ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1997
“12月23日午後3時”

第2話(1997年12月23日 ON AIR)

「冬の観覧車」
作/松田 正隆

出演/ 塚原 史郎(劇団パノラマ☆アワー)
  平野舞
 
  ―――ある遊園地のベンチ。二人の男女。人々の歓声。
「・・・ああ、もう、退屈やなぁ・・・。」
「まだ3時20分やで。何か乗って来たらええやん。ジェットコースターとか・・・。」
「そやし、一緒に乗ろうや。」
「ええって言うてるやろ。」
「こわいんやろ」
「こわないって。」
「じゃ、何で乗らへんの。」
「何でもええやん。」
「ほんなら何でここ来たん。こうやってぼーっとベンチにすわってるだけやっやら、わざわざこんなところまで来んでもええんやんか・・・・・」
「お前が来たい言うからやんか。」
「行ってもええよ言うたんはあんたやないの。」
「ジェットコースターとか、そんな子供の乗るようなもん、オレは嫌いなんや。」
「ここは遊園地やで。大人のあそぶようなもんが何であんの。」
「・・・・・」
「(小声で)・・・全く、何しに来たかわからへんわ」
「(小声で)・・・そやから、一人で乗って来ればええって言うてるんやないか・・・・」
「何で私だけ一人で乗らなあかんの。そんな人どこにもおらへんわ。となりに男の人がおって、その人のたくましい腕つかんで、キャーッ、キャーッって、言うから、おもろいんやないの・・・。一人で、つつましやかに乗ってても、アホみたいやんか・・・・。」
「・・・・そこのゴミ箱と一緒に乗って、それにしがみついとったらええやんか。オレの腕は、たくましゅうできてへんのや。」
「もうええわ!」
  ―――ある遊園地の喧噪。やがて遠ざかる。
―――観覧車の回る音。二人はゴンドラに乗り込み、ドアを閉める。
「・・・・・これやっやらええやろ。」
「・・・・・まあ、・・・ええけど・・・・。」
「ベンチにすわってんのと、かわらへんやんか・・・。」
「まぁ、そうやけど・・・。」
「なに・・・何か文句あんの。」
「いや、ないよ、別に・・・」
「顔が不満そうやない。」
「あのな、オレは生まれつきこんな顔しとんのや。ほっといてくれ。」
  ―――間。
「・・・・・やっぱりこわいんやろ」
「こわないって」
「こわいんや」
「こわないって、何べん言うたらええねん。」
「ほら、ほら(と、ガタガタゴンドラをゆらす)」
「ちょっ、やめろや!」
「・・・」(笑う)
「何がおかしいんや。」
「これからもっともっと高なんのやで。大丈夫なん?」
「大丈夫に決まってるやろ」
「・・・」(笑う)
「笑うなって」
「・・・いや、だっておかしいんやもん。」
「あのな。」
「下見たらあかんて。・・・視線をあげて、地平線の方、見とったらええのよ。」
「うん・・・。わかってるって・・・。」
「(笑いつつ)・・・そやけど・・・・こんなに遊園地が嫌いな人もおらへんわ・・・・」
「・・・別に、嫌いなわけやないって・・・」
「・・・顔の表情は正直やからなあ・・・」
「お前、ホンマに意地悪いんやなあ・・・。」
「・・・」(笑う)
  ―――観覧車は回る。
「よう見えるなあ・・・。あっ・・・私の家・・・。ほら、ほら、あのコンビニのとこ・・・見えるやろ・・・・」
「うん・・・・。」
「あんたの家は・・・・ええっと・・・どこ?・・・・。」
「・・・・・オレな・・・子供の頃・・・来たことあんねん、遊園地。こんな大きなところやなかったんやけどな・・・。まだ、小学校あがる前やったかな・・・親父と二人で・・・。」
「・・・へえ・・・・」
「親父が、何でもお前の好きなんに乗ったらええぞって言うから、オレ、メリーゴーランドに乗ったんや・・・・。」
「ふーん。」
「・・・最初のうちは、一週、二週とぐるぐるまわるたんびに親父が見とってくれたから、安心してたんやけど・・・そのうち、夢中になってしもたんか、ふっと気がついたら、親父がおらへんねん。何週、まわっても、どこにもおらへんねん・・・。止まって、木馬から降りて、いろいろ探しまわってみても、おらへんねん・・・どこにも・・・。ほんま、血の気がひく言うたらええんやろか・・・。どない言うたらええんやろ・・・わからへんわ、あんときのことは・・・・。」
「・・・・それで、どうしたん?」
「係員の人に事務所みたいなところに連れて行かれて・・・呼び出してもろうたんやろな、アナウンスで・・・しばらくしたら、親父が来て・・・・・。」
「へえ、よかったやん。・・・迷子にならんで・・・」
「・・・・・うん・・・そうなんやけど・・・・。・・・・でもな・・・そのときオレ・・・親父の顔、見ても、あんまりうれしなかってん・・・何でやろ知らんけど・・・・。ちっとも、うれしなかったんよ・・・・。」
「・・・何で・・・」
「親父・・・もしかしたら・・・オレから逃げたなったんちゃうかな・・・・。何や・・・そんなふうに思うたんかもしれんなあ・・・・。」
「・・・・そんなわけないやん。」
「・・・うん・・・・そんなわけないか・・・・」
  ―――間。
「なあ・・・」
「うん?」
「そっち行ってもええかな。」
「え?」
  ―――女、動いて、男のとなりにすわる。ゴンドラが動く。
「おい・・・ちょっと・・・あぶないやろ・・・あかんて・・・」
「ええやない・・・」
「バランス悪いやんか・・・・」
「大丈夫やて」(と、男を抱いて)
「・・・・おい、ちょっと・・・やめろや・・・。はずかしいやろ。」
「誰も見てへん・・・・。見られへんねん・・・下界の人は・・・・・。」
「ええ? 何で・・・・」
「ここは天国にいちばん近いんやから・・・。」
  ―――二人抱き合う。観覧車はまわって、ゴンドラは地上へ近づいてゆく。



閉じる