ラヴィーナ STORY FOR TWO
クリスマススペシャル1997
“12月23日午後3時”

第4話(1997年12月23日 ON AIR)

「恋…私の恋」
作/飛鳥たまき

出演/ ぼく 保村大和
  女の子 平野舞
  恋売りの男 腹筋善之介
 
  (繁華街の中程の小さな公園。真ん中の仕掛け時計の針はもう少しで午後四時。
植え込みの柵に腰掛けている若者達、ギターを手に歌う二人組、パントマイムのお兄さん、ビラをくばる人、手品をする人・…せわしく行き交う車、アーケード街から聞こえてくるクリスマスソング……)
恋売りの男 「…恋はいかがー今日限りのバザールだよー楽しい恋、激しい恋、かわいい恋・・・よりどりみどり、あらゆる恋がそろってるよ。
なんてたって今日はイヴイヴ。今ならクリスマスに間に合うよー。
甘い恋、暖かい恋、ロマンチックな恋、お好みのまま。
そんな恋は要らない?ん~OK。
そんな人も、もちろん、ご心配なく。なんてたって、今日はイヴイヴ、特別大バザールだよ。
結ばれない恋、悲しい恋、孤独な恋……さあさあ、クリスマスがやってくるよー今日がラストチャンス、イヴイヴ大バザールだよーそこのお嬢さん、いかがですか」
女の子 「?……」
「そうそう、赤いコートのお嬢さん、恋はいかがですか」
女の子 「…いらない」
「お好みはどんな恋?」
女の子 「どんな恋もいらないわ」
「おや、それは大変だ……うーん、赤いコートのお嬢さんには……星の恋?…」
女の子 「…星の恋?」
「それとも、モミの木の恋?」
女の子 「…ふふ…クリスマスだから?」
「うーん…トナカイの恋がいいかなー。首の鈴がなるとねー」
女の子 「鈴がなると?」
(恋売りの男、片目を閉じて人差し指を小さくふりながら)
「tutututu…そこから先は買ってのお楽しみ…」
女の子 「…いいの、恋なんか」
「おや、恋なんか?聞き捨てならないねぇ」
女の子 「ええ、恋なんかいらないわ。あんなもの、なくたって生きていけるもの」
「ははーん、まだ、お好みの恋を手に入れたことがないと」
女の子 「(少しむっとして)お好みってなによ」
「ご安心ください。今日はイヴイヴ、ラストバザール。お嬢さんのお好みの恋、お望みの恋、なんなりと」
女の子 「私の望み?私の恋?……」
(ざわめき遠のいていく)
ぼく 「『あっ、雪』かすかなつぶやき。思わず見上げた。灰色の空から、ゆっくり雪は降りて来る。ざわめきの中でぼくはつぶやきの主を探す。たき火色のコートを着た君が、じっと空を見上げていた」
女の子 「『雪…』つぶやくと、雪が降ってきた。 空を見上げる男の人の枯葉色のマフラーに、雪はふんわり舞い降りた」
ぼく 「公園の隅、手品仕掛けの紙のピエロ売り。
『立って!』『座って!』
うすっぺらのピエロは号令のままに立ったり、座ったり。
君はよほど不思議だったんだ、瞬きもせずみていたね」
ぼく 「ピエロ、あげよう」
女の子 「えっ!?私?」
ぼく 「少し早いけど、プレゼント」
女の子 「ありがとう!」
ぼく 「君の顔がぱーっと輝いた。」
女の子 「『立って!』『座って!』
何度やっても言うことをきかない手品のピエロ。
公園ではあんなにうまくできたのに…せっかくのプレゼントなのに…」
ぼく 「バイトの行き帰りに横切る公園。知らず知らず、ぼくは、赤いコートを探していた。
『ピエロ、ありがとう!』 突然目の前に黄色いセーターの君がいた。
女の子 「予感はあったわ。公園にいけば、いつか、きっと、会えるって。」
ぼく 「待ち合わせは自然に公園の時計台のところ。ぼくはゆっくり歩きながら、一人で賭けをする。三〇秒すると君が飛び出してくる。バズレた時はまた三〇秒。賭けはいつもぼくの勝ち。木もれ日の中で君は大きく手をふっている」
女の子 「あの人の姿が見えた。私はいそいで物陰にかくれる。
そして、一、二、三、…数えていく。 
九九、一〇〇、一〇一、…まだまだ…二九七、二九八、そして、三〇〇。私は飛び出す。あの人は全速力でかけてくる」
女の子 「愛に言葉は要らないって?」
ぼく 「そう」
女の子 「まちがってるわ」
ぼく 「遠い星には言葉のない国だってあるってさ」
女の子 「だったら、恋人たちはどうやって愛を語るの?」
ぼく 「想いは想いのまま、伝わるんだって」
女の子 「そんな星、きっと、楽しくない」
ぼく 「そうかなー言葉にしなくても気持ちがわかるっていいと思うな」
女の子 「よくないわ。言葉のない愛は、きっと、中は空っぽ」
女の子 「『そんなことないと思うな』そう言って、あの人は私を抱きよせる。
私は、あの人の腕の中で、それでもつぶやく。
言葉のない愛はどうして愛を告げればいいの?
あの人と話すたびに、言葉は私の心に積もっていく」
ぼく 「風が落ち葉を舞い上げる。君のコートはたき火の色。
『コートだけじゃないわ。心も燃えてます。』
きみはいたずらっぽく笑う」
女の子 「気が付くと公園の木々は燃えるような赤。
やがて冬がやってくる。自然の流れ。その中にあの人も、私もいた」
(広場のざわめき)
女の子 「恋……私の恋……」
(時計の針が四時を指す。仕掛けの扉が開いて、音楽隊の演奏が始まる。広場のざわめきとふしぎなハーモニー。 『あっ…雪…』 一瞬ざわめきが消える。そしてすぐに再びざわめき)
恋売りの男 「……イヴイヴ特別大バザールだよ。恋はいかがですか?烈しい恋をお望みですか?かわいい恋がいいですか?それとも、とびっきりロマンチックな恋?どんな恋でもご用意していますよー。       
五十億光年の彼方からやってくる星の恋だけは予約がいります。
クリスマスイヴの明日、ツリーのてっぺんにお届けします。
さあさあ、まだの人、お急ぎください。今日一日だけの特別バザールだよ。
あっ、そこの君、そうそう、枯葉色のマフラーの君…」
(ジングルベル、人声、…広場はざわめきに包まれる)



閉じる