ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1998
“愛の・恋の・想いの・夢の方程式“

第2話(1998年12月23日 ON AIR)

「少しだけ・・・」
作/み群杏子

出演/  坂口 修一(TVNTRHYTHM)
   平野 舞
 
  電話の音。
女、電話に出る。
はい?  ・・・  もしもし?
・・・ おれ。
・・・ あの・・・(ダレ?)
・・・ かずえ?
あ ・・・ いえ・・・
・・・ 原さんのお宅じゃ・・・
あ、ええそうですけど・・・
・・・かずえに、代わってくれますか?
居ないんです。ちょっと、旅行に行ってて・・・
旅行? どこに?
・・・  (ア、コノ人ッテ、モシカシテ、カズエノ?)
もしもし・・・
あ、ごめんなさい。聞いてないんです。
君は?
私?
かずえは、独り暮らしのはずだけど。
留守番に来てるんです。
かずえが、旅行に行ってて、君がそこに一人でいるの?
ええ・・・
かずえの知り合い?
え、ええ。高校の時の友達で・・・  (ダメダメ、モウ、ソレ以上、余計ナコト、話スンジャナイノ)。
いつ、帰ってくるのかな。
(ホラ、キタ)さあ、私、それも聞いてなくて・・・、ほら、彼女って、秘密主義だから(モウ、ナンデ、ワタシガ、イイワケナンカ、シナキャナンナイノヨ)
(笑って)正直な人だね。
私、が? (アラ? コノ音・・・ )
  女の耳に、受話器を通して、コツコツという音が聞こえてくる。
言われてたんだろ、かずえに。変な男から電話がかかってきたら、相手にするなって。
・・・ あの、かずえが帰って来たら、伝えておくわ。お名前・・・
いいんだ。
え。(ヤッパリ、聞コエル。ジャ、昨日ノ電話モ? コノ人?)
なんとなく、電話してみたくなっただけなんだ・・・ おそくに、悪かったね。じゃ・・・
待って。
何か?
もしかして、昨日の無言電話も・・・ あなた?
どうして・・・
それ・・・
その音・・・ 受話器、指で、弾いてるでしょ。
ごめん、くせなんだ。耳障りだったかな。
知り合いにいたの。同じ、くせの人が。
そう。
昨日の電話。私、その人からだと思っちゃって・・・ でも、考えたら、その人が、ここの電話番号知ってるはずないのよね。
その人だと、良かったのかな。
べつに、そんな・・・ もう、ずっと前に、別れた人だから。
かずえの、友達だって言ってたね。
ええ。
どうして、そこにいるの?
たのまれたの。留守の間の猫の世話と植木の世話と。
あいつ、男と、一緒なんだろ。
さあ、私は・・・でも、そんな風に、考えないほうが、いいんじゃない?
どうして?
どうしてって・・・
・・・ 君は、かずえとは、違うタイプみたいだね。
どうかしら。
俺、会ってるかな。君と。
会ってないと思うわ。かずえとだって、たまにしか会わないもの。でも、私といると安心するみたいなのよね。私って、ライバルになるような女じゃないから。
俺のこと、何か言ってたか。
喫茶店、やってる人でしょ。
そうだよ。
すごく、コーヒーのおいしい店だって、言ってた。
うん。それだけは、自慢できたな。
それが一番よ。
潰れちゃったけどね。
・・・ 残念。一度、行きたかったのに。
また、いつかやりたいと思ってるよ。
楽しみにしてるわ。
・・・ 当分は、無理だろうけど。
・・・ 今、どこにいるの?
どこかな。遠く離れた、北の、街だよ。いろんな人に、迷惑かけたまま、こんな所に隠れて、俺、何やってるんだろな。駅前の、ビジネスホテルに泊まってるんだ。こんな時間なのに、街は眠らないんだね。人通りが多くてにぎやかな所だよ。
だって、クリスマスよ。
そうか、クリスマスか。
忘れてた?
すっかりね。
ホテルの、部屋にいるのね。
ああ。
どう、窓の外?
きれいだよ。
ここからの夜景も、きれいよ。
知ってるよ。
よく、来た?
うん、去年のクリスマスも行ったな。
ツリー、飾った?
いや。どうして?
じゃ、出さなかったのね。ここの押入れの奥に仕舞ってあったわ。何年か前にね、私とかずえとで買ったの。小さなクリスマスツリー。
そんなもの、見たことなかったけど
かずえ、自分でも、忘れてるんじゃないかしら。ほこりだらけだったもの。私、ひっぱり出してきて、今、それ、飾ってるの。きれいよ。鈴とか、星とか、靴下とか、サンタさんの人形とかね。うれしそうに、飾っちゃった。ごちそうも作ったのよ。ワインも奮発して、思いっきり贅沢な、ひとりきりのクリスマスよ。
ひとりきりなんて、もったいないね。
もてないもの、私。
そんなことないと思うけどな。
しらないくせに。そうだ、今、あなたを特別に、ここに招待してあげるわ。少しの間だけ、クリスマス気分、味わってみない?
いいね。
さ、ワインをあけて。
よし。うーん、いいワインだ。
ブルゴーニュ産の赤ワインよ。
グラス、あるかな。
ちゃんと、二つ用意してあるわ。
お、料理のいいにおいがしてきたぞ。
ビーフシチューよ。好き?
大好物だ。
よかった。
ねえ、肝心のこと、聞いてなかった。君の名前。それに、
しらない方が、似合ってると思わない?今だけの、にせの恋人たちにはね。
にせの恋人たちか。
目をつぶって。
うん。
見えるでしょ。テーブルの上のワイン。
ロウソクの明かり。
あたたかなシチューの匂い。
そして、君。
つまり、そういうこと。明日になれば、消えるの。
つまり、そういうことか。
そう、そういうこと。
・・・ じゃ、乾杯!
メリー・・・ クリスマス!


END
閉じる