ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1998
“愛の・恋の・想いの・夢の方程式“
第3話(1998年12月23日 ON AIR)

「ローソク夜、一九九八。」

作・松田正隆
出演
遠坂百合子(惑星ピスタチオ)
腹筋善之介
―夜。男女の前にはコタツの上のクリスマスケーキ。
  ろうそくが何本か、ともっている。
  ゆれる炎を前にして。
メリークリスマス。
メリークリスマス。
―間
消しいな。ローソク。
え?消すの。
消さへんの。
誕生日じゃないんやで。
あ、そっか。
―間
どないすんの。
歌、唄ってえな。
え?
クリスマスソング。
きーよしー。この夜ゥ~。ラララ~。
ラーラァララァラ~。な~んとか~。ど~たら、こ~たら。
もうええわ。
じゃ・・・。電気つけよっか。
うん。
・・・。
何。つけへんの。
きれいやな。思うて。
うん・・・。
食べるのもったいないな。
うん・・・。あたし、おなかへってへんから食べへんよ。
ええ~、おれも、さっき食べたとこやし、カレー。
何で、クリスマスにカレーやねん。
しゃあないやろ、残ってんのやから。
せっかく買うて来たのに。
そやから、もうちょっとしたら食べるがな。
あ!なめんなや。
うわ、おいしい。
何でそんなことすんねん。
ええやないの。私が買うたんやから。
・・・おいしい?
うん。
・・・ほな、オレも・・・。(なめて)うーん、ほんまや、おいしい・・・。
ね。
うん・・・。(と、またなめる)
ちょっ、やめえな。きたないやろ。
何で。
そこは、あかん。
だから、何で。
そこは私が食べよ思てたとこやねん。
・・・。何で、そんなこと決めんねん。
これ、えらぶ時から決めてたんや、雪ダルマんとこは、私がもらうて・・・。
かってに決めんなや。
ええやないの。私が買うたんやから。
お前な、それ言うたら、何でもゆるされるて思うてるんちゃうんやろな。
そうや。
これ買うたんが、そんなにえらいんか。
えらいんや。
もう、ええ。食べへん。絶対に食べへんし。
ええよ。食べんとき・・・。
―間。男ぶつぶつ、女ぶつぶつ。
―女、フーッと、ローソクを消す。
あ、お前。何、消してんねん。
・・・。
もう、電気つけるで。
去年は停電やったんやな。
え?
去年のクリスマス・・・。停電して・・・。ローソクつけたやん。
あ、そうやった?
覚えてへんの。
そういうたら、そうやった気もするけど。
私の部屋やったんちがうかな。ケーキはなかったけど・・・。
ああ、そうやったかな。
何や、早いな。もう一年たったんやで。
うん・・・。・・・つけるで、電気。(と、立って)
―と、電灯をつける男。
・・・別に、何もない一年やったけど・・・
それでも一年すぎたことに驚いてまうわ。
何言うてんね。
何もかわってへん。あんたも・・・私も・・・。
そんなかんたんにかわるわけないやろ。
ま、そやけど・・・。
・・・。
あ、私ね。ここに来る途中で、蛇、踏んでもうたんよ。
え?蛇?
うん。びっくりした。・・・何で、こんなとこに蛇がおるんって思うた。
どこで。
そこの下の道。・・・しゅるしゅるしゅるっていきなり出て来て、ふんだんよ。
・・・ケーキ、おちそやった。
こんな時期に?
そうなんよ。それで、びっくりして・・・ふっと思ったんよ。
・・・何を・・・。
あんたの顔、思い出せるやろか。
ええ?
こんな、思いがけず蛇を踏むようなことがあっても、ちゃんとあんたの顔、
思い出せるやろか?
・・・それで、思い出せたんか。
思い出そうとしてるうちに、この部屋に来てもうて、
そしたら、あんたがそこにおって思い出す間もなく、あんたの顔を見てもうた。
何や、それ。
あ。あ。あ。・・・雪ダルマ・・・食べんといて。
・・・。
もう、ほんま、食べんといてよ。
あ。
・・・何?
雪や・・・。雪降ってきた。
ウソや。
ほんまやて。
何でわかんのよ。
・・・静かになんねん。雪ふると・・・。
・・・。
な。・・・静かになったやろ。
うん・・・。
―間。
と・・・雪がふっているのか?静かである。
音のない世界。声をひそめて女。
あ・・・食べんといて・・・あかんて・・・それだけは
食べんといて・・・あかん・・・。・・・ちょっあかんて。
―雪が降る。