を遣る・・・
女の子 誰か、待ってるですか?
・・・待ってると思ったらマッチ売りに来ないでしょ。
女の子 ・・・。
暖まったり、眺めたり、燃やしたり・・・。
女の子 ・・・。
  男、考えているが、ポケットから手紙を取り出す。
しばらく見ている・・・。
火つけてくれない?これに・・・。
女の子 なんですか?それ・・・
・・・
女の子 ずいぶん。くしゃくしゃになってますね。
・・・
女の子 薄くて綺麗な紙なのに・・・。
・・・
女の子 何か、書いてある。
・・・
女の子 ・・・手紙・・・?それは・・・
火、つけてくれないかな、これに。
  女の子、しばらく見ているが・・・
女の子 もらった手紙・・・・・・。出せなかった手紙・・・・・・。
え?
女の子 燃やされるのはどっちかな・・・。
(何か言いかける)
女の子 (・・・が、遮られる)ずいぶん、古い紙。でも綺麗な紙。
・・・・・・プロポーズ、しようと思ってた。(ふてくされてる?)
女の子 え?
今年。今日・・・。ここで会ったら・・・。
女の子 ふうん。
だけど・・・・・・・・・
女の子 ・・・だけど、「今年はもう会えなかった。」
だけど・・・
女の子 だけど、「来てみたら会えるかも知れないと思った。」
・・・・・・・・・女々しい?
女の子 うーん。
未練がましい?
女の子 うーん。
でも、会えなかった。
女の子 ・・・。
あたりまえか。
  女の子、マッチを擦る。手紙に火をつける・・・
女の子 トナカイ達が引っぱるわけですね。
え!・・・あっあー・・・。(あわてている)
女の子 火。つけちゃってよかったんですよね。(落ち着いている)
・・・ああ・・・う・・・うん・・・(観念して見守っている)
女の子 薄いから。燃えやすいですね。
・・・。
  女の子、手紙を地面に落とす。
炎がゆっくりと縁を焦がしていく。
女の子 くしゃくしゃだから、さらに燃えやすいです。
・・・。
女の子 ・・・・・綺麗ですね。
うん・・・。
女の子 風つよいのに。
・・・。
女の子 火・・・消えませんね。
・・・
女の子 さすが、いいマッチですね。
火が消えないのはマッチのせい?
  女の子、燃えている紙を見ている。
女の子 ・・・・・・紙のせいかな?
・・・
女の子 薄くてくしゃくしゃの紙だから。
  ふたり、しばらく燃えるのを見ている。
小さな炎。白い煙が静かに空へ上がっていく。
ふたりは炎と煙を見つめたまま。
女の子 けっこうあったかいですね。
・・・あ・・・うん。
女の子 マッチ1本でも火ですからね。侮れませんよ。
・・・
女の子 そんなにじっと見てなくても・・・。
・・・
女の子 ・・・・・プロポーズ、ほんとにしようと思ってました?
え?(動揺している)
女の子 いえ・・・。
思ってた。(きっぱりと)
女の子 ・・・・・・じゃあ、なんで去年じゃなかったの?
え?
女の子 じゃあなんでおととしじゃなかったの?
 
それは・・・。
女の子 ごめんなさい。越権行為です。私はマッチ売りでした。
いや・・・。
女の子 しかもアルバイトです。
 
女の子 まだ3年目。
・・・。
女の子 燃やすのは、これだけですか?
・・・
女の子 マッチ、役に立って嬉しいです。
  遊園地の雑踏は少しずつ静かになる。
女の子 煙。
え?
女の子 ずいぶん煙出てますね・・・。
ああ。
女の子 しばらくこのまま置いときましょうか。
・・・うん。
女の子 乗らないんですか?観覧車。
え?
女の子 さっきからずっと見てるから・・・。
・・・。
女の子 ここで待ってても、もう誰も来ませんよ。きっと・・・。
・・・うん・・・。
女の子 ここで待ってても・・・。
  男、煙が上がっていくのをぼんやりと見ている。
薄暗くなってきた。
向こうの方では灯りがともり、にぎやかな音楽も聞こえている。
このあたりはもう、とおりかかるひともいない・・・。
遊園地の雑踏は少しずつ遠ざかり・・・・・・遠くから、物語が聞こえてくる。
最初に倒された1本目の木は、やがてマッチ棒になりました。
あとで倒された2本目の木は、上質のパルプになりました。
森の奥、並んで太陽の光を浴びていた2本の木は、お互いの姿を見ることもない、
別々の世界で暮らすことになりました。
森の中でのことは、遠い昔のできごとでした。
気の遠くなるような長い時間が、それから過ぎていったのです。
  ある年のクリスマスの日。
マッチ棒になった1本目の木とパルプになった2本目の木は、小さな炎の向こうに再び、相手の姿を見つけました。
次の瞬間。
小さな炎からは、香ばしい白い煙が上がりました。
白い煙は、冷たい空気の中を、ゆっくりと空高くのぼっていきました。
どこへ届くこともなく。ただ、どこまでものぼっていきました。
  何をどこへ運んでいこうとしているのかわかりませんでした。
誰かがじっとこちらを見つめているのにも、全く気付きませんでした。
そんなことを考える間もなく。
マッチ棒とパルプは端からどんどん白い煙になって。
静かに空高くのぼっていったのです。


終わり
閉じる