ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1997
“12月23日午後3時”

第1話

「天使が生まれる。」

作・冬乃 モミジ
出演
紳士 腹筋善之介
天使 平野舞
紳士
時々、天使が生まれることがある。
ほんとだよ。
見分けるのは、簡単。
目を見ればいい。それが小さな赤ん坊でも、大人でも、すぐにわかる。
白いセーターを着ている時は、特にわかりやすい。そう、天使は、白い、やわらかいセーターがとてもよく似合うんだ。
天使
「こんにちわ。」
私は、その紳士に声をかける。
「何の花が咲くの?」
彼は、ジョーロで花壇に水をやっている。その紳士が住む家をぐるりと一周している花壇。紳士は、花壇に水をやるときにも、きちんとした身なりをしている。着心地のよさそうな白い上下。私は彼の素敵な白い帽子が大好きだ。
紳士
「冬の花だよ。」
天使
花の名前を聞いても、彼はわからないという。
紳士
「とても奇麗な、冬の花さ。」
天使
今日、私が歩いてきた道にも、たくさん花が咲いている。みんな彼が水をやっている。
紳士
「名前はないんだ。僕にも君にも名前がないように。・・・数えきれないくらい、名前なんて覚えきれないくらい、色んな花があるからさ。でも、どれもこれも大好きなんだ。」
天使
私は、ちょっといじわるな質問をしてみる。
「特別に好きな花はあるの?」
彼は、ジョーロの手を止めて、それから楽しそうに笑って答える。
トト
どなたですか?プレゼントなら…
紳士
「あるよ、・・・でもナイショ。」
天使
そこで、彼は、私が今日来た理由に思い当たる。
紳士
「あれ、今日だった?」
天使
「はい。」
天使
紳士は、ジョーロを花壇のわきに置いて、素敵な帽子をはずし、私を部屋に招き入れ、お茶の用意をはじめだす。部屋の真ん中には、真っ白なクリスマスツリー。
「本当は、イブのはずだったんだけど、少し早く行くことになって。」
ハーブティーのいい香りがする。・・・きっと彼は、このハーブの名前も知らないのだろう。
「お父さんは、・・・クリスマスだといいって思ってたんだけど・・・早く行ってしまってがっかりしないかしら。」
紳士は笑っている。
紳士
「しないさ。」
天使
「だといいけれど。」
紳士
「それが今日になったのは、今日がそれに一番ふさわしい日だからさ。」
天使
「12月・・・23日?」
紳士
「そう。」
天使
紳士の言葉は、彼のいれてくれた暖かいお茶とおんなじだ。
紳士
「そこは、どんなところ?」
天使
私はその街の話をする。
「海があって、・・・港があって、・・・風が吹いてて、・・・人が・・たくさん集まる街なんだって。」
紳士
「そう。」
天使
「私の家の窓からも海が見れて、小さなベランダには色んな花があって。」
紳士
「お母さんに、花の名前を教わるといい。」
天使
「はい。」
天使
私は紳士の顔をじっと見る。帽子がなくても、じゅうぶん素敵。
意外と、きりりとした顔。
「私、二〇二〇のクリスマスに、大切な人と、巡り会うんだって。・・・貴方のような人だといい。」
彼は、それはどうも、と言って、次のように続ける。
紳士
「その頃には、すっかり僕のことなど忘れているよ。」
天使
そんなことは知っています。
「私がいつか巡り会うその人も、ちょうど今、同じ街にいるんですって。」
紳士
「サンタクロースのプレゼントを信じて、待っている小さな男の子。」
天使
「はい。」
紳士
「楽しみだねぇ。」
天使
「はい、とても。」
天使
私は、彼のもてなしにお礼を言って、花の館をあとにする。
「いってきます。」
紳士
「ずーっと先に、また会いましょう。」
天使
「はい。」
(鉛筆でノートに書き込むような音)
紳士
「1997年12月23日 午後3時10分ちょうど。・・・いってらっしゃい。」
天使
大きな白い扉の前に立つと、それが静かに開く。
扉の向こうには、何にも見えないけれど、私はそこにゆっくり入っていく。
紳士の言葉を思い出す。
紳士
「それが今日になったのは、今日がそれに一番ふさわしい日だからさ。」
天使
・・・私はどんな名前になるのだろう。・・・いつか、お母さんに教わる花の名前と引き替えに、彼の事をすっかり忘れてしまうまで、彼がいってくれたことを覚えていられますように。
<産声>
天使
「・・・僕が花に水をやるとき、地上にはやさしい雨が降るよ。寒い時には、雪になる。・・・君の誕生日に、君が望むなら、君の街に、静かに雪を降らせてあげるよ。
ハッピーバースディ、それからメリークリスマス。」
紳士
私はたった今、港の見える、とある病院で、生まれました。
お父さんも、お母さんも、みんな、私に笑いかけています。
はじめまして。
一緒に幸せになりましょうね。